テニス ダブルス

リターン

「スライスで遅いリターン」が打てると、シングルスでもダブルスでも大活躍です!

スライスでリターン、練習したことはありますか?

普段のストロークはトップスピンやフラットが主体で、なかなかスライスを打つ機会が少ないという人。

騙されたと思って、一度スライスの「リターン」だけでも磨いてみることをオススメします。

シングルス、ダブルス、共に攻撃的に使うことが出来てテニスの幅が格段に拡がるはずです。

 

「スライスで遅いリターン」が打てると、シングルスでもダブルスでも大活躍です!

 


 

■シングルスでは、「もうどうにも入らない!」ときの特効薬に

シングルスの試合、どうしてもリターンが入らない試合、ありませんか?

こういうときの為に、具体的な対策を準備しておくことはとても大事。

「ボールをよく見る」「脚を動かす」よりも、「スライスのグリップで山なりでも返球する」というほうが具体的で利きやすい。

相手からしても、「何かを変えて対応してくる」という選手は嫌なはず。

まず無難に、リターンを相手コートに返すときにはスライスは本当に便利です。

 

■ダブルスではサーブ&ボレーヤーへの有効な武器に

ダブルスの試合では、こちらもリターンで大活躍してくれるのがスライス。

サーブ&ボレーヤーに対して、遅くて浅いボールを打てれば足元に沈んで最高のリターンになります。

また同じ構えからロブも打ちやすいのが、スライスの利点。

相手に「前」と「後ろ」を見せておけば、攻撃的なプレーを抑え込むことができるのです!

男性でも女性でも、社会人になれば並行陣で戦うケースも増えてきます。

ぜひ学生のうちから、こういったリターンのバリエーションを磨いておいて下さい

 

■さて、スライスはどうやって打つ・・・?

まず、シンプルに練習しましょう。

コンチネンタルグリップ、つまりラケット面と手のひらが同じ向きに向くように、グリップを握手をする感じで握ってみて下さい。

そこからラケットヘッドを立てて、横を向いてボールの後ろを押し出していく。

決してこするような感じではありません。

慣れてきたら、ボレーと同様に前足を踏み込んでいくタイミングと一緒にボールをインパクトしてみると、より重いスライスも打てるようになります。

リターンで使えるまでには、簡単な球出しのボールから練習してみて下さい。

 

スライスは、磨けば磨く程試合で勝てます。

「速いテニス」に憧れていては、気持ちの良いショットは打てるかも知れませんが、試合で「凌ぐ」ことや相手の攻撃を「かわす」ことが出来なくなる。

スライスは大人のショット、ではなくて学生の皆さんにも必要なショットです。

ぜひ、今年は練習して試合で使えるように仕上げてみませんか?

きっとアナタのテニスが、変わるはずです。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. リターン

    リターンロブから相手を崩して、シンプルに決める方法

    ダブルスの試合で、リターンロブから相手を崩す。良いサーブを持っ…

  2. リターン

    ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です

    ダブルスの試合のリターンゲーム。みなさん、どういう戦い方がメイ…

  3. テニス 目

    リターン

    「睨みを利かせる」ことで、ポーチ予防になる!

    ダブルスの試合で、相手の前衛がどんどん動いて来る。当然、こうい…

  4. テニス ストローク

    リターン

    相手のサーブを乱すヒント、を見つけるコツ

    試合で気になるのは、自分のサーブの調子。でも、それだけじゃな…

  5. テニス ガスケ

    リターン

    セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる

    相手のサーブがなかなか攻略出来ないとき。まず大事なことって、何…

  6. テニス メンタル

    リターン

    「テニスでダブルス巧者のリターン」を身に付ける為の4つの視点

    テニスの試合で、ダブルス巧者はリターン巧者。相手のサーブをどう…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    相手の大チャンスで、「あえてオープンスペースに動かない」と、思わぬ効果が!
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットより低い位置からのボレーでは、「絶対にボールにスピードを出してはいけない」…
  3. テニス メンタル

    テニススクール

    千回のアドバイスより、一回の本気の失敗の方が身になる
  4. テニス 粘り

    その他

    テニスの試合で、相手に攻撃される!と感じたら慌てずに、「逃げのコース」をイメージ…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「ウォーミングアップはサーブ4本のみ」さて、テニスの試合前に何を確認する?
PAGE TOP