テニス メンタル

メンタル

気持ちで負けないって、難しい

言うは簡単、行うは難し。

テニスの試合で、強い相手と対戦するということは、本当に大変。

みなさんも、経験あるはずです。

勝ちたいと思うのが難しい、気持ちで負けてしまう。

何も備えが無いと、これが普通です。

 

気持ちで負けないって、難しい

 


 

1.「自分の自信を持って!」って、簡単に言うけどね・・・

難しいですよね。実際。

ボールを触ることも難しいし、返球出来たとしても簡単に決められる。

もう、棄権出来るならしたいくらい、のような試合。

「自分に自信を持って!」と言われるのが、私はすごく嫌でした。

「これでも、やれることはやってるつもりなんですが・・・」と、言いたくなる。

悔しい気持ちすら湧いて来ないような相手、とどう戦うのか。

みなさん、秋の試合シーズンの前に考えておきましょう。

 

2.「難しさ」を、楽しもう

私は、これが大事だと思うんです。

強い対戦相手との試合を、テニスを、楽しむ。

難しいこと、を楽しめるようなスタンス、姿勢が大事です。

しんどい方向で考えれば、そりゃしんどいですよ。

でも、これは挑戦ですから、楽しまないと損。

「練習でやったこと、どこまで通用するかな・・・」と思いながら、やってみる。

受け身にならないで、主体的に動く。

これは、相当覚悟を持って挑まないと、あっという間に暗い雰囲気になってしまう。

自分から打っていく、仕掛けていくから、テニスは楽しい。

相手も強い、だから楽しい、難しいことを楽しむ姿勢、が欲しいんです。

 

3.相手に打たせて良い

まず、強い相手だからと言って気負ってもダメ。

アナタ自身が急にレベルアップすることは、ありません。

ですから、まずは相手にラリーさせる。

決められるのは気にしない、後半は予測が出来るようになるかも知れない。

アナタ自身が、大きく見せようとしてする無意味なミス、を減らしていくこと。

これがまず、試合を作るうえで大事ですね。

そして、ラリーしていけば気持ちも変わっていきます。

試合の後半は、分からなくなりますよ。

 

4.ラリー回数が増えれば、メンタルも変わる

最初は、「厳しいな・・・」と思っていた試合でも。

ラリー回数が少しずつ増えていくと、例え負けていたとしても気持ちが変わって来る。

メンタルに変化が起きる、のが試合です。

相手も、「面倒だな・・・」と感じてくれているのが、伝わって来る。

こうなると、もう気持ちでは負けていないはず。

アナタ自身、楽しさを覚えているはず。

格上相手に、ここまでもっていくのが大変なんです、テニスでは。

ラリーを繰り返せば、必ずメンタルは変わる。

これだけは、覚えておいて損は無いですよ。

 

気持ちで負けない、ということ。

誰でも出来そうで、誰も出来ない。

周りから見ていると、「気持ちで負けてるな・・・」という人、いっぱいいるじゃないですか。

大事な試合、強い人に勝たないとアナタ自身は目標を達成出来ないはず。

今から、楽しんでいきませんか?

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    人がプレッシャーに負けるとき、それは大抵「自分のイメージを守りたい」と考えるときです

    皆さんは試合の中で、プレッシャーに押しつぶされそうになった経験、ありま…

  2. テニス 準備

    メンタル

    準備する意欲を持たない人は、これから先もエントリー費だけが消えていく

    テニスの試合、メンタル勝負。でも、言ってみれば試合の現場で強い…

  3. メンタル

    自分の本棚が、違って見える?

    みなさんは、ご自宅に本棚はお持ちですか?私は、あります。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「自分のテニスについて、悩んでいる」人は、テニスを始めた頃の仲間に会いに行こう

    初めてラケットを握ったとき。その頃の感覚、アナタは思い出せます…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの練習でストレスを溜めない」為に必要な4つの考え方

    テニスの試合に勝ちたい。そう考えると、練習にも緊張感が生まれる…

  6. メンタル

    「恥ずかしい」という殻を、今こそ破るべき

    大人になってスポーツを頑張る。ましてや、試合に出るなんて・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    「絶滅危惧種を救え!」テニスにおけるネットプレイヤーの未来
  2. 筋トレ

    テニス知識

    体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニス 格上相手

    その他

    テニスの試合で「シード選手との闘い」をドラクエ風に考えてみると・・・
  4. テニス 雪

    日々の雑記

    私はこれからも、「決断する人」をテニスを通じて応援していきます
  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でのサーブ、ファーストもセカンドも、「スウィングスピードは同じ」だか…
PAGE TOP