テニス メンタル

メンタル

他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」が勝負

テニスの試合に出続けている人は、毎回が挑戦。

挑戦されたり、挑戦したり。

試合で勝つ以前に、この感覚を楽しめるかどうかが、テニス選手にとっては大事な要素になってくる。

私はそう感じています。

 

他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」が勝負

 


 

■なぜ、「格下相手」は戦い辛いのか?

挑戦してくる相手、ほどスポーツの世界で怖いものは無い。

なりふり構わないような相手は、失敗を恐れないし負けていても挑んで来ることを止めない。

テニスの試合、ネットを挟んで直接接し合うことは無いですが、その狂気みたいなものを感じる機会は多いですよね。

こういった感覚を、楽しいと思えるようになったらテニス選手として強い。

今は難しくても、頭の片隅に置いておいて欲しいのです。

 

■「挑戦」を受け止めてばかりの選手は、すぐに成長が止まる

試合に勝てるようになったけど、そこから伸び悩んでしまう選手。

こういった選手には、相手からの挑戦、試合を「受け止めてしまう」選手が多い。

ミス待ち、単発のショット頼みになって、自分から仕掛けていくことに億劫になる。

これでは、せっかく少しだけ結果が出るようになっても、その先が無い。

そう、勝てる選手、トーナメントで優勝できるような選手は、自分が強くなっても挑戦者であり続けているのです。

 

■挑戦し続ける楽しさは、自分以外見つけられない

テニスの試合、難しいことも多いし負けることも多い。

その中で挑戦し続けること、はアナタしか出来ないのです。

普通の人は、出来ないから負けていくし、試合に勝てないから楽しくない、テニスも続かない。

ですが・・・結局テニスコートを離れても、人生は挑戦の繰り返し。

人から試されて評価される、ことは学業でも仕事でも恋愛でも、変わらない。

だったらテニスで、しっかり挑戦を楽しめるように自分で変わっていって欲しい。

そうなれば、きっとテニスの試合でも結果は自然と付いてくるでしょう。

 

新しいことを始めるには、年明けのこの時期が一番。

自分に満足出来ていない人は、一年の計を立てましょう。

挑戦。

そう、挑んで戦えるテニスに、人生に、一緒に変えていきませんか?

ピックアップ記事

  1. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合、「3セットマッチで、競ったファーストセットを取った後」には、セカンド序盤でトドメを!

    3セットマッチの長い試合、できればセカンドセットで勝って終わりたい・・…

  2. メンタル

    相手に自信を与えると、いつでもまくられるのがテニス

    いつも試合はリード出来るのに、途中からまくられてしまう。4-…

  3. テニス スポーツ

    メンタル

    自分を持ってさえいれば、どんな試合の結果でも受け入れることが出来る

    テニス、もう辞めようかな・・・。そう考えるきっかけって、人それ…

  4. テニス 陸上

    メンタル

    「テニスは上手いのに試合で勝てない人」の共通点5つ

    部活の練習だといつも良いボールを打っているのに、試合になると急にフォー…

  5. テニス サーブ

    メンタル

    対戦相手が一番欲しいモノを、簡単に差し出してはいけない

    テニスの試合、対戦相手が一番欲しいもの。それって何でしょうか?…

  6. メンタル

    集中力を高めて、ミスを減らすには?

    基本的なミスを、減らしたい。誰もが、テニスの試合で考えること…

特集記事

  1. スマッシュ

    コートに叩きつけるスマッシュやハイボレーは、「インパクトと同時にラケットを引く」…
  2. テニス ラケット

    テニス知識

    これからテニスを始める人でも知っておきたい「ラケット選びの5つのポイント」
  3. テニス マナー

    サーブ

    テニスの試合で、「フットフォルトの反則に鈍感な人」は、今日からすぐに直しましょう…
  4. サーブ

    「ビビった時のサーブってどうなってる」ポイントさえ押さえればテニスの試合は怖くな…
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    「コート上だと、足が遅い!?」、テニス選手に必要なボールを追いかける走り方につい…
PAGE TOP