テニス 構え

戦術

試合で動いている中で、自分のポジションが分からなくなってしまう方へ

ラリーが続いて来ると、ポジションが動いていく。

ダブルスなら、味方との兼ね合いもありますよね。

そんな中で、自分の立ち位置、ポジションが分からなくなってパニックになってしまう。

こういう方も、ちょっとした意識で変えていけます。

キーワードは、「打つ前のイメ―ジ」です。

 

試合で動いている中で、自分のポジションが分からなくなってしまう方へ

 


 

1.打つ前に、「動くのか、戻るのか」を決めておく

自分が打つ前に、打った後にどうするのか。

これをしっかり決めておくこと、が大事。

打ってから、じゃ遅いんです。

打つ前に、しっかり決めておけば、迷いも無くなるし自分でも分かりやすい。

一番シンプルなのは、前に出るアプローチショットですね。

打つ前にしっかり、決めておけば動いた後も「自分がどこに立っているのか」も分かりやすい。

あくまで主体的に、がキーワードです。

 

2.自分は前衛なのか、後衛なのか?

この問題、よく理解出来ていない人も多いですよね。

ラリーの中で、変化していくのがテニス。

相手を左右に動かしたり、ロブで抜かれたり抜いたりすると、前衛と後衛が変わってしまうこともある。

常に、自分が前衛?後衛?というのは、しっかり意識出来るようにしておきましょう。

「これを打ったら、前衛になるな」という感じで、打つ前から変化も感じておく。

常に、自分からポジションを変えていく、という意識が大事ですね。

 

3.相手が打つ時に、良いポジションを取れると試合では強い

相手が打つ前に、良いポジションに入る。

一番、ボールが来る可能性が高い場所、にしっかり立てるようにしておけば、それだけで相手もミスしてくれる。

ポジションが良く分からなくなったら、「この辺に来そうだな」という場所に入ること。

私だったら、ダブルスの並行陣なら徹底してセンターを塞ぐ。

2人の距離感が離れないように、意識しておくだけでかなり失点は防げますからね。

でも、こういうのは経験でしか培っていけない部分、でもあります。

考えながら、打つ前にイメージ出来るように練習していきましょう!

 

4.視界でポジション、を判断出来るように

試合の中では、自分の視界でポジションを把握する。

これって、当たり前のようで実は大事なポイントですよ。

視界でポジションを分かる、というのは、ネットとの距離感、左右の立ち位置で、「あ、自分は今ここにいるな」という感じで把握出来るということ。

足下のラインを見なくても、視界で把握出来るようになるとテニスは強い。

本当に、1メートル、50cmの違いで、ボールに触れるかどうか、の差になりますからね。

自分の目の前の感覚、とポジションを合わせてみる。

ぜひ、普段の練習から意識してみて下さいね。

 

自分のポジション、どんどん研究してみて下さい。

立ち位置で戦い方を考えれば、打った後に「どうしようか」を決めていこうという気持ちにもなりますよね。

ぜひ、積極的に考えてみて下さい。

どこに立てば良い?その答えは、自分自身の中にあるはずです。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス 並行陣

    戦術

    試合後半で相手が攻め急いでるときは、体力切れを起こしている可能性大

    試合の後半、疲れてきても・・・・ぜひ、冷静に相手を見て欲しい。…

  2. テニス 楽天

    戦術

    勝ちを拾っていけば、上での試合を経験出来る

    粘って必死に勝つくらいなら、負けた方が良い・・・。そう考えて…

  3. テニス サーブ

    戦術

    テニスではセンスこそ体系化出来るし、理論化出来るはず

    今日もまた一つ、誤解を解いておきたいと思います。よく、「あの人…

  4. テニス 観察

    戦術

    「自分の中でのコツ」を、一番優先して良いんです

    悩んだときには、自分の直感を信じて良い。私は、普段そんな感じで…

  5. 戦術

    イレギュラーバウンドの多いコートで、必要な5つの意識

    テニスの試合、張り切って会場に到着してみると…。ボロボロのハ…

  6. テニス テニススクール

    戦術

    大一番での緊張した試合では、「流れる時間のスピードが違う」ことを覚えておこう

    待ちに待った大一番、応援してくれる人もいて、自分の力を発揮したい場面。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分ばかり狙われて辛い」人はどうすれば良い?
  2. テニススクール

    曖昧なアドバイスは、人を不安にしかしない
  3. テニス メモ

    戦術

    諦めて終わるのと、諦めないで終わる試合の違いについて
  4. テニス ストローク

    ロブ

    ロブマスターになりたければ、自分の発射角度にこだわりを持とう
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「ポーチからのチェンジプレー」を取り入れるだけで、劇…
PAGE TOP