ダブルス

ダブルスでパートナーが、完全に外に追い出されたら…どうする?

ダブルスの試合で、自分のパートナーがコートの外に追い出される。

そんな場面で、みなさんはどうでしょう。

「もうダメだ…」と思うのか、それとも希望を見出すのか。

みなさん次第、とは言いません。

この発想を変えるには、ちょっとしたコツがあります。

「なんだ、意外と反撃出来るじゃないか!」と気付くことが出来れば大丈夫。

ぜひ、意識して欲しいポイントをまとめてみました。

 
 

陣形が崩れて、大ピンチ…

残ったのは、自分だけ

ワイドに厳しいコースを突かれて、攻められる。

コートの中には自分だけ、相手は2人万全の状態。

もう、終わった…と思う人は、何だか損してます。

まだ、ポイントは終わっていません。

確かに劣勢ですが、そこからまだまだ、挽回のアイデアはあります!

相手だって、楽じゃない

完全に2対1、の状態でも、そんなに楽じゃない。

ボールをコントロールして決め切るって、テニスでは簡単じゃないですよね。

サッカーだって、無人のゴールに蹴っていくのは難しい。

いつもと違う、決めて当たり前のような場面は難しいんです。

相手だって、楽じゃない。

まずはそこをしっかり意識して、対応していきましょう。

キーワードは、ボールの出どころ

「とにかく、真ん中で待つしかないじゃない?」と思う方も、多いでしょう。

私も、それは効果的だとは思います。

でも、もっと相手にプレッシャーをかけたいんですよね。

こちらとしては、ある意味もう絶対絶命ですから。

懸けに出る、山を張ってみるのも悪くない。

ボールの出どころ、つまりはボールを打って来る人、に近付いていくこと、が私はお勧めです。



ネットに出て、プレッシャーをかける

苦しい時こそ、前に出る

私は、試合でこれをよくやります。

パートナーが追い出された時に、相手にプレッシャーをかける。

前に出て、ボールの出どころに近付いていく。

この意識があると、相手だってそう簡単に決めることは出来ないですよ。

触られたくない、避けようとしますからね。

やられる時は、やられます。

でも最後に、相手に少しでもリスクを冒させたい、という意識が大事です。

下がってしまうのが、一番ダメ

これが多いんです、実際は。

1人で下がって、コートの真ん中後方で待つ。

これでは、何も出来ません。

前に落とされても取れないし、角度を付けられても取れない。

相手は、すごく楽にフィニッシュ出来るでしょう。

勝てないペアって、片方を追い出すと片方が下がっていく。

もう、やられる雰囲気満載ですよね。

ボールに近付いて、予測して動く

私のイメージでは、サッカーのゴールキーパー。

もう、前に飛び出して1対1で防ぐ、ような意識です。

待っていたら、やられるだけ。

ボールの出どころに近付いて、しっかり予測する。

どこかで山を張って、「こっちだ!」と先回りする。

もう、落としても損は無い、しょうがないという意識でやってみて良いと思いますよ。

   

「やられ癖」を卒業しよう

強いペアに、なるために

しっかり、変えていきましょう。

タダでポイントは渡さない、パートナーが追い出されても、諦めない。

諦めないでプレッシャーをかければ、相手には効く。

こういう「完全にやられたポイントを、挽回する」ことが出来るのは、ダブルスの試合の醍醐味。

流れは、自分たちで持って来ないと。

それが、強いペアになるということです。

「やられたタイミング」の雰囲気改善

まず、下がってしまっていないか。

相手に、楽させていないか。

この「やられるタイミング」の雰囲気改善をしないと、ダメ。

泥臭く、相手に喰らい付く。

こういう姿勢、試合でしっかり出せていないんじゃないか、と考えてみる。

試合を動画で見るのが一番、です。

自分を見て、そこで何を感じるかです。

相手は、必ずミスしてくれる

最期に決めるタイミングで、ミスしてくれる。

パートナーが追い出された時にこそ、しっかりミスを誘う。

相手だって、完璧ではない人間、しかも同じ大会に出て来ている選手。

だからこそ、ミスをもらう、もぎ取るんだという意識で、プレッシャーをかける。

相手だって、片方の選手を追い出した時点でもう「よし!いける!」と思っているはずですから。

付け込む隙、は必ずあります!



守備的な場面こそ、実は攻撃的に。

下がらないで、ボールにプレッシャーをかけてみる。

喰らい付けば、相手はミスしてくれる。

この感覚が身に付けば、試合でも強いでしょう。

ぜひ、ペアで意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの初中級レベルの相手なら、「前衛のバックボレー狙い」から一気にチャージしよう!

    ダブルスの初中級レベルの試合では、前衛に穴がある。特に女子ダブ…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「相手が2人いるから、第3の手段」が選択肢として必要

    ダブルスの試合、皆さんはどの程度「選択肢」を持てていますか?強…

  3. ダブルス

    発想力が乏しい人はダブルスの前衛で、「ナイスサーブが入る」のを待っている

    ダブルスの前衛、こんな考えの選手・・・の人、いませんか?「ドキ…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合で「相手の繋ぎのボール」を潰せば、勝機は見えてきます!

    テニスでは攻撃されて苦しいときに、一旦逃げるようにしてボールをコントロ…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ストレートアタック、にこそスライスを使おう

    ダブルスの試合で、相手の前衛を狙う。この必要性は何度も書いてき…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合、「ペアがコートの外へ追い出された」ときに必要な守備的なポジショニングとは?

    ペアで連携した守備ができるようになると、ダブルスは強くなるし面白い。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. フットワーク

    とにかく速いボールを打ちたい!と、思っている方へ
  2. テニス ダブルス

    サーブ

    サーブに苦手意識がある人は、「慌ててセカンドサーブを打ち過ぎ」な傾向が大
  3. その他

    【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 12/5(木)にて実施します…
  4. テニス 主将

    その他

    「全国で頑張るテニス部のキャプテンの皆さんへ」部員から好かれる、よりも大切なこと…
  5. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、並行陣にこだわり過ぎていると「並行陣慣れ」しているダブルスペアに…
PAGE TOP