テニス 主将

戦術

男子ダブルスで遅いボール、女子ダブルスで速いボール、が必要

男子ダブルスと女子ダブルス。

この両方の種目での試合、みなさんどんなイメージでしょうか?

男子ダブルスは、速いボールで強打、女子ダブルスは粘りでロブが多い?

確かに、そういうペアが多いのも事実でしょう。

では、どうするのか。

私たちはその逆、にヒントを見出せるはずです。

 

男子ダブルスで遅いボール、女子ダブルスで速いボール、が必要

 


 

1.慣れって、怖い

テニスを長く続け、試合にも出ていると、生まれるもの。

偏見や先入観、慣れ、といった類のものですね。

これは、常に私たちの実力に蓋をし続けるものだと思います。

慣れって、本当に怖い。

男子ダブルスはこういうもの、女子ダブルスはこういうもの、という偏見がアナタ自身のプレー幅を狭くしていく。

特に球速に関しては、イメージが強いと思います。

でも、どうでしょう。

みんなが慣れているからこそ、あえて違う道で戦ってみませんか?

 

2.男子ダブルスには、遅いボールが効く

これは、若く速いテニスが好きな相手にこそ、その効果が大です。

スライスでロブ、低い打点でストロークを打たせてみると、面白いようにミスしてくれる。

ただ、最初は怖いです。

相手に強打されるかも知れない、と思いますからね。

でも、遅いボールを強打するのって意外とテニスでは難しいんですよ。

だからこそ、若くてスウィングスピードが速いような選手ほど、緩急が効くんです。

 

3.女子ダブルスは、つなぐだけ?

私はこれに、異を唱えたいと思います。

つないで勝てる、ロブを打っておけば負けない女子ダブルスは、もう時代遅れ。

それで勝てるレベルの試合、はあると思いますが未来は無い。

しっかり速いボールも使っていくことで、試合の幅は大きく広がります。

「腕力が無いから、強打は無理」と思った方も、ご安心を。

タイミングを早く、ライジング気味に打っていくだけで充分に球速は上げることが出来る。

対戦相手の体感速度、を上げていければ良い。

そのためには、大胆にポジションを変える必要もあるでしょう。

女子ダブルスに新しいエッセンスを加える。

そのキーワードは速い攻め、速い攻撃、だと私は思いますよ。

 

4.周りと違うことこそ、最高の武器になる

相手にとって、脅威になります。

男子ダブルスで遅いボールを混ぜる。

女子ダブルスで速いボールを混ぜる。

これだけで、アナタ自身の試合は大きく変わるでしょう。

最初に必要なのは勇気、決断力。

技術ではありません、それは後からついてくる。

アナタ自身が試合に勝ちたいなら、周りの目を気にしている時間はありません。

周りと「違う」ということを、価値にしていって欲しいんです。

 

つい、私たちは周りと同じことに価値がある、と考えてしまいます。

そこには価値なんてありません。

一瞬の安らぎがあるだけで、全ては一時凌ぎなだけ。

周りと異なること、違うことを恐れないで、ぜひ練習に取り組んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. 戦術

    ダブルスのチェンジプレー、図入りで説明します

    ダブルスの試合、前衛が動きたいけど・・・ストレートを抜かれるのも、怖い…

  2. テニス 練習

    戦術

    自分の多い失点パターンを、もう一度考えてみよう

    自分自身の試合、の失点シーン。なかなか正面から向き合えないです…

  3. 戦術

    悔しいけど、型を覚えないと

    私は昔から、将棋が大好きでして。だから何だという話なんですが…

  4. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で対戦相手の特徴を掴むなら、「最初の対応の癖」をしっかり把握して覚えておくこと

    よく、「相手を観察しろって言うけど、どこを観れば良いのか分からない」と…

  5. 戦術

    テニスの試合で意外と多い、「ノーアドバンテージ形式」での必勝法、を考えてみた

    ノーアドバンテージ形式、とは、通常のゲームカウントでデュース、になる場…

  6. テニス テニスノート

    戦術

    相手のナイスポイント、の後に間を空けて考えることは・・・?

    試合の中で、みなさんしっかり「間」を取れていますか?ポイント間…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 指導

    戦術

    「イーブンペースでの進行」で全く問題無い
  2. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だ…
  3. ボレー

    少し前に出るだけで、前衛は効果大
  4. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない
  5. テニス サーブ

    メンタル

    対戦相手が一番欲しいモノを、簡単に差し出してはいけない
PAGE TOP