テニス 攻撃

シングルス

テニスのシングルスの試合で「配球で相手を崩す」為に必要な、コート4分割の発想とは?

テニスをはじめ、ネットを挟んで対戦するスポーツのほとんどは。「相手のいない場所」にボールを運ぶスポーツ。

とはいえ、相手のレベルも上がれば良いポジションでカバーし、なかなかオープンスペースができ辛くなってきます。

必要なのは、相手を動かす意識とコートを分割する発想です。

 

テニスのシングルスの試合で「配球で相手を崩す」為に必要な、コート4分割の発想とは?

 


 

■コートを4分割にしたときに、対戦相手はどこにいる?

まずは、コートをシンプルに4つに分割してみましょう。

前の左右、後ろの左右で4つに分ける。

相手がどこに立っているのか、自分はどこのコースに打てば有効なのかを考えてみましょう。

初中級者の方でもシンプルに、ラリーの中でこの相手ポジションの把握は自然にできるように、意識してみて下さい。

 

■チャンスでは3歩相手を動かして、ゾーンを移動させよう!

自分がある程度狙える、コントロールできるボールが来たら、相手を3歩以上動かしてエリアを移動させましょう。

この「3歩」というのがポイントで、1歩や2歩では足りません。

3歩以上動くと、相手は「振られてるな・・・」と感じてくれる。

そしてエリアを移動することで、またエリアが空いて打てるコースも拡がります。

 

■移動して崩れるパターンを見つけると、シングルスの試合は勝ったようなもの

エリアの移動には、その人の特徴が現れます。

前に動くと、途端にミスが増える、自信が無さそうに打つ人。

または前から後ろ、が弱いなど、初中級の選手は特に特徴が出やすいです。

アナタ自身も、苦手な「移動エリア」ができないように注意しましょう。

 

■エリアを移動させていくと、相手が意識して警戒してくる

テニスの試合、配球では、相手に「自分の作戦」を意識させることが重要です。

これは、勘違いされますが相手にばれても良いんです。

むしろ、どんな作戦で何がしたいか分からない人は、試合で勝てません。

相手が警戒してこそ、また別な部分に隙が出来てくるのです。

 

よく実戦であるパターンが、「バックハンド側に集めておいて、フォア側で展開して決める」というパターン。

これも、相手にしっかり意識させてからエリアを移動させることで、ポイントに繋がりやすい。

前のショット、つまりはドロップ系が使えると、対角線でエリアを移動させることができますね。

自分で得意な配球・移動させるパターンを、いくつか作ってシングルスの試合に挑みましょう!

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    全力で前にダッシュして目の前に落とす、のはテニスでは難しい技術

    昨日の錦織選手の試合を観て、感じたこと。ドロップショットの処理…

  2. シングルス

    攻撃的なプレイヤーならあえて、「粘るイメージ」でシングルスの試合に入るのも悪くない作戦です

    アナタ自身、どんなプレーでシングルスの試合に入っているのか。意…

  3. シングルス

    試合に強いシコラーは、カウンターに要注意

    特にシングルスの試合で、みなさんも苦戦している相手。粘り強く…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュ!

    シングルスの試合、序盤の作戦を色々考える・・・よりも、こんなのどうでし…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう

    シングルスの試合は、どんどん早く進んでしまいがち。ダブルスのよ…

  6. テニス シングルス

特集記事

  1. 戦術

    感覚を自分で言語化出来れば、テニスは強くなる
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークが弱過ぎる・・・と悩む、女性やシニアのみなさんへ
  3. 戦術

    コートと喧嘩しちゃ、試合に勝てない
  4. ダブルス

    「ダブルスの連携術」はテニスの試合の中での優先権の確認から!
  5. テニス リターン

    メンタル

    相手のサーブの調子が良い試合こそ、焦ってはいけない
PAGE TOP