テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう

シングルスの試合は、どんどん早く進んでしまいがち。

ダブルスのようなペアでのコミュニケーションが無いので、試合のペースは自分でコントロールしないといけません。

自分でしっかり、時間を作る意識が無いと競った試合で勝つのは難しい。

ただゆっくり進めよう、という感じではなく「具体的にポイント間で何をするのか?」が大事。

私がお勧めなのは、「自分の場所」を作ること。

意識して、コートの後ろのほうに場所を作ってみませんか?

 

シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう

 


 

■ポイントが終われば、一度コートの後方へ移動する

コートの後ろのほうに立つと、テニスコート全体が客観的に見える。

そうすると落ち着いて作戦を整理出来ますし、精神的にも楽になれる。

一度騙されたと思って、試合でやってみて下さい。

20秒間に次のポイントにいけるようであれば、全く問題ありません。

取っても取られても、同じルーティンを繰り返すことが大事です。

 

■自分の時間を作ることは、試合中でも大事なこと

つい、試合中は周りを気にし過ぎてしまう。

ですが、自分の時間は試合中にこそ、意識して欲しい。

チェンジコートも大事なタイミングですが、2ゲームに1回、では少な過ぎる。

しっかり毎回のポイントをリセットして、次に気持ち良く入っていく、ルーティンを作っていきましょう。

 

■「試合のペースを遅くする」だけで、もしかすると試合に勝てるかも!?

やってみないとではありますが、試合のペースを意図的に遅くしてみましょう。

それでもまだ、きっとアナタの試合のペースは速いと私は思います。

それくらい、目に見えないプレッシャーで「早く試合を終わらせたい」と考えるのが、人間です。

やってみれば、何かの発見がある。

場所も見つかるかも知れませんし、それ以外に精神的に楽になる技を見つけることが出来るかも知れません。

 

「実力が無いと、恥ずかしい・・・」という気持ちは、捨てましょう。

恥ずかしいことなんて、ありません。

負けないように努力する、工夫する姿勢は、どんなレベルの選手にとっても大事なこと。

テニスコート上でしっかり、自分をコントロールする。

この意識はシングルスの試合こそ、強く持つようにして下さい。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事

    テニスの試合、特にシングルスの試合で苦労すること。漠然と、相手…

  2. テニス サーブ

    シングルス

    「シングルスでのサーブ&ボレー」は、戦略的に使えば試合を優位に進められる!

    自分はストローク主体のプレースタイルだし、サーブもそんなに強くないから…

  3. シングルス

    シングルスの試合で、ドロップショットをどこに打つ?

    シングルスの試合で、最近なかなか勝てないというみなさん。もしか…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュ!

    シングルスの試合、序盤の作戦を色々考える・・・よりも、こんなのどうでし…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    今すぐ、シングルスで強くなる秘策とは?

    シングルスの試合で、勝ちたいけど策が無い。そんな方に、今日は…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    ストローク

    何気なくウォーミングアップでやってるけど、「良いショートラリーと、悪いショートラ…
  2. テニス メロブ

    ロブ

    苦し紛れのロブは、大抵入らない
  3. その他

    「第90回全日本テニス選手権」本戦出場選手リストが発表!今年は面白いです
  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?
  5. テニス メンタル

    その他

    ボールを打っている時は、無表情で無愛想でも良い
PAGE TOP