テニス メンタル

シングルス

全豪オープンでジョコビッチ選手を苦しめた「センター返球セオリー」は、シングルスで有効な戦略です

今年の全豪オープン、圧倒的な強さを見せつけたジョコビッチ選手ですが、唯一苦しんだのがフランスのシモン選手との対戦。

ファイナルセットで辛くも勝利したものの、試合後には「パニックになっていたようだ」と認めていたジョコビッチ選手。

実際にシモン選手が取った作戦、それはいたってシンプルなものですが、かなり有効な戦略。

実はかつてのロシアの名選手、カフェルニコフ選手も活用していた戦略は、アナタにも超絶オススメです。

 

全豪オープンでジョコビッチ選手を苦しめた「センター返球セオリー」は、シングルスで有効な戦略です

 


 

■テニスの戦略は、地味なモノ

テニスの戦略、言葉にするとカッコイイですが、実際にコート上で実践することは至って地味。

ひたすら相手のバックハンドを狙うのも、ドロップショットからパッシングショット、ロブで抜いて揺さぶるのも、地味なフットワークと予測を根気よく磨いていくことがベースにあります。

オープンコートばかりを狙って打ち込んでいく、のは戦略ではありません。

結果的にエースで決まることはあっても、自分から強引にエースを狙いにいっては自滅するだけ。

テニスの試合、特にシングルスでの戦略は地味で気長で、アナタのスキルに見合ったものでなければ試合で使えません。

 

■ジョコビッチ選手はひたすら「センター」に足止めされた

シモン選手が取った戦略は至ってシンプル。

コートのセンターの深い位置に、ひたすら返球し続けるというもの。

傍から見るとジョコビッチ選手がシモン選手を攻撃しているように見えますが、実は違う。

最初はシモン選手が左右に走らされていますが、徐々にジョコビッチ選手のほうが攻撃し辛いような雰囲気になり、最後は走らされた結果のカウンターショットが、シモン選手のポイントになる。

センターの深い位置からは、テニスは攻撃が難しいのです。

このことを理解していたシモン選手は、あえて自分が走らされることも覚悟で、この作戦を実行した。

結果的に、ファイナルセットまで持ち込んだまでは作戦通りだったかも知れません。

 

■「攻撃が出来ない」というストレスが、シード選手を追い詰める

シード選手は、やはり攻撃したい。

ディフェンシブなプレーが身上のジョコビッチ選手ですら、やはり攻撃したいという気持ちはどこかにある。

それのに、センターの深い位置に足止めされては、角度が付けれないしクロスともダウンザラインとも取れない、中途半端な攻撃になる。

これこそ、フラストレーションを溜めてしまう源になります。

アナタ自身も、経験はありませんか?

 

【超激戦!!どうなるこの試合!!】ジョコビッチ vs ジル・シモン 全豪オープン2016 超高画質 前編

 

【なんて戦い!!死闘の結果は?】ジョコビッチ vs ジル・シモン 全豪オープン2016 超高画質 後編

 

いわゆる「粘る、シコい」選手は、この戦略を得意としています。

深く深く、センターに返して自滅を待つ。

確率論的に、この戦術で勝てる相手は一定数いるでしょう。

この作戦だけではもちろんダメですが、一つの武器として持っておくことは大事。

そう、アナタ自身がこの戦略で攻撃されたときにも備えて、しっかり準備しておきましょう。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、「ネットプレイヤーへのクロスロブ」の精度を高めよう!

    シングルスの試合では、最近はあまりネットプレイヤーに出会う機会が少ない…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない

    アンケートでご質問頂いた項目で多かったのが、シングルスでのお悩み、です…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    「中学レベルの技術」でも実践できる、シングルスで勝ちパターンを作る方法4つ

    シングルスの試合、自分で自由に出来るようで、実際は何をやったら良いのか…

  4. テニス 客観視

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、結局相手のどこをチェックすれば良い?

    相手をよく観察することの重要性、をこのサイトでは何度も書いてきました。…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「自分はネット、相手はバックハンドストローク」

    とにかく今すぐ、シングルスの試合に勝ちたい!と思っているみなさ…

  6. テニス 準備

    シングルス

    浅いボールで崩されていること、に気付けない人に上達は無い

    「いやー、チャンスを決められなかったな・・・」と、自分では思っているの…

特集記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    「スライス限定で試合をしないといけない」と考えると、テニスの幅がグッと拡がります…
  2. テニス 持ち物

    テニス知識

    「テニスの遠征・合宿に持っていくのに、忘れがちなアレ」をまとめてみました
  3. ストローク

    ラリーの中で、「少しでも態勢が崩れそうになったら、中ロブを使う」ことで失点は防げ…
  4. 練習メニュー

    武器を作る、1つに集中してみよう
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合において、強いリターナー側にこそ、「前衛がネット近くまでポ…
PAGE TOP