テニス ボレー

シングルス

シングルスの試合、「サーブ&ボレーを決めたい!」人に贈る、4つの重要ポイント

シングルスの試合では、自分一人の戦い。

何か変化を付けたいときは、自分自身でアクションを起こすしかない、厳しい戦い。

その中でまず持っておきたいオプションが、サーブ&ボレー。

これ、実は女性の方にもオススメの作戦なんです。

「えっ?ボレーにも自信無いし、足も遅いよ・・・」と思っている方、発想を変えてぜひチャレンジしてみて下さい。

テニスの上達には、思い切った変化が必要なときが必ずあります。

 

シングルスの試合、「サーブ&ボレーを決めたい!」人に贈る、4つの重要ポイント

 


 

1.まずはしっかり、振り切ったサーブを打つところから

サーブ&ボレーで勘違いされがちですが、まずはしっかりサーブを打つところから。

打ちながら前に出るのではなく、しっかり打ってから前に走る。

そして相手がリターンする少し前くらいに、スプリットステップで止まりましょう。

理想はサービスライン、1歩後ろくらい。

そこから前に踏み込んだボレーで、サービスラインを越えていくようなイメージが理想です。

 

2.深いボレーは、必ずしも必要無い

サーブ&ボレーで陥りがちなのは、「ファーストボレーは深く打たないと!」と思ってしまうこと。

もちろん、それが大事な基本です。

しかし、ボレーが多少浅くなっても、相手は前に走ることに苦手意識があるかも知れない。

リターンしてから返球までの時間が無いので、それだけで慌ててくれるかも知れない。

無理に深く打とうとして、スレスレアウト・・・というのが結構多いのでは、もったいないと思います。

 

3.自分が打ったサーブのコースの方向に詰めていこう

サーブ&ボレーで、毎回同じ方向に走っていくのでは、芸が無い。

あくまでサーブ&ボレーも、打った方向に詰めていくのが基本です。

ワイド方向に打ったらサイドライン寄りに、センターに打ったらセンター方向に詰めていくだけで、相手の打つコースに入りやすくなる。

良い守備は、良いポジションから・・・です!

触れる可能性が圧倒的に上がりますし、明らかに触れないようなボールはウォッチすればアウトです。

 

4.速い、深いサーブは必要無い!

あえて、これは私が一番言いたいこと。

速くて深いサーブは、必ずしも必要無い。

なぜなら速いと前にいく時間が無いし、深いと打点が高くなる可能性がある。

つまり、遅くて浅いボールだと・・・どうでしょうか?

リターンの打点も低く、しかも遅いので前に行ってステップを踏む時間がしっかりある。

そのことを意識すると、結構気持ちが楽になりませんか?

 

サーブ&ボレーは、「安定した良いサーブ」が無いと実践できない!

と思っている方は、ちょっと発想を変えましょう。

サーブ&ボレーはシングルスの試合で、一度入れてみるだけで、対戦相手の印象はがらっと変わります。

きっとリターンのときずっと、このサーブ&ボレーが頭から離れない。

女性のシングルス、サーブが苦手な人、良いじゃないですか。

サーブ&ボレー、一度やってみると世界が変わりますよ。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. その練習を、疑おう

関連記事

  1. シングルス

    「相手の逆を突ける」選手になれないと、シングルスの試合は勝てない

    もうすぐ全豪オープンも本戦開幕。いよいよ、今年もテニスシーズン…

  2. シングルス

    攻撃でも守備でも無い、その質は?

    現在、YouTubeで実施している企画、岩井選手の全日本への挑戦。…

  3. テニス 予測

    シングルス

    シングルスの試合で、中途半端に角度を付けたアプローチショットは危険過ぎる件

    シングルスの試合、やってしまいがちなパターン。浅いボールをアプ…

  4. テニス 客観視

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、結局相手のどこをチェックすれば良い?

    相手をよく観察することの重要性、をこのサイトでは何度も書いてきました。…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    「アプローチショットを深く&ドロップショット」は、黄金パターン

    シングルスの試合、まず一つ攻撃のパターンが欲しいと思ったとき。…

  6. シングルス

    バックハンドのダウンザイン、相手にどんどん打たせよう

    シングルスの試合での、私の基本的な考え方の一つです。これがバン…

特集記事

  1. リターン

    「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニッ…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークは、「インパクトと同時に曲げた膝を伸ばしていく」と威力…
  3. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある
  4. テニス 駆け引き

    戦術

    自分の武器を活かすなら、相手の対応パターンを熟知しておこう
  5. テニス メンタル

    メンタル

    先頭を走る人は、自分でしっかりルールを作って試合に臨んでいる
PAGE TOP