テニス メンタル

シングルス

テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。

アナタ自身、どんな一年を過ごしてきましたか?

私が問いかけたいことは、たった一つ。

「本気で、本音で、テニスと向き合って来ましたか?」ということ。

みんなこれが出来ないから、成長出来ないのです。

 

テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

 


 

■「本気を出す」ことの怖さ

学生の皆さんも、社会人、ベテランで頑張る皆さんも、一様にこれが言えます。

「自分は本気で、テニスをやっている」ということが、怖くて言えない。

本気を出すことを周りにアピールすれば、それはその人の限界値だと思われる。

怖いから、黙って少し斜に構えてテニスをしている「フリ」をする。

もちろん、それなりに頑張ってはいますが、周りに宣言するくらいのリスクは冒さない。

それってすごく、勿体ないことだと思うんです。

 

■本気でした失敗、負けなら、それは「成功」と呼んで良い

「次の試合は、本気で戦う!」と、誰にでも良いので宣言してみて下さい。

そこから全てが始まります。

結果的に負けても、何も言わないでこっそり負けるより100倍以上の価値がある。

宣言したからには、本気で工夫するし準備する、試合中も諦めないでしょう。

だってそれが、アナタの「本気」になってしまうのですから。

こういう環境に、いかに自分から自分自身を移行出来るかが、テニスの成長には大事です。

 

■残り2か月で、やるべきことを書き出してみよう

2016年も残り2か月。

まだ、やり残したことがあれば間に合います。

試合も1つ、くらいの出場予定として残っているでしょう。

周りに何か宣言して、自分を追い込んでみませんか?

きっと全てが、変わるはず。

そしてその過程こそ、失敗しても成功につながる糧になることは間違いありません。

 

テニス歴、練習環境、持って生まれた体格やセンス。

私は全部、興味ありません。

その人のテニスを観れば、その人の人格であり努力、考えは分かる。

上辺だけで人を判断しない、されない為には、強い意志が求められる。

親しい人、にでも良いので宣言してみましょう。

本気のテニス、自分で約束してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    「バウンド後に外に逃げていくストローク」を打っていこう

    シングルスの試合で、求められるストローク。それは、外に逃げてい…

  2. テニス 準備

    シングルス

    浅いボールで崩されていること、に気付けない人に上達は無い

    「いやー、チャンスを決められなかったな・・・」と、自分では思っているの…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手・・・」な人は、シンプルにクロスラリー勝負を徹底しよう!

    シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手で・・・」という方の声を聞く機会…

  4. テニス ボレー

    シングルス

    負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術

    シングルスの試合で勝ち進みたいけど、ダブルスよりも何処に打って良いか分…

  5. シングルス

    シングルスの試合で「相手を後ろに下げるストローク」が打てたときには、迷わず前に詰めていこう!

    シングルスの試合で、有効にネットプレーを入れていくには基本が大事。…

  6. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「相手は簡単にミスしない」の精神で試合に入ること

    私は何度も、「相手からミスをもらうこと」の重要性を書いて来ました。…

特集記事

  1. テニス 準備

    リターン

    サーブの調子が良い相手には、遠慮なくロブリターンを
  2. テニス ダブルス

    戦術

    目に見えるスコアだけで、本当の差は見えてこない
  3. メンタル

    「チャンスボールを打つときに、カッコつけてスカしている」選手は、大事なポイントで…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「自信があるフリ」は、自分の頭をも凌駕していく
  5. ストローク

    ストロークの軸足は、「体重移動のときに変わる?」の疑問について
PAGE TOP