テニス 計算

戦術

テニス選手として、研究されてからが本当の勝負

「研究されているな」と感じること。

試合中に、ありますか?

私はこれを感じると、すごく嬉しい。

だって、相手に認めてもらえたということですから。

そこからが、勝負。

本当のテニスの醍醐味、でしょう。

 

テニス選手として、研究されてからが本当の勝負

 


 

1.初対戦の相手だって、有り得る

社会人になって、試合に出て感じること。

対戦相手、みなさん「観察力」が凄い。

適応力、とでも言いましょうか、相手に合わせて色々変えるのが本当に上手い方が多い。

まず、リターン位置ですね。

サーブの特徴をとらえて、ポジションを変える。

「うわ、もう気付かれてる・・・」と、感じる訳ですよ。

でも、私はこういう相手の方が、楽しい。

だって、神経戦には自信がありますから。

みなさんも、そう感じられるようになって欲しい、というのが私の願いです。

 

2.対応されて、嫌と思うかどうか

私は結構、スライスサーブをワイドに打つのが好き。

試合でも使いますが、これを警戒され出すこと、が試合の中盤から終盤には多い。

リターンから外側に立たれると気になりますが、別に嫌じゃない。

だって、その分センターは空きますから。

だから、「よし、自分のペースだな」と考えられる。

相手がポジションを変えて来ないようなら、そのままワイドに打つだけですしね。

相手が対応してくること、何も怖く無いんです。

ある程度想定内、ですからね。

 

3.自分のプレーに幅があるかどうか

得意なコース、ショット、陣形、もちろんあって良い。

でも、その逆もあるか?が大事なんです。

得意とまで言わなくても、しっかりとコントロールは出来る、というレベルまではもっていっておきたいですね。

そうすれば、相手が対応して来た時、研究してきた時でも、慌てることは無い。

テニスの試合では、全部を警戒するなんて出来ない訳ですから。

研究してくる相手は、思慮深い反面、それが仇になるケースもある。

逆のショットも見せて、どんどん悩んでもらいましょう。

 

4.一度は「嘘の自分」を見せても良い

いきなり得意なショットで入るのも良いですが、コレも有り。

あえて、自分が苦手な作戦、ショットを試合の序盤に打っておく。

私なんかは、あえて粘りのストロークから入ったりもします。

そして、試合の後半は得意のネットに出る形、を増やす。

ちょっとあまのじゃくみたいですが、相手はよく掴めないままに、試合が終わる。

研究好きな人って、探して納得できないと嫌なんですよ。

テニスのリズムも悪くなる。

3.でも書きましたが、どんどん迷いの種を相手に与えていく、のはテニスの常套手段です。

 

研究されるって、良いじゃないですか。

それだけ、アナタ自身のテニスが効いているということ、です。

ここには、自信を持ちましょう。

そして、勝負はそこから。

最後に勝ちたければ・・・やることはもう、お分かりですね。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス 試合

    戦術

    「勝負に徹する人、そうでない人」の2種類しかいない

    何となく、試合で強い人、練習よりも試合で強さを発揮する人、皆さんの周り…

  2. 戦術

    ミックスダブルスで、男性が女性を攻撃していく基本戦術について

    ミックスダブルスの試合、こんな心理の男性プレイヤーの方は多いでしょう。…

  3. 戦術

    テニスにおけるベストなポジションなんて、無い

    ベターなポジションは、ある。でも、これがベストという陣形やポ…

  4. テニス 部活

    戦術

    根拠の無いショット一つが、テニスの試合では対戦相手を助け続ける

    みなさんが試合で、失点するとき。それって、「何となく」でプレー…

  5. 戦術

    自分がしっかり満足出来るショット、なんて1試合で3球くらい

    試合前に考えること。色々不安になることもあると思いますが、逆に…

  6. テニス 練習

    戦術

    相手に向かって打つ、のは2往復までで良い

    試合でも練習でも、ここを意識して欲しい。テニスの試合では、実際…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    「アンダーサーブ」を見下していると、大事な試合で相手のアンダーサーブに泣くことに…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合では、「相手に主導権を握られて走らされる」ポイントで、異常に疲れます…
  3. テニス コントロール

    戦術

    対戦相手は、「強気」か「弱気」か「堅実」か、で分けてみる
  4. テニス ステップ

    サーブ

    テニスの試合で、「相手サーブをブレイクした後のゲーム」にて意識したいポイント4つ…
  5. メンタル

    悔しい気持ちを、誤魔化してはいけない
PAGE TOP