テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう

目次

シングルスの試合は、どんどん早く進んでしまいがち。

ダブルスのようなペアでのコミュニケーションが無いので、試合のペースは自分でコントロールしないといけません。

自分でしっかり、時間を作る意識が無いと競った試合で勝つのは難しい。

ただゆっくり進めよう、という感じではなく「具体的にポイント間で何をするのか?」が大事。

私がお勧めなのは、「自分の場所」を作ること。

意識して、コートの後ろのほうに場所を作ってみませんか?

 

シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう

 


 

■ポイントが終われば、一度コートの後方へ移動する

コートの後ろのほうに立つと、テニスコート全体が客観的に見える。

そうすると落ち着いて作戦を整理出来ますし、精神的にも楽になれる。

一度騙されたと思って、試合でやってみて下さい。

20秒間に次のポイントにいけるようであれば、全く問題ありません。

取っても取られても、同じルーティンを繰り返すことが大事です。

 

■自分の時間を作ることは、試合中でも大事なこと

つい、試合中は周りを気にし過ぎてしまう。

ですが、自分の時間は試合中にこそ、意識して欲しい。

チェンジコートも大事なタイミングですが、2ゲームに1回、では少な過ぎる。

しっかり毎回のポイントをリセットして、次に気持ち良く入っていく、ルーティンを作っていきましょう。

 

■「試合のペースを遅くする」だけで、もしかすると試合に勝てるかも!?

やってみないとではありますが、試合のペースを意図的に遅くしてみましょう。

それでもまだ、きっとアナタの試合のペースは速いと私は思います。

それくらい、目に見えないプレッシャーで「早く試合を終わらせたい」と考えるのが、人間です。

やってみれば、何かの発見がある。

場所も見つかるかも知れませんし、それ以外に精神的に楽になる技を見つけることが出来るかも知れません。

 

「実力が無いと、恥ずかしい・・・」という気持ちは、捨てましょう。

恥ずかしいことなんて、ありません。

負けないように努力する、工夫する姿勢は、どんなレベルの選手にとっても大事なこと。

テニスコート上でしっかり、自分をコントロールする。

この意識はシングルスの試合こそ、強く持つようにして下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. Note はじめました
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス 確率

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で有効な「ドライブボレー」の使い方4つ

    最近の女子シングルスの試合は、グランドスロークが主体。それでも…

  2. テニス 準備

    シングルス

    シングルスの試合、例えば「4-4 30-30」のように絶対に獲りたいポイントのときは・・・?

    少し、イメージしてみて下さい。勝てばアナタは優勝、シングルスチ…

  3. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも

    シングルスの試合は1対1で戦う分、オープンスペースが広く感じてしまう。…

  4. シングルス

    シコラーを攻め切るには、シングルスでこの作戦!

    シングルスの試合、粘り強い相手との試合。それだけで、ちょっと気…

  5. テニス 錦織圭

    シングルス

    「全米オープン 錦織選手の敗退」に考える、シングルスでのシード選手との戦い方

    全米オープンでの錦織選手の初戦敗退。ショッキングなニュースが日…

  6. テニス シングルス

    シングルス

    「シングルスの試合は体力勝負」だけだと、余りに単純

    シングルスの試合、イメージだけが先行しているケースが多い。「体…

特集記事

  1. ストローク

    高い打点のストロークが打ち辛い人は、「ヘッドを立ててボールの横を捕らえる」スピン…
  2. ダブルス

    強いダブルスのペアを倒すなら、「あえての〇〇」の勇気が大事
  3. その他

    「試合に出続けながら苦しもう」スペインテニス界のトーナメント事情
  4. メンタル

    相手の安い挑発に乗って一人相撲、負けますよそりゃ
  5. テニス ストローク

    戦術

    「なんでこんなコースまで練習?」の答えとは?
PAGE TOP