テニス メンタル

戦術

2回連続で勝ってこそ、実力で凌駕出来たと言える

みなさんも、「忘れられない勝利」の試合ってあると思います。

勝ちたいと思っていた、目標としていた相手に勝った。

本当に、嬉しい瞬間ですよね。

でも、これからもあるであろうこの体験、少し注意しておかないと。

1回の勝利、だけで有頂天になっていては、上達は無いと思います。

 

2回連続で勝ってこそ、実力で凌駕出来たと言える

 

1.1回の勝利なら、難しくない

「いや、そんなこと無いよ!」と思うかもしれません。

でも、実際はそうでも無いと思いますよ。

1回勝つだけなら、作戦や奇襲で何とかなる。

なぜなら、相手もそこまで警戒していないですからね。

どこかで、油断もしているでしょう。

アナタ自身に対しての準備、が充分で無い状態なら、強い相手にも勝てる可能性がある。

いや、実際勝たないといけないんです、こういう「警戒心の薄い強い相手」には。

問題はその次、からですね。

 

2.勝った次の対戦こそ、真剣勝負

この覚悟で挑まないといけません。

相手からすると、絶対に2回続けて負ける、という経験はしたくない。

なぜなら、よく分かっているからです。

2回連続で勝ってこそ、その相手を凌駕した、と言える。

もちろん、きっと3回目、4回目の対戦も続いていくと思いますよ。

テニスの試合、というのは、何度も同じ相手と戦うものなんです。

それは、アナタ自身が確実に強くなったという証拠、ですから。

まずは強い相手に2回、勝つことに徹底的にこだわってみることをオススメします。

 

3.こういう時こそ、相手の立場になって考えてみよう

アナタ自身、2回目の対戦のときに何を考えるのか。

ぜひ、相手の立場に立って考えて欲しい。

「前回はアレにやられたからな・・・」と、相手が考える「アレ」を想定しておく。

同じような戦い方で勝てると思ったら、大間違いです。

大事なのは、前回の対戦の印象を利用すること。

つまり、アナタ自身第二、第三の武器を用意しておかないと勝てない、のが本当に強い相手です。

絶対に、同じ轍は踏まないと思って準備しているはず。

それでこそ、本当に強い、勝ちたいと思っていた目標とする選手なはず、ですから。

 

4.人を強くするのは、いつだって「人」でしかありえない

私も、こういうライバルの存在が私自身を強くしてくれました。

学生時代、絶対に勝ちたい相手には2回勝つ、ことを意識していたことを思い出します。

もちろん、結果的に2回目の対戦では完膚なきまでに叩かれたこと、だってたくさんあります。

でも、それだからこそ、また頑張ろうと思って練習する。

「人」を意識すると、人は強くなれるんですよ。

どんなスポーツや人生だってそうだと思いますが、人は人によって強くなる、強くさせてもらうことが出来る。

やっぱり負けたくないですからね。

こういう人、アナタの周りにいるでしょうか?

いない、のであれば、それは試合に強くなりたい選手にとっては黄色信号だと思いますよ。

 

2回連続で、同じ相手に勝つ。

なんて難しいこと・・・・なんでしょうか。

格上相手はもちろん、格下相手だって難しいですよね。

でも、繰り返しますが、テニスは何度も同じ相手と対戦する世界、です。

この覚悟を持って、練習頑張っていきましょう。

今日も誰か、対戦相手である「人」を意識しながら。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスコートで怪我が多い人の特徴5つ

    12月に入り気温も下がり、テニスでは怪我が多い時期になりましたね。…

  2. テニス チャンス

    戦術

    試合中の自分のリードは、守るんじゃなくて投資に使う

    試合のリードが、後半になると守れない。こういう負け癖…

  3. テニス

    戦術

    「自分は何を強化して来たのか?」を、試合前に再確認しよう

    いつもT-PRESSを読んで頂き、ありがとう御座います。改めま…

  4. テニス 練習

    戦術

    試合前に頭が真っ白になる人は、〇〇だけ決めて入ろう

    テニスの試合は、出だしが一番しんどい。ペースを掴めば、ある程度…

  5. テニス 準備

    戦術

    浅いボール、ストロークで振り切れてますか?

    試合でしっかり、自分からポイントを取れる選手。は、やっぱりこの…

  6. テニス 攻撃

    戦術

    直線的で速い球が良いテニス、と思い続けている限り試合では勝てない

    良いテニス、悪いテニス。勝てるテニス、勝てないテニス。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    緊張しない人は、ほぼ100%大成しない
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でストロークミスが多い人は、そもそも打点が低過ぎる
  3. シングルス

    シングルスの試合、「リードしているとき」にはセカンドサーブもコースを突いて見せて…
  4. テニス 環境

    メンタル

    テニスの試合では、「良い形でポイントを獲った」その後のポイントこそ重要です
  5. テニス ガット

    テニス知識

    学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
PAGE TOP