メンタル

人生にもテニスにも、最善というものは無い

目次

今の時代、色々な手段で情報を得ることができます。

自分にとって良いものを探す、無駄なことはしたくないと考えるのが当然ですよね。

ただでさえ、私たちは限られた時間の中でテニスをしてますので、「無駄なこと」がすごく怖いように感じます。

でも、どこかで「選択」をしないと前には絶対に進めない。

テニスの練習も試合も、自分のスタンスもそう。

最善を求めることは大事ですが、その選択を長引かせて先延ばししていくことこそ、実は怖い。

今回は、そういうお話です。

自分で決めた手が、最善手

テニスの試合の中でも、自分で選択する場面ばかりですよね。

どの大会にエントリーするか、からトスで勝ったら何を選ぶか、作戦、ショット選択、自分で決めていくことばかりです。

みなさんも、思い出してみてください。

何かが上手くいくとき、いかないとき。

その違いで決定的な要素って何でしょうか?

私は、「最後に自分で決めたかどうか?」だと思っています。

自分で決めたこと、それが最善手であるということ。

もちろん、その直後はそれが失敗と思われたり、咎められたり、試合であれば失点したり負けにつながることもある。

でも繰り返しますが、大事なのは「自分で決めたかどうか?」です。

そこに意志がある人は、最後の場面で強い。

テニスも人生も、結局はそこにつながるんです。

自分は今、「決めていること」はあるか?

みなさんは今、普段のテニスで決めていることはありますか?

「これだけはやる!忘れない!」ということ。

これを少しでも良いので、意識してみてください。

例えば私なら、とにかく「前で動く」ということ。

これだけは決めて、崩さない。

迷ったら出る、そこで出た結論には自分で責任を持つ。

結果的に相手が上手い、失点することはあると思います。

でも、大事なのは「自分で決めたかどうか」ということ。

テニスの指導はコーチから、情報はネットから、色々なところから得ることができますよね。

でも最後に自分の身体を動かせるのは、アナタ自身しかいません。

迷いないプレーほど、試合で相手の脅威になるものは無いですから。

普段から決めていること、これ自体がアナタ自身の最高の武器になるはずです。

言われてやる、は他人のプレー

「こうした方が良い」と言われたから、やってみる。

それは良いことだと思います。

あとはそのプレーに、自分で責任を持てるかどうか。

言われたからやっているという意識では、それはいつまで経ってもアナタ自身のプレーではないはず。

コーチのせいにもできるし、責任の逃れ方はたくさんありますから。

自分で選んだ作戦、手で勝負していくからテニスは面白い。

最善というものがないのだから、テニスも人生も面白いと私は思います。

と言っても、「そんなことを考える余裕がない」と思われる方も多いと思います。

真面目な方ほど、そう考え込みがち…ですが、もう発想を変えましょう。

余裕がないなら、それこそ決めて入った方が試合では強い。

言われてやる、からその次の段階へ。

アナタ自身を動かすコントローラーは、自分で握って離さない。

自分で選ぶ道こそ最善手、責任を取る。

テニスを通じて、ココを学んでいけると考えて一緒に頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス フットワーク

    メンタル

    試合に勝てるようになりたい、なら今すぐ試合に出よう

    試合に勝ちたい、勝てるようになりたい。テニスを始めて、少しずつ…

  2. テニス サーブ

    メンタル

    「いつも入っていたショットが、入らない」のなら、いつもが異常だったのかも知れない

    よく高校生の男性の方から頂くのが、「試合になると、全てが入らなくなる」…

  3. メンタル

    自分だけの世界、これが持てるかどうか

    テニスに限らず、だと思います。試合や勝負事に強い人って、自分…

  4. メンタル

    テニスは教わるのではなく、研究せよ

    みなさんへ、私からお伝えしたいことこの5年間、多くの時間をY…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    思い出して欲しいのは、勝って嬉しい対戦相手は自分だったという事実

    皆さんも、「勝って本当に嬉しかった試合」って、いくつかあるはず。…

  6. テニス メンタル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    「絶滅危惧種を救え!」テニスにおけるネットプレイヤーの未来
  2. テニス スマッシュ

    ストローク

    ワイパースウィングの時は、下のエッジに引っ掛けるイメージで
  3. テニス 名著

    ダブルス

    ダブルスペアで、「最近、マンネリ化してるな・・・」と感じたなら、絶対試して欲しい…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝つには、「サービング・フォー・ザ・セット」を乗り越えないといけな…
  5. テニス 練習

    シングルス

    シングルスの厳しい戦いで、「試合の終盤戦をどう戦うのか?」のオプションについて、…
PAGE TOP