テニス 構え

戦術

試合で動いている中で、自分のポジションが分からなくなってしまう方へ

ラリーが続いて来ると、ポジションが動いていく。

ダブルスなら、味方との兼ね合いもありますよね。

そんな中で、自分の立ち位置、ポジションが分からなくなってパニックになってしまう。

こういう方も、ちょっとした意識で変えていけます。

キーワードは、「打つ前のイメ―ジ」です。

 

試合で動いている中で、自分のポジションが分からなくなってしまう方へ

 


 

1.打つ前に、「動くのか、戻るのか」を決めておく

自分が打つ前に、打った後にどうするのか。

これをしっかり決めておくこと、が大事。

打ってから、じゃ遅いんです。

打つ前に、しっかり決めておけば、迷いも無くなるし自分でも分かりやすい。

一番シンプルなのは、前に出るアプローチショットですね。

打つ前にしっかり、決めておけば動いた後も「自分がどこに立っているのか」も分かりやすい。

あくまで主体的に、がキーワードです。

 

2.自分は前衛なのか、後衛なのか?

この問題、よく理解出来ていない人も多いですよね。

ラリーの中で、変化していくのがテニス。

相手を左右に動かしたり、ロブで抜かれたり抜いたりすると、前衛と後衛が変わってしまうこともある。

常に、自分が前衛?後衛?というのは、しっかり意識出来るようにしておきましょう。

「これを打ったら、前衛になるな」という感じで、打つ前から変化も感じておく。

常に、自分からポジションを変えていく、という意識が大事ですね。

 

3.相手が打つ時に、良いポジションを取れると試合では強い

相手が打つ前に、良いポジションに入る。

一番、ボールが来る可能性が高い場所、にしっかり立てるようにしておけば、それだけで相手もミスしてくれる。

ポジションが良く分からなくなったら、「この辺に来そうだな」という場所に入ること。

私だったら、ダブルスの並行陣なら徹底してセンターを塞ぐ。

2人の距離感が離れないように、意識しておくだけでかなり失点は防げますからね。

でも、こういうのは経験でしか培っていけない部分、でもあります。

考えながら、打つ前にイメージ出来るように練習していきましょう!

 

4.視界でポジション、を判断出来るように

試合の中では、自分の視界でポジションを把握する。

これって、当たり前のようで実は大事なポイントですよ。

視界でポジションを分かる、というのは、ネットとの距離感、左右の立ち位置で、「あ、自分は今ここにいるな」という感じで把握出来るということ。

足下のラインを見なくても、視界で把握出来るようになるとテニスは強い。

本当に、1メートル、50cmの違いで、ボールに触れるかどうか、の差になりますからね。

自分の目の前の感覚、とポジションを合わせてみる。

ぜひ、普段の練習から意識してみて下さいね。

 

自分のポジション、どんどん研究してみて下さい。

立ち位置で戦い方を考えれば、打った後に「どうしようか」を決めていこうという気持ちにもなりますよね。

ぜひ、積極的に考えてみて下さい。

どこに立てば良い?その答えは、自分自身の中にあるはずです。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス テニスノート

    戦術

    テニスでも自分に1本の軸が出来れば、「被害妄想意識」は消える

    テニスが強くなれない人。なかなか試合で結果が出ない人は、言い方…

  2. 戦術

    不測の事態でもテニスの大会を勝ち進む、「試合会場での対応力」を身に付けよう

    テニスの大会、公式戦や草トーナメント、様々な大会に皆さん出場していると…

  3. 戦術

    テニスの試合で意外と多い、「ノーアドバンテージ形式」での必勝法、を考えてみた

    ノーアドバンテージ形式、とは、通常のゲームカウントでデュース、になる場…

  4. 戦術

    厳しいコースは、早めに狙っておこう

    例えば、サーブをしっかりエリアのコーナーに入れる。トップスピ…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    相手の調子を見るには、ポイント間に目を合わせることが一番

    試合の中で、ポイント間の時間ありますよね。この時間が、テニスで…

  6. テニス ストローク

    戦術

    アプローチショットに必要なのは、絶対にコレ

    アプローチショット、打って前に出るショット。ネットプレーにつな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 雑記

    メンタル

    テニスノートは「試合後よりも試合前」に書くのをお勧めする理由
  2. テニス ストローク

    ボレー

    「両手のバックハンドボレーが難しい・・・」と自分のテニスで悩む人にヒントになる考…
  3. 戦術

    自分の試合の中で、「ここでテニスのギアを上げたい!」と思ったときに実践出来ること…
  4. テニス 練習

    ストローク

    「自分のストロークに相手が慣れてきたな…」と感じたら実践したい5つのチェンジオブ…
  5. テニス 試合

    シングルス

    テニスのシングルスの試合でよくある、「攻めている選手が先に疲れてしまう」現象はな…
PAGE TOP