テニス メンタル

メンタル

テニスの試合、「失点か得点」の2種類しかないという事実

テニスの試合、そして練習。

意識を高く持って継続出来る選手は、練習中の細かい仕草で分かる。

彼らは、よく理解しているのです。

たとえ練習でも、試合と同じ。

テニスには、「2種類のポイントしかない」ということを。

 

テニスの試合、「失点か得点」の2種類しかないという事実

 


 

■当たり前だと思う部分に、「試合結果の差となる部分」は埋もれている

例えば練習、ストロークのラリー練習で少しアウト気味のボールがある。

練習だから、ノーバウンドでボレーで打ち返しますよね?

これも大事な技術であり、ボレーの本当に良い練習になる。

ですが、問題なの「アウトボールを打った側」の選手。

ただ「返球された」という事実にうやむやになって、今のポイントを「良し」としてはいませんか?

試合だともちろん、アウト、の判定になって失点になる。

でも練習では、そこが怪しいままに進行していく。

意識が低い選手は、失点とも得点とも分からないポイントを、無意識で繰り返しているだけなのです。

 

■練習中のミスを細かく修正出来ないで、「試合で得点したい、勝ちたい」だって?

余りに無責任だし、無理な話。

練習で「失点」ばかりしている選手が、急に試合で得点が出来るようになる訳が無い。

ですが、不思議とみんな勘違いしてるんですよね。

試合では「入るんじゃないか・・・」って。

テニスには2種類しか、ポイントの結末は無い。

失点か、得点か。

もっとシビアに考えないと、試合の方が力を発揮できないのが普通なんですから。

 

■試合に強くなりたければ、練習で「得点」を重ねよう

練習も、勝負。

続けるだけのテニスは、初心者レベルで卒業しましょう。

相手との勝負の中で、練習からしっかり得点を積み重ねている選手が、当たり前ですが試合でも強い。

練習のポイント形式では、ぜひ記録を残してみて下さい。

きっと試合に勝てる選手は、練習の勝負の中でも勝っている。

勝負強い選手は、自分の失点にも得点にも、神経質になるのが当たり前。

だって2種類しか無い、んですから。

 

当たり前のような話で、今回もすみません。

ですが、皆さんの環境の中でも練習での意識、もっと改善出来るはず。

外での試合で勝ちたいなら、練習で勝たないと。

先輩だろうが、後輩だろうが、勝って勝って、勝ちまくらないと。

繰り返しですが、仲間の中でしっかり勝てる選手が外でも勝てる、テニス選手なのです。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. メンタル

    テニスコーチに相談しに行くときには、どんな形でも「自分の意見」を持ってから

    テニスを真剣にやって試合に出ていれば、誰しもが勝ちたいと思う。…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    テニスにおいて「戦略的なディフェンス」に調子の波は無い、だから粘り強い選手は負けない

    「あの選手、本当にしこいなぁ・・・」と、感じる対戦相手、アナタはどれだ…

  3. テニス リターン

    メンタル

    相手のサーブの調子が良い試合こそ、焦ってはいけない

    相手のサーブの調子が良い。そんな試合ほど、つい焦ってしまいます…

  4. テニス 客観視

    メンタル

    テニスを通じて私たちは、「出会う人全てを、すぐに外枠」で決め付けてはいないか?

    テニスというスポーツは、どこか階級社会の色が強い。毎年開催され…

  5. テニス 観察

    メンタル

    テニス部のキャプテンとして大事なたった一つのこと、「しっかりと仲間を観る」ことの重要性について

    年末年始に実家に帰省した際に、私の後輩が相談してきたことについて、今日…

特集記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスのサーブ&ボレーでスプリットステップする場所は?
  2. テニス 言葉

    戦術

    どこを狙うかの前に、「どこの場所で」打つのか?が大事
  3. ダブルス

    ダブルスペアに自信を持たせること、がアナタには何より重要です
  4. リターン

    リターンで調子が良い時ほど、突っ込まないことが大事
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛がポーチに出ただけで、すぐ安心してしまう後衛」は、テニス…
PAGE TOP