テニス 計算

戦術

テニス選手として、研究されてからが本当の勝負

「研究されているな」と感じること。

試合中に、ありますか?

私はこれを感じると、すごく嬉しい。

だって、相手に認めてもらえたということですから。

そこからが、勝負。

本当のテニスの醍醐味、でしょう。

 

テニス選手として、研究されてからが本当の勝負

 


 

1.初対戦の相手だって、有り得る

社会人になって、試合に出て感じること。

対戦相手、みなさん「観察力」が凄い。

適応力、とでも言いましょうか、相手に合わせて色々変えるのが本当に上手い方が多い。

まず、リターン位置ですね。

サーブの特徴をとらえて、ポジションを変える。

「うわ、もう気付かれてる・・・」と、感じる訳ですよ。

でも、私はこういう相手の方が、楽しい。

だって、神経戦には自信がありますから。

みなさんも、そう感じられるようになって欲しい、というのが私の願いです。

 

2.対応されて、嫌と思うかどうか

私は結構、スライスサーブをワイドに打つのが好き。

試合でも使いますが、これを警戒され出すこと、が試合の中盤から終盤には多い。

リターンから外側に立たれると気になりますが、別に嫌じゃない。

だって、その分センターは空きますから。

だから、「よし、自分のペースだな」と考えられる。

相手がポジションを変えて来ないようなら、そのままワイドに打つだけですしね。

相手が対応してくること、何も怖く無いんです。

ある程度想定内、ですからね。

 

3.自分のプレーに幅があるかどうか

得意なコース、ショット、陣形、もちろんあって良い。

でも、その逆もあるか?が大事なんです。

得意とまで言わなくても、しっかりとコントロールは出来る、というレベルまではもっていっておきたいですね。

そうすれば、相手が対応して来た時、研究してきた時でも、慌てることは無い。

テニスの試合では、全部を警戒するなんて出来ない訳ですから。

研究してくる相手は、思慮深い反面、それが仇になるケースもある。

逆のショットも見せて、どんどん悩んでもらいましょう。

 

4.一度は「嘘の自分」を見せても良い

いきなり得意なショットで入るのも良いですが、コレも有り。

あえて、自分が苦手な作戦、ショットを試合の序盤に打っておく。

私なんかは、あえて粘りのストロークから入ったりもします。

そして、試合の後半は得意のネットに出る形、を増やす。

ちょっとあまのじゃくみたいですが、相手はよく掴めないままに、試合が終わる。

研究好きな人って、探して納得できないと嫌なんですよ。

テニスのリズムも悪くなる。

3.でも書きましたが、どんどん迷いの種を相手に与えていく、のはテニスの常套手段です。

 

研究されるって、良いじゃないですか。

それだけ、アナタ自身のテニスが効いているということ、です。

ここには、自信を持ちましょう。

そして、勝負はそこから。

最後に勝ちたければ・・・やることはもう、お分かりですね。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス 楽天

    戦術

    初対戦相手の試合こそ、その人の本当の強さが出る

    初対戦の試合って、みなさん得意ですか?苦手という方、の方が実際…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「挽回っ!」という言葉だけ出す癖、負け癖への第一歩

    テニスの試合会場でよく聞く言葉。ダブルスの試合で、ペアと一番掛…

  3. テニス メンタル

    戦術

    他人の土俵で戦わないことは、逃げでは決して無い

    他人の土俵で、戦うこと。これは、テニスの試合で非常に危険なこと…

  4. テニス メンタル

    戦術

    試合で「複数の選択肢」が浮かぶ、ときはきっと自分の調子が良い時

    自分の調子が良い、と感じる時。これって、良いことばかりではあり…

  5. 戦術

    テニスの試合、初対面の相手には遠慮なく「自己紹介」から入っていこう

    試合において、まず最初にやるべきことは・・・何でしょう。私はあ…

  6. 戦術

    みんなテニスのおけるコントロールの精度を、甘く見過ぎ

    ベテランテニス、のみなさんと試合をするようになって、感じること。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. リターン

    ビッグサーバー相手にこそ、リターンはポジションが鍵
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    ネットに出られると厄介な、「ボレーをつないで手堅くプレーする相手」に対抗する作戦…
  3. リターン

    「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニッ…
  4. テニス ストローク

    ボレー

    シングルスの試合で上手くスライスを使ってくる相手には、早めにネットプレーを見せて…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーが上手い人は、ラケットワークが上手い?」その感覚は、捨てましょう!
PAGE TOP