その他

ミスが多いときは、何も考えていないときがほとんど

目次

試合でミスが多い時。

こんなはずじゃ・・・と思っていても、どんどん試合は進みます。

ここで、修正出来るかどうか。

そもそも、自分はどういう時にミスが多くなるんだろうか、と考えてみれば。

恐らく、これじゃないですかね。

 

ミスが多いときは、何も考えていないときがほとんど

 


 

1.フワッとしていると、ミスが増える

どんなに準備しても、試合に入るとどこかフワッとしてしまう。

これ、みなさんも経験あるはずです。

フワッとしているとき、何も考えていないような瞬間、はあるはず。

でも、その時は気付かないんですよ。

「あとから思い出せば、もったいなかったな・・・」と、思うこと、みなさんもありますよね。

ミスが多い時って、そもそも考えていない時が多い。

これに気付いている、どこかで修正出来るかどうか、が大事なんです。

 

2.考える対象、はいつも相手

試合に入って、考える。

これ、自分について考え出すとキリが無いですよ。

だって、正直答えが無い訳ですから。

読者のみなさんは、それこそ毎日自分のテニスについて考えている訳じゃないですか。

考える対象は、自分じゃなくて相手。

相手について考え出すと、ミスが減ります。

客観性が持てて、自分のプレーがハッキリしてくるはず。

これも一つの、大事なテニスの試合のリズムですよ。

 

3.集中力を増していく習慣にしよう

私は、これで集中量をアップさせていきます。

徹底的に、相手について考える。

「バックハンドは苦手そうだな・・・スライスが頼りかな」

「ボレーは苦手そうだから、ポーチには出て来ないな」

という風に、相手の出来ないこと、苦手なこと、気にしなくて良いことを切っていく。

これで、集中力をアップさせていく。

自分の習慣みたいなもの、なんですよね。

どこか、ミスが多い時には、この自分に戻すだけ。

「相手について、考える」だけで良い。

そう考えておくと、試合でも慌てなくて良いですよ。

 



 

4.繰り返します、自分について考え過ぎないこと

相手について、で良いんです、基本は。

自分のテニスについて考えても、キリが無い。

当然、大事なことではありますよ。

でも、試合の現場でミスが多い時、自分のテニスについて考えるときってどうでしょう。

「フォアハンドって、どうやって打ってたっけ・・・?」と悩むようなこと、ばかりじゃないですか?

自分については、ライトに、あっさりと。

これくらいの意識で良いと思います。

悪いところに目を向けすぎても、ミスは止まらないし身体が硬くなるだけです。

 

5.お勧めの練習法

徹底的に、テニスプレイヤーを観察すること。

そして、その都度結論を出すことが大事です。

観察だけ、ではダメ。

普段の練習やスクールのレッスンで、「この人はこういう人かな・・・あ、やっぱりそうかも」という答えを自分なりに出していく。

そうすると、試合でも結構落ち着いて観察出来るし、迷いも消える。

自分のミスも、少なくなるでしょう。

これも一つの、試合で使えるテクニックです。

 

考えることで、よりミスが増える人、動けなくなる人。

こういう人は、ほとんど「自分ってどんなテニスだっけ・・・こんなはずじゃない・・・」と、迷いを巡らせているはず。

これは、考えているようで悩んでいるだけ。

だったら、パワーを相手に向けていきましょうよ。

これでかなり、ミスも減るはずですよ。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス 戦術

    その他

    テニスを通じて、「誰とどこで戦うか?」を考えていけば、マーケティング力だって養える

    テニスの試合、アナタはつい「真っ向勝負」にこだわっていないか?…

  2. その他

    テニス関連の記事は note へ

    いつも記事を購読頂きありがとうございますこちらのブログではT…

  3. テニス 名著

    その他

    説得力があると感じてもらえるなら、それは私がリスクを負ってているから

    みなさんの周りにも、「この人は、説得力あるな・・・」という人、いますよ…

  4. テニス サーブ

    その他

    「安全策や安定感は大事」だけど、長期的なテニスの視点では落とし穴になり兼ねない

    このサイトでは、テニスはとにかく安定感が大切であり、それをどう保つかに…

  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合の現場で必要な「修正力」について考えてみると、普段の練習から意識が変わります

    テニスの実力、一つ一つのショットは決して目を引くものが無くても、勝ち進…

  6. その他

    YouTubeチャンネルを成長させる、たった2つのコツ

    今回は、私が運営しているYouTubeチャンネルについて。ま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    「深いロブは、全部スマッシュ?」の発想に加えたいのが、アングルボレー
  2. ボレー

    ハイボレー、それって本当にハイボレー?
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「1、2のストローク」のタイミングで打てるようになると、アナタのテニスは変わる!…
  4. メンタル

    強くなるテニス選手は、「これくらいで良いか・・・」の「これくらい」が、ものすごく…
  5. テニス メンタル

    シングルス

    同じポジションでずっと打っても、シングルスではポイントは取り辛い
PAGE TOP