テニス ストローク

メンタル

全力でやって失敗、なら立ち直りも成長も早いのがテニス

テニスの上達が早い人。

そういう人は、自分自身で大きな刺激を受けてそれを力に出来る。

必死でやって、全力で負けては落ち込んで、立ち直って。

この幅が大きい人は、自然に強くなっていく。

それがテニス、というスポーツです。

 

全力でやって失敗、なら立ち直りも成長も早いのがテニス

 


 

1.真剣勝負のコート上では、誤魔化しは効かない

全力を出すこと、なんと・・・難しいことでしょうか。

全力で走る、ことは50メートル走なら出来ても、テニスは相手とボールを打ち合うスポーツ。

サーブ以外は、全て相手の打ったボールに反応して対応しないといけない。

練習のようにやり慣れた相手ではないので、誤魔化しは効かない。

だからこそ、「全力を出し切る」ことが出来ない選手、がほとんど。

まずは勝つにせよ負けるにせよ、「全力を出し切る」ことが出来る選手に近付くことが大事、だと思います。

 

2.全力に近いものが出せたなら、立ち直りは自然に速くなる

試合に負けて、落ち込む。

これは、誰でも通る道。

ですが、立ち直りが速い人、遅い人はいますよね・・・。

この差って、性格やメンタルの強さは関係無いと私は思います。

要は、全力を出せたかどうか。

自分に納得出来る試合を、出来たかどうか。

これは、自分自身にしか分からない。

全力を出せたなら、仕方ないと割り切ってまた次にいける。

でも、全力を出せなかったら・・・負けたけど、「あれをやっておけば・・・あのとき、あのミスが無ければ・・・」と考えてしまう。

タラレバ的な発想ばかり浮かんできて、落ち込みから抜け出せない。

そんな人、アナタの周りにいませんか?

 

3.全力を出すには、序盤の戦い方が全て!

何度も書いてきましたが、テニスの試合は一瞬で終わります。

1セットマッチなら30分、プレー中の時間なんて10分くらいです。

試合の序盤で出し惜しみをしている、カッコつけてる暇なんて1ポイントも無い。

相手を観察しながら自分はミスを減らし、奇襲作戦で意識付けをしておく。

やることはいっぱいです。

これをしっかり準備して、試合に入っていくことが「全力で試合を終える」最初の条件。

さぁ、アナタは出来ている・・・でしょうか?

 

きっと、一度「全力に近いもの」が出せれば、それが成功体験になる。

アナタ自身、まだ経験が無いだけかも知れませんよ。

一度出したら、もう大丈夫。

「全力を出せば、こんなにも景色が変わるのか!」と気付くはず。

自分を変えるなら今、ですよ!

 

今回のまとめ

試合で全力を出すのに、アナタに足りないものは何ですか?

 

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス 感覚

    メンタル

    一昨日のカープ優勝の瞬間を観て感じた、「悔しい瞬間を眼に焼き付けること」の大切さ

    一昨日は広島カープがセリーグでの優勝を決め、一つの節目の日となりました…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    自分が何をしたいかよりも、「何を求められているか」について考えれば、まだまだテニスは強くなります

    皆さんは、「こういうテニスがしたい!」というイメージ、ありますか?…

  3. メンタル

    1人が県大会にいけば「必ず2人目、3人目が出てくる」のがチームテニスの良いところ!

    「テニスは個人スポーツだし、チームで練習しなくても良いのでは?」…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    試合中に「いきなり自信を失う」経験は、誰にでもあるはず

    試合中に、自分に自信を失ってしまうこと。みなさんも経験、ありま…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合での逆転の常套手段、「相手の勝ちビビリ」を、絶対見逃すな!

    テニスの試合、逆転が起きるのは日常茶飯事。プロの試合でも一般、…

  6. テニス 予測

    メンタル

    大事なポイントで、正確な予測をする為に

    ここぞ、という場面、テニスの試合でありますよね。タイブレーク、…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスノートが面倒くさい、そんな人にはこのやり方で
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    2人の攻撃の息を合わせていくだけで、「ダブルスの攻撃力」はワンランクアップする
  3. テニス 準備

    戦術

    40歳以上のテニスプレイヤーの皆さんへ、提案したい5つのプレースタイル
  4. サーブ

    サーブは指先の神経が大事
  5. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの打点までは手首を固定して、フィニッシュでリラックスして解放しよう
PAGE TOP