メンタル

人生にもテニスにも、最善というものは無い

今の時代、色々な手段で情報を得ることができます。

自分にとって良いものを探す、無駄なことはしたくないと考えるのが当然ですよね。

ただでさえ、私たちは限られた時間の中でテニスをしてますので、「無駄なこと」がすごく怖いように感じます。

でも、どこかで「選択」をしないと前には絶対に進めない。

テニスの練習も試合も、自分のスタンスもそう。

最善を求めることは大事ですが、その選択を長引かせて先延ばししていくことこそ、実は怖い。

今回は、そういうお話です。

自分で決めた手が、最善手

テニスの試合の中でも、自分で選択する場面ばかりですよね。

どの大会にエントリーするか、からトスで勝ったら何を選ぶか、作戦、ショット選択、自分で決めていくことばかりです。

みなさんも、思い出してみてください。

何かが上手くいくとき、いかないとき。

その違いで決定的な要素って何でしょうか?

私は、「最後に自分で決めたかどうか?」だと思っています。

自分で決めたこと、それが最善手であるということ。

もちろん、その直後はそれが失敗と思われたり、咎められたり、試合であれば失点したり負けにつながることもある。

でも繰り返しますが、大事なのは「自分で決めたかどうか?」です。

そこに意志がある人は、最後の場面で強い。

テニスも人生も、結局はそこにつながるんです。

自分は今、「決めていること」はあるか?

みなさんは今、普段のテニスで決めていることはありますか?

「これだけはやる!忘れない!」ということ。

これを少しでも良いので、意識してみてください。

例えば私なら、とにかく「前で動く」ということ。

これだけは決めて、崩さない。

迷ったら出る、そこで出た結論には自分で責任を持つ。

結果的に相手が上手い、失点することはあると思います。

でも、大事なのは「自分で決めたかどうか」ということ。

テニスの指導はコーチから、情報はネットから、色々なところから得ることができますよね。

でも最後に自分の身体を動かせるのは、アナタ自身しかいません。

迷いないプレーほど、試合で相手の脅威になるものは無いですから。

普段から決めていること、これ自体がアナタ自身の最高の武器になるはずです。

言われてやる、は他人のプレー

「こうした方が良い」と言われたから、やってみる。

それは良いことだと思います。

あとはそのプレーに、自分で責任を持てるかどうか。

言われたからやっているという意識では、それはいつまで経ってもアナタ自身のプレーではないはず。

コーチのせいにもできるし、責任の逃れ方はたくさんありますから。

自分で選んだ作戦、手で勝負していくからテニスは面白い。

最善というものがないのだから、テニスも人生も面白いと私は思います。

と言っても、「そんなことを考える余裕がない」と思われる方も多いと思います。

真面目な方ほど、そう考え込みがち…ですが、もう発想を変えましょう。

余裕がないなら、それこそ決めて入った方が試合では強い。

言われてやる、からその次の段階へ。

アナタ自身を動かすコントローラーは、自分で握って離さない。

自分で選ぶ道こそ最善手、責任を取る。

テニスを通じて、ココを学んでいけると考えて一緒に頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス ミーティング

    メンタル

    アナタに必要なのは、過去を手放すことかも知れない

    皆さんは試合の中で、「本当に苦しいとき」には、どんなことを考えています…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合、「失点か得点」の2種類しかないという事実

    テニスの試合、そして練習。意識を高く持って継続出来る選手は、練…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「何とかなるよ」と、本気で思える人は試合でも強い

    「勝っている試合を、まくられてしまう・・・」「どうしてもメンタ…

  4. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、ポイントイメージが固まるまでポジションにはつかないこと

    テニスの試合は、もっと自分のペースで進めて良い。試合の進行状況…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合は、残酷ですが「勝敗を分けるのは、ほんの僅かだけど大きい差」であることを、自覚しよう

    アナタ自身、テニスの試合で「僅(わず)かな差」で試合に負けた経験はある…

  6. テニス 壁打ち

    メンタル

    いくら打っても無駄だ…と、相手に思わせれば勝てる

    「この試合は、勝ったな」と思える時。もちろん油断は出来ないです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    相手が打つボール、「スライスとスピンの見極め」は、ラケット面が内外のどちらを向い…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    「片足スプリットステップはテニスプレイヤーなら誰でも使える!」試合での反応を良く…
  4. ストローク

    ストロークのラリー戦で、「どのエリアにバウンドしたボールから攻撃していくか?」は…
  5. リターン

    リターンダッシュから前に詰めて、どうする?
PAGE TOP