テニス メンタル

メンタル

気持ちで負けないって、難しい

言うは簡単、行うは難し。

テニスの試合で、強い相手と対戦するということは、本当に大変。

みなさんも、経験あるはずです。

勝ちたいと思うのが難しい、気持ちで負けてしまう。

何も備えが無いと、これが普通です。

 

気持ちで負けないって、難しい

 


 

1.「自分の自信を持って!」って、簡単に言うけどね・・・

難しいですよね。実際。

ボールを触ることも難しいし、返球出来たとしても簡単に決められる。

もう、棄権出来るならしたいくらい、のような試合。

「自分に自信を持って!」と言われるのが、私はすごく嫌でした。

「これでも、やれることはやってるつもりなんですが・・・」と、言いたくなる。

悔しい気持ちすら湧いて来ないような相手、とどう戦うのか。

みなさん、秋の試合シーズンの前に考えておきましょう。

 

2.「難しさ」を、楽しもう

私は、これが大事だと思うんです。

強い対戦相手との試合を、テニスを、楽しむ。

難しいこと、を楽しめるようなスタンス、姿勢が大事です。

しんどい方向で考えれば、そりゃしんどいですよ。

でも、これは挑戦ですから、楽しまないと損。

「練習でやったこと、どこまで通用するかな・・・」と思いながら、やってみる。

受け身にならないで、主体的に動く。

これは、相当覚悟を持って挑まないと、あっという間に暗い雰囲気になってしまう。

自分から打っていく、仕掛けていくから、テニスは楽しい。

相手も強い、だから楽しい、難しいことを楽しむ姿勢、が欲しいんです。

 

3.相手に打たせて良い

まず、強い相手だからと言って気負ってもダメ。

アナタ自身が急にレベルアップすることは、ありません。

ですから、まずは相手にラリーさせる。

決められるのは気にしない、後半は予測が出来るようになるかも知れない。

アナタ自身が、大きく見せようとしてする無意味なミス、を減らしていくこと。

これがまず、試合を作るうえで大事ですね。

そして、ラリーしていけば気持ちも変わっていきます。

試合の後半は、分からなくなりますよ。

 

4.ラリー回数が増えれば、メンタルも変わる

最初は、「厳しいな・・・」と思っていた試合でも。

ラリー回数が少しずつ増えていくと、例え負けていたとしても気持ちが変わって来る。

メンタルに変化が起きる、のが試合です。

相手も、「面倒だな・・・」と感じてくれているのが、伝わって来る。

こうなると、もう気持ちでは負けていないはず。

アナタ自身、楽しさを覚えているはず。

格上相手に、ここまでもっていくのが大変なんです、テニスでは。

ラリーを繰り返せば、必ずメンタルは変わる。

これだけは、覚えておいて損は無いですよ。

 

気持ちで負けない、ということ。

誰でも出来そうで、誰も出来ない。

周りから見ていると、「気持ちで負けてるな・・・」という人、いっぱいいるじゃないですか。

大事な試合、強い人に勝たないとアナタ自身は目標を達成出来ないはず。

今から、楽しんでいきませんか?

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. テニス テニスボール

    メンタル

    与えられた課題をこなすだけなら、試合に必要なメンタルが育つ訳が無い

    試合で必要なメンタル。練習で鍛えているつもりが・・・、いつの間…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合で使うエネルギーは、「その都度使い切らないと、実力のMAX値」は絶対に上がりません

    自分の力を出し切る、ということの難しさ。それはテニスというスポ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニス部の後輩に負けて悔しいなら、その後輩の為にもっと強くなろう

    先日、相談を頂いた学生の方で「後輩に負けて、悔しくて泣きそうです・・・…

  4. テニス 評価

    メンタル

    試合前に「最低と理想」、の準備は出来ているか?

    試合が始まる前は、やる気に満ち溢れているのに・・・終わってみると、ボロ…

  5. テニス フットワーク

    メンタル

    「ムキになって相手のラリーに付き合う」のは本当に危険

    テニスでも何でもそうですが、感情的になって良いことは無い。ムキ…

  6. テニス チーム

    メンタル

    「全然練習が出来ていないのに、久々のテニスの試合‥」のときに注意すべき4つのポイント

    試合に向けてバッチリ練習して、準備万端!で挑める試合って、実際…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 読書

    メンタル

    自分の身の周りの整理整頓が出来ない人が、縦23.77m、横10.94mのテニスコ…
  2. ダブルス

    ダブルスの試合で、後衛の選手は「フォアハンドで前衛の後ろをカバー出来る」サイドは…
  3. ダブルス

    どんな名コンビダブルスでも、2人でボールを打つことは出来ない
  4. テニス ストローク

    サーブ

    「ダブルスでサービスキープ率を上げたい!」ために必要な4つの意識と準備を考えてみ…
  5. テニス ダブルス

    リターン

    攻撃的な並行陣、に対抗するために必要なリターン5種
PAGE TOP