シングルス

テニスのシングルスの試合は、「自分一人でコツコツ練習していれば強くなる」と信じている人、危険です

テニスの醍醐味は、ある種個人戦にあるとも言える。

自分の好きに試合して良いし、特にシングルスでは自分の強さをそのまま測れる、のも魅力ですよね。

ですが、自分一人で何でも全て・・・と考えていると、この罠にはまってしまいます。

かつての私も、そうでした。

 

テニスのシングルスの試合は、「自分一人でコツコツ練習していれば強くなる」と信じている人、危険です

 


 

■シングルス練習だって、一人では出来ない

テニスの試合、シングルスの試合は自分一人で戦う訳ですが、練習は違う。

もちろん2人以上、また対戦相手は毎回違う訳ですから、なるべく多くのバリエーションのテニスに触れておくことは大事ですよね。

一人でコツコツやる練習だけ、ではシングルスの試合に強くなることは出来ない。

もちろん、壁打ちやトレーニング、テニスノートを活用した戦術の準備は大事。

ですが、オンコートの練習は一人では出来ないのです。

 

■練習環境は、人から用意してもらえるものでは無い

ですが学校の部活、サークルでは人数も多かったりして難しいケースも多いでしょう。

社会人になれば、シングルスの試合に出る人も少なくなります。

練習環境は、アナタ自身待っていても何も変化しない。

自分で求めて、変えていく。

または今いる環境で、シングルスの要素盛り込んでいったり周りを説得していく、ことも大事。

こういった動きが出来るかどうかも、大事なテニスの実力の一つです。

 

■「アナタと練習したい」と思われる人が、テニスが強くなる

以前にも書きましたが、練習に誘われる、ニーズがある人がテニスが強くなる。

変なミスをしない、実力以上に元気があり、しっかりテニスに意図を持っている。

そんな選手は、心配しなくても練習に引っ張りだこ。

シングルスの練習って、ダブルスと違って誤魔化しが効かないんですよね。

しっかり強い意志で練習に臨まないと、すぐやる気が無い人はボロが出る。

自分自身に、問いかけてみて下さい。

 

シングルスの練習は、シンプルな内容のものが多い。

だからこそ、「楽しさ」よりも「真摯な姿勢」が一番求められる。

体力的にも厳しいですしね。

一人でコソコソ練習したいだけの人は、結局周りに観られるのが嫌、という人が多いんです。

それだとずっと、強くなれないですよ。

ピックアップ記事

  1. 【終了しました】佐藤博康プロと4時間みっちり男子シングルス練習会
  2. ※満員御礼【女子ダブルス 八木コーチ レッスン&ゲーム会】1/16(月…
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない

    アンケートでご質問頂いた項目で多かったのが、シングルスでのお悩み、です…

  2. シングルス

    コートの真ん中に立つ、という概念を捨てよう

    テニスコートは、上手く守らないといけない。どこに立つのか?は…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でコートの外に追い出されたら、「まずはセンターロブ」で時間を作ろう

    シングルスの試合、相手に攻撃されたときにどう守るか。攻撃につい…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスのストロークには、リズムの変化が求められる

    シングルスの試合で、そんなにパッと見強くないのに、負けない選手っていま…

  5. シングルス

    「シングルスの戦い方」はテニスの試合ではシンプルに考えて実践!

    シングルスの時、どういう作戦でプレーする?相手によって変わって…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    なぜテニスのシングルスの試合は「序盤が全て」なのか、そしてその対策を考えてみる

    テニスにおけるシングルスの試合では、あるデータの傾向があります。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「前を向かない」だけで、サーブの精度は格段に上がる
  2. 戦術

    打てる側のアドバンテージを、活かせてる?
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの神様がいるのなら、アナタ自身は「テニスコート上でいつも試されている」とい…
  4. テニス知識

    HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣をロブでチェンジなら、後衛は早く打点に入らないと
PAGE TOP