テニス リターン

シングルス

ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備で!

ストロークでの、ダウンザラインへの展開。

シングルスでは、不可欠な武器ですよね。

全仏オープンでも、今残っている選手はほとんどが得意にしているこの展開。

アナタも、シングルスの試合に勝ちたいなら、しっかり「肩が入った状態」からダウンザラインへ展開していきましょう。

 

ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備で!

 


 

1.なぜ、肩を入れないといけないのか?

そもそも、なぜ肩を入れないといけないのか・・・を、考えてみましょう。

ストロークで、怖いのはコントロールミス。

ダウンザライン方向へのショット、少しでもずれればサイドアウト、になってしまう。

かと言って、コートの内側に入り過ぎると攻撃力が落ちてしまう。

しっかり狙ったところにコントロールするのに、必要なことは・・・?

私なら、ラケットを縦方向にしっかり振っていくことを意識したい。

横振り、は絶対に安定しないですからね。

 

2.肩を入れて背中を向ければ、自然にラケットは縦に振れる

下から上へのスウィング、がテニスのストロークの基本。

でもつい、力が入ると身体が開いて右から左、左から右、という感じでラケットが横振りになってはしまいませんか?

その為に、肩を入れて背中を向ける。

そして、打ち終わってから前を向く、それまではしっかり我慢して縦に振る。

これだけで、ダウンザラインのコントロールは一気に改善されます。

錦織選手のバックハンド、もそう。

打ち終わりもコンパクトだし、構えがしっかり、相手に背中を向けるくらい肩が入っている。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

3.ダウンザラインのショットは、コントロールこそプレッシャーになる

シングルスの試合で勝てない人は、まずココを勘違いしている。

ダウンザラインのショットは、速くて威力が求められる・・・と。

エースを奪うために、必要なものを勘違いしているんです。

だって、ネットはコートの端にいくほど高くなる、つまりミスが増えるということ。

だからこそ、ダウンザラインのショットはコントロール力、が大事になるんです。

しっかりコントロールされたダウンザラインのショット、だからこそ相手にプレッシャーになる。

速く強く打とうとしてミス、しているのって、結局攻めているようで自分にプレッシャーをかけているだけ。

コントロールでプレッシャーをかける、この基本を見直してみましょう。

 

きっと、いつも以上に力が入るはず。

相手を動かして、よし!ダウンザラインだ・・・と。

ここで、コントロール重視の頭を持てるかどうか。

肩を入れて背中を向けて、コンパクトに縦に振り切れるかどうか。

この視点で、ぜひ全仏オープンも観てみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. シングルス

    シングルスの試合も、やっぱりクロスラリーが基本になる

    シングルスの試合、コートは広いようで意外と打つコースは限られている。…

  2. シングルス

    シングルスの試合で、体力温存したければ?

    シングルスの試合に出場しているみなさんに、必要なこと。それは間…

  3. シングルス

    テニスの試合、我慢こそ運を呼ぶきっかけになる

    テニスの試合、最後に勝てる人は我慢が出来る。序盤にしっかり、…

  4. テニス 守備

    シングルス

    シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバック狙いを身に付けよう…

    シングルスの練習をしたいけど、どんなメニューが良いかいつも悩んでしまう…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    3セットマッチで格上相手と勝負するなら、死に物狂いで第1セットを獲りにいこう

    アナタも試合で勝ち進んでいけば、3セットマッチの試合を経験することにな…

  6. テニス ボレー

    シングルス

    テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事

    テニスの試合、特にシングルスの試合で苦労すること。漠然と、相手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    テニスの練習や試合では、「その場で強く頭に刷り込む」意識の方が大事
  2. テニス メンタル

    その他

    マナーが良い選手は、大事な試合に勝てない?
  3. テニス メンタル

    フットワーク

    ほんの0.1秒、0.1メートルが、テニスではポイント差になる
  4. テニス サッカー

    フットワーク

    フットワークにスランプは無い、というのは本当です
  5. テニス メンタル

    その他

    久しぶりにテニスをすると、なぜ調子が良いのか?
PAGE TOP