テニス 主将

戦術

男子ダブルスで遅いボール、女子ダブルスで速いボール、が必要

男子ダブルスと女子ダブルス。

この両方の種目での試合、みなさんどんなイメージでしょうか?

男子ダブルスは、速いボールで強打、女子ダブルスは粘りでロブが多い?

確かに、そういうペアが多いのも事実でしょう。

では、どうするのか。

私たちはその逆、にヒントを見出せるはずです。

 

男子ダブルスで遅いボール、女子ダブルスで速いボール、が必要

 


 

1.慣れって、怖い

テニスを長く続け、試合にも出ていると、生まれるもの。

偏見や先入観、慣れ、といった類のものですね。

これは、常に私たちの実力に蓋をし続けるものだと思います。

慣れって、本当に怖い。

男子ダブルスはこういうもの、女子ダブルスはこういうもの、という偏見がアナタ自身のプレー幅を狭くしていく。

特に球速に関しては、イメージが強いと思います。

でも、どうでしょう。

みんなが慣れているからこそ、あえて違う道で戦ってみませんか?

 

2.男子ダブルスには、遅いボールが効く

これは、若く速いテニスが好きな相手にこそ、その効果が大です。

スライスでロブ、低い打点でストロークを打たせてみると、面白いようにミスしてくれる。

ただ、最初は怖いです。

相手に強打されるかも知れない、と思いますからね。

でも、遅いボールを強打するのって意外とテニスでは難しいんですよ。

だからこそ、若くてスウィングスピードが速いような選手ほど、緩急が効くんです。

 

3.女子ダブルスは、つなぐだけ?

私はこれに、異を唱えたいと思います。

つないで勝てる、ロブを打っておけば負けない女子ダブルスは、もう時代遅れ。

それで勝てるレベルの試合、はあると思いますが未来は無い。

しっかり速いボールも使っていくことで、試合の幅は大きく広がります。

「腕力が無いから、強打は無理」と思った方も、ご安心を。

タイミングを早く、ライジング気味に打っていくだけで充分に球速は上げることが出来る。

対戦相手の体感速度、を上げていければ良い。

そのためには、大胆にポジションを変える必要もあるでしょう。

女子ダブルスに新しいエッセンスを加える。

そのキーワードは速い攻め、速い攻撃、だと私は思いますよ。

 

4.周りと違うことこそ、最高の武器になる

相手にとって、脅威になります。

男子ダブルスで遅いボールを混ぜる。

女子ダブルスで速いボールを混ぜる。

これだけで、アナタ自身の試合は大きく変わるでしょう。

最初に必要なのは勇気、決断力。

技術ではありません、それは後からついてくる。

アナタ自身が試合に勝ちたいなら、周りの目を気にしている時間はありません。

周りと「違う」ということを、価値にしていって欲しいんです。

 

つい、私たちは周りと同じことに価値がある、と考えてしまいます。

そこには価値なんてありません。

一瞬の安らぎがあるだけで、全ては一時凌ぎなだけ。

周りと異なること、違うことを恐れないで、ぜひ練習に取り組んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. テニス グッズ

    戦術

    ロブやドロップショットのような技は、数を打たないと絶対に上手くはなれない

    試合を動かすショット、テニスだとどんなショットでしょうか?一つ…

  2. テニス 部活

    戦術

    相手も自分も調子が良い、なんてテニスの試合は年に数回くらいなはず

    試合をたくさんこなしていると、皆さんも気付くことがあると思います。…

  3. テニス メンタル

    戦術

    学生テニス、ベテランテニス、の境目は無くなってきている

    最近改めて、感じることがあります。きっと、昔よりも、学生やベテ…

  4. テニス メンタル

    戦術

    アナタのナイスショットは、相手にとってどうなの?

    結局、テニスはここなんです。相手にとって、どうなのか。…

  5. テニス メンタル

    戦術

    調子が悪い時こそチャンス、だと言える理由5つ

    自分のテニスの調子が悪い。試合では、よくあることですよね。…

  6. 戦術

    攻守の集中力、逆にしてみない?

    試合に勝てる人は、守備が上手い。反応も良いし、攻撃するのが嫌に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    人がプレッシャーに負けるとき、それは大抵「自分のイメージを守りたい」と考えるとき…
  2. テニス ボレー

    フットワーク

    フェイントは大事だけど、それだけでは「本物のプレッシャー」になり得ない
  3. テニス 攻撃

    ボレー

    フワッと浮いたボールを詰めてボレー、足から合わせていけばミスが減る
  4. テニス ダブルス

    サーブ

    サーブに苦手意識がある人は、「慌ててセカンドサーブを打ち過ぎ」な傾向が大
  5. テニス テニスノート

    戦術

    サーブもリターンも、一発ずつでは無く「試合の中でトータル」で考えること
PAGE TOP