スマッシュ

ネットプレーで難しいとされる、「バックハンド側に上がったロブ」をスマッシュで打ち抜くには?

ネットプレーの弱点、それはバック側に上げられるロブ。

この対処をしっかり出来ないと、前に詰めることが難しくなって攻撃力が物足りなくなってしまいます。

バックボレーで凌ぐ技術が基本ですが、もし先読み出来れば思い切って回り込んだスマッシュを打つのも有効!

時にテニスの試合では、セオリーを無視して思い切った動きが功を奏す場面もあります。

チャレンジも兼ねて、練習してみましょう!

 

ネットプレーで難しいとされる、「バックハンド側に上がったロブ」をスマッシュで打ち抜くには?

 


 

■まずは相手のラケット面を見たロブの予測

相手がどういう選手なのか?

ロブをそもそも多用するタイプか、コースまでしっかりバック側を狙ってくるような嫌らしい相手かどうか?

この認識をしっかり持っておきましょう。

ダブルスならペアと共有しておく。

思い切った策に出るわけですから、自分勝手な行動はNGです。

 

■自分のポジションを斜め後ろに素早く移す

バックハンド側に上げられる前に、予測して思い切って自分のポジションを変える。

ロブが甘ければ、上がった後にでもクロスステップを使って下がるようにしてみましょう。

右利きの方であれば、右足がどんどん左足を追い越して下がっていくようなステップを、練習してみてください。

左利きの方であれば、その逆ですね。

落下点に入るのが難しいと思ったら、無理せずにバックボレーでの処理も慌てずに。

 

■コースは順クロスが打ちやすい!

打つコースは、逆クロスはさすがに難しい。

順クロス方向に、少し強引に打っていくくらいの意識で良いでしょう。

高い打点で打つことにも、こだわらなくてOK。

倒れ込みながら打つようなショット、スマッシュでも良いでしょう。

キレイに打つ、というよりは押し込んでいく。

大事なのは、「バックボレー狙いを許さない!」という意図を相手に見せつけること、です。

 

テニスの試合は、誤解に始まり誤解に終わるケースも多い。

この駆けに勝って、「スマッシュが得意」という感じで思ってくれれば、相手の武器の一つをつぶすことになります。

その為にも、相手のラケット面と雰囲気、性格を読んで先読みすることが大事。

ぜひロブ感知名人に、なって下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュを磨きたければ、スライスロブを打ち抜け!」一般レベルの試合の勝敗は、この決定力で決まる!…

    スマッシュを打ち切れるかどうか、はテニスの試合の勝敗を大きく左右します…

  2. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう

    守備が上手い選手は、試合で変な負け方はしない。スマッシュを打ち…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュでネットミスが多い人は、「ラケット面下半分」にボールが当たっている可能性大

    テニスを長くやっていると、意外と「ラケット面のどこにボールが当たったか…

  4. テニス 練習

    スマッシュ

    スマッシュのコース、「迷ったら逆クロス方向へ」で決めて打ち切るようにすれば振り切れます!

    試合の中で大事な場面、スマッシュを打てるチャンスが巡ってきた・・・。…

  5. スマッシュ

    「とにかく決定力のあるスマッシュが打ちたい!」なら身に付けたい腕と手首の返し方

    テニスを始めた頃、硬式でも軟式でもまずは「スマッシュ」に憧れた人は多い…

  6. テニス 粘り

    スマッシュ

    アウトミスを怖がっていたら、スマッシュは深く打てない

    「ロブが上がると、どうしても怖くてハイボレーでカットしてしまいます」…

特集記事

  1. ダブルス

    並行陣を崩すストロークには、前衛との連動が欠かせない
  2. テニス メンタル

    リターン

    「ダブルスの試合で、相手の並行陣を崩す!」為に必要な、リターン側の前衛の役割5つ…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスは逃げない、逃げるのはいつも自分だということ
  4. テニス メンタル

    その他

    人に何かを伝えたいなら、「違う言葉での表現力」が求められる
  5. テニス シングルス

    メンタル

    「今日はどうしても、テニスに集中出来ない!」と思ったときに、自分を取り戻せる対策…
PAGE TOP