シングルス

テニスのシングルスの試合は、「自分一人でコツコツ練習していれば強くなる」と信じている人、危険です

テニスの醍醐味は、ある種個人戦にあるとも言える。

自分の好きに試合して良いし、特にシングルスでは自分の強さをそのまま測れる、のも魅力ですよね。

ですが、自分一人で何でも全て・・・と考えていると、この罠にはまってしまいます。

かつての私も、そうでした。

 

テニスのシングルスの試合は、「自分一人でコツコツ練習していれば強くなる」と信じている人、危険です

 


 

■シングルス練習だって、一人では出来ない

テニスの試合、シングルスの試合は自分一人で戦う訳ですが、練習は違う。

もちろん2人以上、また対戦相手は毎回違う訳ですから、なるべく多くのバリエーションのテニスに触れておくことは大事ですよね。

一人でコツコツやる練習だけ、ではシングルスの試合に強くなることは出来ない。

もちろん、壁打ちやトレーニング、テニスノートを活用した戦術の準備は大事。

ですが、オンコートの練習は一人では出来ないのです。

 

■練習環境は、人から用意してもらえるものでは無い

ですが学校の部活、サークルでは人数も多かったりして難しいケースも多いでしょう。

社会人になれば、シングルスの試合に出る人も少なくなります。

練習環境は、アナタ自身待っていても何も変化しない。

自分で求めて、変えていく。

または今いる環境で、シングルスの要素盛り込んでいったり周りを説得していく、ことも大事。

こういった動きが出来るかどうかも、大事なテニスの実力の一つです。

 

■「アナタと練習したい」と思われる人が、テニスが強くなる

以前にも書きましたが、練習に誘われる、ニーズがある人がテニスが強くなる。

変なミスをしない、実力以上に元気があり、しっかりテニスに意図を持っている。

そんな選手は、心配しなくても練習に引っ張りだこ。

シングルスの練習って、ダブルスと違って誤魔化しが効かないんですよね。

しっかり強い意志で練習に臨まないと、すぐやる気が無い人はボロが出る。

自分自身に、問いかけてみて下さい。

 

シングルスの練習は、シンプルな内容のものが多い。

だからこそ、「楽しさ」よりも「真摯な姿勢」が一番求められる。

体力的にも厳しいですしね。

一人でコソコソ練習したいだけの人は、結局周りに観られるのが嫌、という人が多いんです。

それだとずっと、強くなれないですよ。

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス 戦術

    シングルス

    「相手に攻撃させないテニス」を意識して戦おう

    試合を勝ち抜いていけば、強い相手との対戦は避けられない。男性で…

  2. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で最初に実践したい「バックハンドを攻める」基本戦術を確認!

    シングルスの試合は、どうプレーして良いのか分からない・・・という初中級…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    バックハンドは「クロスに振り切る!」と決めておくだけで、シングルスの試合は楽に戦える

    シングルスの試合で、やはり鬼門となるのはバックハンド。当然、相…

  4. シングルス

    シコラーを攻め切るには、シングルスでこの作戦!

    シングルスの試合、粘り強い相手との試合。それだけで、ちょっと気…

  5. シングルス

    「シングルスが好きです」テニスの試合は基本的に粘りが重要、その中で・・・

    シングルスとダブルス、どっちが好きか・・・と言われると、「う~ん・・・…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「自分がサーブのとき、0-40になってしまった・・・」ときに必要な考えとは?

    試合のシチュエーションを考えながら、日々練習をすることはとても大切。…

特集記事

  1. テニス スマートフォン

    戦術

    自分の力を知ることが、テニスでは凄く難しいということ
  2. テニス メンタル

    戦術

    自分のマッチポイントでは、「攻撃的にいくか?守備的にいくか?」はしっかり考えてお…
  3. テニス ロブ

    ダブルス

    リターンの選手の態勢を見て動く、判断スピードが前衛には欲しい
  4. テニス サーブ

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない
  5. 戦術

    錦織選手がフェデラー選手に勝てた、その理由について
PAGE TOP