その他

アナタの成長をサポートできる、「優秀なテニスコーチ」を見極める方法5つ

テニスコーチにテニスを習っている、または部活でたまに指導してもらっている人も多いと思います。

皆さんとコーチで信頼関係、しっかり築けていますか?

見極める・・・という表現だと、「自分はそんなにテニス上手く無いし、何も言えない・・・」と思うかも知れませんが、自分自身で考えること自体は、とても大事。

いつかアナタ自身も、テニスを教える立場を経験するかも知れません。

ぜひこの機会に、考えてみて下さい。

 

アナタの成長をサポートできる、「優秀なテニスコーチ」を見極める方法5つ

 


 

1.「聞き上手」かどうか

一方的な指導は、テニスを始めて初期の頃は有効かも知れません。

ですがある程度技術が身に付いて、自分自身の特徴を伸ばしていく段階においては、選手自身が感じている部分や考えをコーチが把握しておくことが大事になります。

しっかりと「質問」のコミュニケーションが頻繁に無いと、主体的な成長は望めない。

これは特にジュニアや子どもたちを指導する際にも、大切だと思います。

 

2.客観的な視点があるかどうか

テニスの指導において、欠けてしまいがちなのが客観性。

「自分が培ってきた、身に付けてきたテニスを教えたい!」という考えは大事ですが、どんな選手に対しても画一化されたような指導では、あらゆる選手を育てていくのは難しい。

優秀なテニスコーチは、具体的なアドバイスの前にまず「事実」から共有してくれる場合が多い。

「今のは、打点がココになっていた」、「フットワークはこうなっていた」と、まずは動画を交えて共有してくれるくらいの客観性がある。

指導は現状をお互いで正確に把握し合えてから、というスタンスが大事だと思います。

アナタ自身、まずは自分を知るということが上達の第一歩です。

 

3.バランス感覚を持った長期的な視点

私が最も重要だと考えるのは、このポイントです。

どんな選手を育てるにせよ、スクールコーチをやるにせよ、テニスは大きく分けて3つの区分ができます。

「自分がやりたいテニス」、「自分がやるべきテニス」、そして「今、自分が出来るテニス」の3つ。

これをしっかり分析して、バランスを取りながら試合で勝てるテニスに仕上げていく道を、一緒に描けるかどうか。

特に、「やるべきテニス」を指導していくのは本当に難しい。

「やりたいテニス」とのバランス感をどう考えるか、適格なアドバイスが出来るテニスコーチは間違いなく優秀です。

 

4.嫌われる勇気

これも、大事な要素。

本音で言い合えない、選手とコーチの関係には未来が無い。

その責任は、特に学生を指導する際には主にコーチ側にあると言えるでしょう。

もし、アナタがテニスを指導される立場にあるのであれば、「本音で話せているか?」を、今一度考えてみましょう。

テニスを本気で、しっかり時間をかけて取り組める時間は少ない。

「あのとき、やりたいテニスについて正直に話せば良かった・・・」とならないよう、見つめ直して欲しいと思います。

 

5.結果を出せるコーチ

当たり前じゃん!と思うでしょう。

しかしこの結果、テニスの試合で勝てるように導いてくれるかどうかは、やはり重要な判断基準。

コーチを見極める、と書きましたが、「自分を成長させてくれたこの人の為に、必ず勝ちたい!」と思えるような出会い、探したいですね。

話してみないと、実際に指導を受けてみないと分からない・・・と思う方、まずは積極的にコミュニケーションを取るところから。

何でも良い、些細なことでもコーチと話してみる。

それだけで、きっとお互いで成長していけるはずです。

 

「自分にテニスを教えてくれる人を、選ぶなんて・・・」と思う方は、もう少し視野を拡げてみましょう。

テニスは教えられる、のではなく、一緒に作り上げていくもの。

実際に身体を動かして、試合で戦うのはアナタ自身なのです。

だからこそ、良いパートナーであるテニスコーチの存在は大きい。

スクールでも部活でも、まだいない・・・という人も、この機会にぜひ考えてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. その他

    同じコースに打ち続ければ、相手も眼が慣れるのは当たり前

    普段の練習、試合と何が違うのか。それって、大前提としては「慣れ…

  2. テニス メンタル

    その他

    「技術の前に体力作り」テニス以外のスポーツでも身に付けることができる体力の重要性

    何歳までが子供というのか分からないが、高校生はまだまだカテゴリーとして…

  3. その他

    「技術が足りない」という発想は、いかにも日本人らしい

    「テニスが上手くはない、出来ない」と、多くの人が思っていること…

  4. テニス 準備

    その他

    部活や限られた環境でテニスが強くなる人は、「仲間に頼ることが出来る」人です

    私も少なからず、限られた環境の中で成長出来る人、をたくさん観て来ました…

  5. テニス メンタル

    その他

    「普通に素振り練習しても、テニスの試合で勝つのは難しい・・・?」だからこそ工夫が必要なんです

    テニスの上達において基本となる練習、素振り。「なんだ古臭い・・…

  6. その他

    出来ないのではなく、やっていないだけ

    色々アドバイスされるけど、出来ないことばっかり。毎回同じコーチ…

特集記事

  1. ロブ

    ロブが上がると消極的になる、ではトーナメントで勝ち上がれない
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    ポーチに出るのが怖ければ、ポジションをしっかり前にしてプレッシャーをかけよう!
  3. メンタル

    「自分のテニスのモチベーションが上がらないとき」に実践したい4つのこと
  4. テニス フットワーク

    練習メニュー

    「このままじゃ、勝てない」と、練習で気付けるようにならないと
  5. テニス リターン

    練習メニュー

    「現状維持は後退である」という強い意識を持って挑もう
PAGE TOP