テニス メンタル

メンタル

テニスの試合、「失点か得点」の2種類しかないという事実

テニスの試合、そして練習。

意識を高く持って継続出来る選手は、練習中の細かい仕草で分かる。

彼らは、よく理解しているのです。

たとえ練習でも、試合と同じ。

テニスには、「2種類のポイントしかない」ということを。

 

テニスの試合、「失点か得点」の2種類しかないという事実

 


 

■当たり前だと思う部分に、「試合結果の差となる部分」は埋もれている

例えば練習、ストロークのラリー練習で少しアウト気味のボールがある。

練習だから、ノーバウンドでボレーで打ち返しますよね?

これも大事な技術であり、ボレーの本当に良い練習になる。

ですが、問題なの「アウトボールを打った側」の選手。

ただ「返球された」という事実にうやむやになって、今のポイントを「良し」としてはいませんか?

試合だともちろん、アウト、の判定になって失点になる。

でも練習では、そこが怪しいままに進行していく。

意識が低い選手は、失点とも得点とも分からないポイントを、無意識で繰り返しているだけなのです。

 

■練習中のミスを細かく修正出来ないで、「試合で得点したい、勝ちたい」だって?

余りに無責任だし、無理な話。

練習で「失点」ばかりしている選手が、急に試合で得点が出来るようになる訳が無い。

ですが、不思議とみんな勘違いしてるんですよね。

試合では「入るんじゃないか・・・」って。

テニスには2種類しか、ポイントの結末は無い。

失点か、得点か。

もっとシビアに考えないと、試合の方が力を発揮できないのが普通なんですから。

 

■試合に強くなりたければ、練習で「得点」を重ねよう

練習も、勝負。

続けるだけのテニスは、初心者レベルで卒業しましょう。

相手との勝負の中で、練習からしっかり得点を積み重ねている選手が、当たり前ですが試合でも強い。

練習のポイント形式では、ぜひ記録を残してみて下さい。

きっと試合に勝てる選手は、練習の勝負の中でも勝っている。

勝負強い選手は、自分の失点にも得点にも、神経質になるのが当たり前。

だって2種類しか無い、んですから。

 

当たり前のような話で、今回もすみません。

ですが、皆さんの環境の中でも練習での意識、もっと改善出来るはず。

外での試合で勝ちたいなら、練習で勝たないと。

先輩だろうが、後輩だろうが、勝って勝って、勝ちまくらないと。

繰り返しですが、仲間の中でしっかり勝てる選手が外でも勝てる、テニス選手なのです。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  3. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合で使うエネルギーは、「その都度使い切らないと、実力のMAX値」は絶対に上がりません

    自分の力を出し切る、ということの難しさ。それはテニスというスポ…

  2. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスについて、「知っている」のと「考える」のとでは、成長の度合いが全く違います

    テニスについて、あれこれ知識を持っている人は多い。直近の世界ラ…

  3. テニス Q&A

    メンタル

    学生時代の選手は、必ず「突然変異」がテニスに起こる、いや起こさせないとダメ

    コツコツ練習を続けて、試合も出ているけど、テニスが上達しない。…

  4. メンタル

    悔しい気持ちを、誤魔化してはいけない

    テニスを続けていると、つい麻痺してしまう感覚。試合に負けて悔し…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルが弱いんじゃなくて、考え方が狭いだけ

    テニスの試合は、メンタル勝負。でも、そんなに差は無いですよ、人…

  6. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの守備こそ、激しさが求められる

    テニスの試合で、自分は「守備が得意だ!」と言える方、どれくらいいでしょ…

特集記事

  1. ダブルス

    テニスの試合で、「対戦相手のフェイト」に引っかかりやすい人、気にしない人の違いと…
  2. サーブ

    サーブ&ボレー用のサーブ、に必要な5つのコツ
  3. その他

    「一年生はボール拾いとランニング」のテニス部に未来は無い
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「振り抜いた後に、最後は惰性」が切れ味鋭いストローク
  5. テニス メンタル

    戦術

    粘ってもミスしてくれない、相手には攻めないと試合には勝てない
PAGE TOP