ボレー

バックボレーのメリットは、ポジションがずれないこと

試合をしていて、気が付けば自分のポジションがおかしい・・・という人。

こんな場所に立っているつもりは無かったのに・・・となるのは、恐らくフォアボレー頼みになっているからでしょう。

普段から、出来るだけバックボレーを使うこと。

これが意識出来れば、ネットプレーでも隙の無いポジショニングが出来るでしょう。

 

バックボレーのメリットは、ポジションがずれないこと

 


 

1.ダブルスで勝てない、典型例は・・・

プレー中に、端に端に、勝手に寄っていってしまう人。

みなさんの周りでもいませんか?

こういう人は、「なぜポジションがずれてしまうのか?」に気付いていない。

恐らく、身体の正面あたりのボールを無理やりフォアボレーで打っているから、なんです。

身体を逃がして打つ、だからどんどんズレていく。

ズレていく、コートの端に寄っていけば、それだけセンターが空いてしまう。

これは、ダブルスなら致命的な弱点になってしまうんです。

 

2.センターには、速く鋭いボールが来る

テニスの試合、ダブルスでなぜセンターを守らないといけないのか。

繰り返しになりますが、この理由は明白です。

センターには、低く、速く、鋭いボールが来るから。

相手にここに打たせてはいけないからです。

2人で距離を近くして、コートの中心を守る。

両端は、腕を伸ばして触るような意識が大事。

バックボレーで身体の正面のボールをさばければ、ポジションはずれない。

自分の身体の位置を変える必要は無いですからね。

 

3.「打ちやすいから」を変えていこう

「でも、フォアボレーが打ちやすいから・・・バックボレーは苦手で。。」という声が、聞こえて来そうですね。

それは、アナタ自身が打ちやすいから、ですよね。

その選択を、変えていかないといけない。

誰だって、最初に変える時には打ち辛いところから入っていく。

で、それを克服して、テニスの試合で勝てるショット、ポジショニングに変わっていく。

「打ちやすいから、この打ち方」というのは、卒業していきましょう。

 

4.ポジションを優先した方が、最後は打ちやすい

バックボレーをメインで使うこと、最初は大変だと思います。

でも、慣れると楽です。

何より、テニスは「良いポジションに立って打つこと」が大事ですから。

この方が、圧倒的に全体としては打ちやすい。

ポジショニングがずれてしまうと、結果的に苦しくなるのは自分たち。

コートの端、端に寄っていくようなフォアボレー、危ないです。

意識出来た人から、試合でも勝てるようになっていくでしょう。

 

普段から、バックボレーを多く使うこと。

構えからバックボレー、フォアボレー側に来ても対応出来るように。

毎日の小さい意識、短い練習でも、確実に意識は変わります。

必要性を自覚したら、あとはやるだけですね!

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレーの基本は、「ネットの2メートル上を狙って」思い切りアウトする気持ちで

    ドライブボレーは、一昔前まで一部の選手だけが使う武器でした。そ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    フォアハンドボレーでもっとパンチ力が欲しい人は、「ラケットを持たない腕の脇の開け閉め」を有効活用しよ…

    フォアハンドボレーを、しっかり決めることが出来ると試合はやりやすい。…

  3. テニス 打点

    ボレー

    テニスの試合では「ボールを打っていないときの動き」でネットプレーのレベルが決まる!

    「試合に強いか弱いか」は、ボールを打っていないときの動きで決まる。…

  4. テニス 練習

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリー練習、「実戦の試合を想定して」大事な要素とは?

    普段の練習でもよく実践する、ボレー対ストロークのラリー形式。な…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスで4人がつなぎ合うボレーを打破するには、アングルボレーを使うしか無い

    ダブルスの試合、特に女子ダブルスですかね。40代以上のベテラン…

  6. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合の中で、「相手の当り損ないは仕方ない?」けど、打球音を聞けば判断早く反応できる!

    テニスの試合では、「当たり損ない」がエースになるケースもあります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    後悔を糧に、生きろ
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、不安になったときに助けてくれる言葉30
  3. スマッシュ

    ネットプレーで難しいとされる、「バックハンド側に上がったロブ」をスマッシュで打ち…
  4. ストローク

    浅いボールで崩すから、ストロークも崩せる
  5. テニス メンタル

    その他

    自分にとって「慣れて得意になった」と思っている技術ほど、実は改良の余地があるのが…
PAGE TOP