テニス 守備

シングルス

シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバック狙いを身に付けよう!

シングルスの練習をしたいけど、どんなメニューが良いかいつも悩んでしまう。

特にせっかくコートを贅沢に使えるようなときには、しっかり実戦的な練習をしたいですよね。

そこでまず、おススメしたいのが基本となるこのメニュー。

シングルスの試合で必要な、バックハンド側をしっかり狙うことを徹底出来るメニューについて。

改めて、見直してみましょう!

 

シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバック狙いを身に付けよう!

 


 

1.コート半分、対全部の設定でラリーを行う練習

やり方は簡単です。

片方の選手は、コート全面をカバーする、もう片方の選手はバックハンド側のみの半分のコートをカバーして、ラリーを進める。

全面をカバーする選手は、相手のバックハンド側にずっと返球するイメージで、コート半面の相手に対して基本的には粘るテニスで応戦する。

ここで大事なのは、しっかり相手コート半面、の中でも「回り込まれないくらい深く」バックハンド側に集めること。

すぐに浅くなったり、フォア側にボールが飛ぶようでは試合で使えません。

結構きつい練習ですが、しっかり相手からチャンスを引き出すイメージを持って、練習してみて下さい。

 

2.大事なのは、10球連続でミスしない自分のストローク力を知ること

10球連続、しっかりボールを相手バック側に打てますか?

そのスピードを自分でしっかり把握しておきましょう。

この練習では、どうやっても全面側が不利ですので、片面側の選手はあまり厳しく打たない。

練習台になるつもりで、しっかりミスせず相手にリズム良く打たせてあげる気持ちが大事です。

 

3.練習台の選手も、バックハンドを安定させる最高の練習に!

もちろん、片面の選手も良い練習になる。

何せ、バックハンドにしかボールが来ない訳ですから、ここでミスしているようでは試合にならない。

ですので、バックハンドをいかに安定的に返球出来るか、が大事になる。

しっかりクロス、踏み込んでダウンザライン、この2種類は自分の中でしっかり打ち分けられるようにしましょう。

 

人数が少ない、テニスコートが贅沢に使える学校、選手が強いとは限らない。

しっかり練習は考えてやらないと、ただラリーして、試合形式をして・・・と、いつもと同じ感じになってしまう。

だからこそ、しっかり内容を考えて「バックハンド攻撃」をまずは徹底して欲しい。

人数が多くてなかなかこういう練習が出来ないチームも、たまにはやってみましょう。

その分、大事に緊張感のある練習が出来ると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習で必要な意識5つ

    テニスのシングルスを戦う選手は、ここぞという場面でしっかりストレートに…

  2. テニス リターン

    シングルス

    シングルスには、自分というパートナーがいる

    最近のテニスの試合では、コーチングをベンチで受けることが出来る試合があ…

  3. シングルス

    テニスのシングルスの試合で必要な「クロスラリーでしっかり間を作る」為に必要な意識とは?

    今年はシングルスを頑張りたい!と思っている皆さん、全力で応援します。…

  4. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合で「スライスを使って粘る相手」には、ネットプレーは必ず必要です

    人それぞれ、試合ではプレースタイルがある。パッと見てまずはっき…

  5. シングルス

    シングルスの試合、パッシングショットは〇〇で良い

    シングルスの試合でも、前に出て来る選手はいます。ベテランの方…

特集記事

  1. ボレー

    初中級までのボレー、実は打点前過ぎる
  2. ダブルス

    8割のリターンは、「センターストラップの上を通過する」事実に目を向けよう
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで前衛の腕の見せどころは、これでしょう
  4. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合ですぐに足が疲れてしまう人は、「つま先を使い過ぎて負担が大きい」のか…
  5. ストローク

    鋭い振り抜きの為に必要な、シンプルな基本
PAGE TOP