テニス ボレー

シングルス

シングルスのネットプレーは、「相手のミスを誘う」要素が求められる

シングルスの試合と、ダブルスの試合。

特に学生の皆さんの試合だと、決定的な違いは何でしょうか?

それは、「ネットプレーの回数」だと思います。

前衛がいるダブルスは別として、シングルスでネットプレーなんてほとんどしない・・・という人が、ほとんどでしょう。

でもこれって、やっぱりもったいない!んです。

 

シングルスのネットプレーは、「相手のミスを誘う」要素が求められる

 


 

■錦織選手の試合を観てみよう

去年あたりから、積極的にネットプレーを取り入れている錦織選手。

そのポイント取得パターンをよく観てみると、相手のミスを誘う、無理なパッシングショットを打たせる、ようなポイントも多い。

キレイに決めるボレーもありますが、どちらかと言えば少数。

ダブルスと異なり前衛がいる訳ではないので、ネットから離れた位置でのボレーも当然必要。

そう考えると、まずは前に出てプレッシャーをかける、ことでシングルスの試合もネットプレーの活用方法が見えてくる。

ましてや、アナタの相手はプロ選手でも無い。

積極的に使って活路を見出すのが、大事です。

 

■フェデラー選手のあの大技も・・・シングルスならではのネットプレー

超攻撃的なリターンからのネットダッシュ、SABRも、リターンの技術に目がいきがちですが、あれはネットプレー。

サーブを打った直後にパッシングショット!を求められるので、相手はたまったもんじゃない。

百戦錬磨のプロ選手たちも、とっさに打つのがいかに難しいか、相手が前にいることがいかにプレッシャーか、が分かると思います。

中途半端なパッシングショットを打たせる、のがシングルスのネットプレーの真骨頂、です。

後はロブのケア、だけですね。

 

■とにかくシングルスのネットプレーはロブ、への対応が肝!

ベテランの試合、年齢が上の試合程、とにかくロブが多い。

スマッシュにも決定力が無いので、まず触らせて相手を下げさせる、というプレーが多くなります。

でもこれって、やっぱり前に出て来る相手を嫌がっているということ。

スマッシュをしっかりコースに打てれば、しっかり相手を追い込める・・・のに、つい落としてつないだり、強引なミスが多くなる。

シングルスのネットプレーは、基本粘り。

そして当たり損ないでも入ればドロップボレー、という利点を活かせるかどうか、が大事です。

 

華麗なネットプレー、はダブルスでOK。

シングルスはもっと、泥臭くいきましょう。

プロ選手の試合でも、ノータッチでキレイなボレーなんて少ないはず。

まずは使ってみること。

特にリターンダッシュ、からがオススメです。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス シングルス
  2. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合でのサーブ&ボレーは、〇〇だけでシンプルに完成する

    サーブ&ボレー。って、上手い人、ボレーが得意な人だけが出来る事…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?

    今、試合に出ながら「壁」にぶつかっている方。特にシングルスで、…

  4. シングルス

    相手にメッセージを送り続けるのがテニスの試合

    テニスの試合が楽しい、と思えるようになる瞬間って、あります。…

  5. テニス 体力

    シングルス

    「テニスの試合、序盤でチェックしよう!」シングルスでの対戦相手の特徴が出るポイント5つ

    テニスの大会では、初見の相手と試合することが多くあります。ウォ…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、ドロップショットの使い方5つ

    シングルスの試合を進めていくうえで、ぜひ使って欲しいのがドロップショッ…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「浅いスライスサーブ」が試合では必要な理由
  2. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合、パートナーのサーブは「音」で聞き分けられるようになろう
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    試合の中でボレーをしていて、「今のはどこに打てば良かったんだ・・・?」と感じたら…
  4. テニス シングルス

    ボレー

    出来るとネットプレーに余裕が持てる、「面を下向きにしてハーフボレー」を覚えてステ…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合のラリーでは、自分が打った後は「ボールでは無く相手」を集中して見よう…
PAGE TOP