テニス 守備

シングルス

シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバック狙いを身に付けよう!

シングルスの練習をしたいけど、どんなメニューが良いかいつも悩んでしまう。

特にせっかくコートを贅沢に使えるようなときには、しっかり実戦的な練習をしたいですよね。

そこでまず、おススメしたいのが基本となるこのメニュー。

シングルスの試合で必要な、バックハンド側をしっかり狙うことを徹底出来るメニューについて。

改めて、見直してみましょう!

 

シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバック狙いを身に付けよう!

 


 

1.コート半分、対全部の設定でラリーを行う練習

やり方は簡単です。

片方の選手は、コート全面をカバーする、もう片方の選手はバックハンド側のみの半分のコートをカバーして、ラリーを進める。

全面をカバーする選手は、相手のバックハンド側にずっと返球するイメージで、コート半面の相手に対して基本的には粘るテニスで応戦する。

ここで大事なのは、しっかり相手コート半面、の中でも「回り込まれないくらい深く」バックハンド側に集めること。

すぐに浅くなったり、フォア側にボールが飛ぶようでは試合で使えません。

結構きつい練習ですが、しっかり相手からチャンスを引き出すイメージを持って、練習してみて下さい。

 

2.大事なのは、10球連続でミスしない自分のストローク力を知ること

10球連続、しっかりボールを相手バック側に打てますか?

そのスピードを自分でしっかり把握しておきましょう。

この練習では、どうやっても全面側が不利ですので、片面側の選手はあまり厳しく打たない。

練習台になるつもりで、しっかりミスせず相手にリズム良く打たせてあげる気持ちが大事です。

 

3.練習台の選手も、バックハンドを安定させる最高の練習に!

もちろん、片面の選手も良い練習になる。

何せ、バックハンドにしかボールが来ない訳ですから、ここでミスしているようでは試合にならない。

ですので、バックハンドをいかに安定的に返球出来るか、が大事になる。

しっかりクロス、踏み込んでダウンザライン、この2種類は自分の中でしっかり打ち分けられるようにしましょう。

 

人数が少ない、テニスコートが贅沢に使える学校、選手が強いとは限らない。

しっかり練習は考えてやらないと、ただラリーして、試合形式をして・・・と、いつもと同じ感じになってしまう。

だからこそ、しっかり内容を考えて「バックハンド攻撃」をまずは徹底して欲しい。

人数が多くてなかなかこういう練習が出来ないチームも、たまにはやってみましょう。

その分、大事に緊張感のある練習が出来ると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. テニス サーブ

    シングルス

    「シングルスでのサーブ&ボレー」は、戦略的に使えば試合を優位に進められる!

    自分はストローク主体のプレースタイルだし、サーブもそんなに強くないから…

  2. シングルス

    シングルスでのネットプレー、キーワードは「お1人様ポーチ」

    シングルスの試合で、結果が出ずに行き詰まっているみなさん。ど…

  3. テニス リターン

    シングルス

    シングルスには、前衛がいないという事実

    シングルスの試合で、ストロークのミスが多い人。どこかで、ダブル…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    全豪オープンでジョコビッチ選手を苦しめた「センター返球セオリー」は、シングルスで有効な戦略です

    今年の全豪オープン、圧倒的な強さを見せつけたジョコビッチ選手ですが、唯…

  5. シングルス

    深いコース、の後に同じコースに浅く!

    シングルスの試合で、使える攻撃パターン。錦織選手も、この形でよ…

  6. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合でのサーブ&ボレーは、〇〇だけでシンプルに完成する

    サーブ&ボレー。って、上手い人、ボレーが得意な人だけが出来る事…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    アプローチショットに必要なのは、絶対にコレ
  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「リストワークでコースを変える」スマッシュを身に付けるとテニスの試合でポイントを…
  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝ちたければ、「対戦相手の個性を掴む能力」に磨きをかけましょう
  4. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「速いサーブを後ろに下がってリターンしている人」は、一度バウンド…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でのサーブ、ファーストもセカンドも、「スウィングスピードは同じ」だか…
PAGE TOP