テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合で有効なのは、フォアハンド側への連続攻撃

シングルスの試合を、どう戦えば良いのか見えてこない・・・という方に。

今回は、一つのヒントになれればと思うネタ、で書いてみます。

バックハンド狙いが基本?

もちろんそうですが、それって相手も準備出来ている。

だからあえての、これです。

 

シングルスの試合で有効なのは、フォアハンド側への連続攻撃

 


 

1.フォアハンドストローク、みんな準備に難有り!

自由に打てる、ある程度遅れても何とかなる。

それが、フォアハンドストロークです。

だからこそ、多くの選手の準備が遅い。

そして、最後は強引に振ってミスしてくれる・・・可能性が高いのがフォアハンドストローク。

シングルスの試合の中で、連続して早いタイミングで攻撃してみましょう。

きっと序盤でボロが出てきますよ。

 

2.相手に構える時間を与えない、それが連続攻撃

一番の理想は、ネットに出ること。

相手のボールが浅くなったところに、あえて「フォアハンド側にアプローチ」を打って前に出る。

そしてその次のボレーも、頑張ってフォアハンド側に返球してみる。

やることは、これだけです。

連続でフォアハンドを、なるべく早いタイミングで打たせてみる。

ボレーまでをミス無く終えれば、きっとアナタにポイントが転がり込んで来るはずです。

 

3.フォアハンドは打ち終わってからの「構え直し」が難しい

この作戦のポイントは、相手に「構え直し」をさせないこと。

フォアハンドって、打った後に結構崩れていたり、態勢を戻すのに時間がかかることありますよね。

バックハンドの方が、両手でラケットを持っている分コンパクトだし、狙われ慣れているから戻りも早い。

フォアハンドには、隙という宝がたくさん埋まっているんです。

このことに気付けるようになると、アナタもだいぶ「テニス脳」が鍛えられてきたと言えると思います。

 

フォアハンドは、避けていてもだめ。

連続攻撃で揺さぶって、ミスを誘う。

その為には、ネットプレーやライジングショット、で時間を与えないことから意識してきいきましょう!

全仏オープンでも、そんなシーンたくさんあるはず。

ぜひ、チェックしてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス フットワーク

    シングルス

    相手を3歩以上走らせたときには、「ポジションを1メートル前」に上げておくこと

    シングルスの試合、攻撃していくときにミスしてしまう人。それって…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でネットに出るアプローチショットは、打った後のポジショニングが大事

    シングルスの試合、私は何度も「ネットに出よう!」と書いてきました。…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    全力で前にダッシュして目の前に落とす、のはテニスでは難しい技術

    昨日の錦織選手の試合を観て、感じたこと。ドロップショットの処理…

  4. テニス 雨

    シングルス

    長い試合に慣れている人は、後半にペースを上げることが出来る

    特に、シングルスの試合ですかね。毎回長い試合をものにしていくの…

  5. シングルス

    ワイドに打った後に、なぜセンターに戻るのは危険なのか?

    よくテニスの戦術に、「ワイドに打ったら、そのままワイドをケアで!」とい…

  6. テニス 試合

    シングルス

    「冬場の戦いは、シコラーに不利」という現実

    冬場のテニスの試合。皆さんはどこに、注意して試合を進めています…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 不器用

    メンタル

    「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い…
  2. テニス メンタル

    ボレー

    「速いボールがボレー出来ない、怖い」のは、ただアナタの目線が高いから
  3. テニス テニスノート

    メンタル

    大切な試合に勝った日の記録は、目に見える形で残しておくこと
  4. サーブ

    ポイントをリードした時には、サーブを苦手コースにも打って散らしておくこと
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    自分のポジショニングが、どう相手に影響を与えているのか?
PAGE TOP