その他

ミスが多いときは、何も考えていないときがほとんど

試合でミスが多い時。

こんなはずじゃ・・・と思っていても、どんどん試合は進みます。

ここで、修正出来るかどうか。

そもそも、自分はどういう時にミスが多くなるんだろうか、と考えてみれば。

恐らく、これじゃないですかね。

 

ミスが多いときは、何も考えていないときがほとんど

 


 

1.フワッとしていると、ミスが増える

どんなに準備しても、試合に入るとどこかフワッとしてしまう。

これ、みなさんも経験あるはずです。

フワッとしているとき、何も考えていないような瞬間、はあるはず。

でも、その時は気付かないんですよ。

「あとから思い出せば、もったいなかったな・・・」と、思うこと、みなさんもありますよね。

ミスが多い時って、そもそも考えていない時が多い。

これに気付いている、どこかで修正出来るかどうか、が大事なんです。

 

2.考える対象、はいつも相手

試合に入って、考える。

これ、自分について考え出すとキリが無いですよ。

だって、正直答えが無い訳ですから。

読者のみなさんは、それこそ毎日自分のテニスについて考えている訳じゃないですか。

考える対象は、自分じゃなくて相手。

相手について考え出すと、ミスが減ります。

客観性が持てて、自分のプレーがハッキリしてくるはず。

これも一つの、大事なテニスの試合のリズムですよ。

 

3.集中力を増していく習慣にしよう

私は、これで集中量をアップさせていきます。

徹底的に、相手について考える。

「バックハンドは苦手そうだな・・・スライスが頼りかな」

「ボレーは苦手そうだから、ポーチには出て来ないな」

という風に、相手の出来ないこと、苦手なこと、気にしなくて良いことを切っていく。

これで、集中力をアップさせていく。

自分の習慣みたいなもの、なんですよね。

どこか、ミスが多い時には、この自分に戻すだけ。

「相手について、考える」だけで良い。

そう考えておくと、試合でも慌てなくて良いですよ。

 



 

4.繰り返します、自分について考え過ぎないこと

相手について、で良いんです、基本は。

自分のテニスについて考えても、キリが無い。

当然、大事なことではありますよ。

でも、試合の現場でミスが多い時、自分のテニスについて考えるときってどうでしょう。

「フォアハンドって、どうやって打ってたっけ・・・?」と悩むようなこと、ばかりじゃないですか?

自分については、ライトに、あっさりと。

これくらいの意識で良いと思います。

悪いところに目を向けすぎても、ミスは止まらないし身体が硬くなるだけです。

 

5.お勧めの練習法

徹底的に、テニスプレイヤーを観察すること。

そして、その都度結論を出すことが大事です。

観察だけ、ではダメ。

普段の練習やスクールのレッスンで、「この人はこういう人かな・・・あ、やっぱりそうかも」という答えを自分なりに出していく。

そうすると、試合でも結構落ち着いて観察出来るし、迷いも消える。

自分のミスも、少なくなるでしょう。

これも一つの、試合で使えるテクニックです。

 

考えることで、よりミスが増える人、動けなくなる人。

こういう人は、ほとんど「自分ってどんなテニスだっけ・・・こんなはずじゃない・・・」と、迷いを巡らせているはず。

これは、考えているようで悩んでいるだけ。

だったら、パワーを相手に向けていきましょうよ。

これでかなり、ミスも減るはずですよ。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. その他

    YouTubeをやると分かる、一生懸命の大切さ

    最近また、色々なところでYouTubeに関して声をかけて頂けるように…

  2. テニス マナー

    その他

    試合後に相手に感想を聞いてみるなら、「ある言葉」を使うと効果的に引き出せます

    試合後に、対戦相手と話す機会があれば、ぜひ色々聞いてみたい。と…

  3. テニス サーブ

    その他

    試合中に後ろを通る人がいるときには、積極的に先に通過させてあげよう

    今回は、本当にちょっとしたことなんですが・・・。テニスの試合を…

  4. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての「肩書き」を外したときに、アナタには何が残るだろうか?

    今回は少し、重たいお話を。いつも重たいと感じている方は、すみま…

  5. テニス 観察眼

    その他

    テニスにおいて、「ボールをよく見て!」と言われるけど、実際どれくらい見れば良いの?

    テニスやボールスポーツの基本は、ボールを良く見ることが何より大事と言わ…

  6. テニス 準備

    その他

    部活や限られた環境でテニスが強くなる人は、「仲間に頼ることが出来る」人です

    私も少なからず、限られた環境の中で成長出来る人、をたくさん観て来ました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 走力

    フットワーク

    「直線ダッシュで高速スィング」ができるようになると、今のテニスの実力でもスピード…
  2. テニス 打点

    ストローク

    「手より、まずは足」テニスの技術は下半身の動きがベースに、技術が威力を発揮する
  3. テニス ボレー

    メンタル

    ジャッジが汚い人は、そもそも余裕が無い
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「丁寧なスライスからのアプローチを覚える」と、ネットプレーへのつ…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    自分のセカンドサーブに、型が無いと思いませんか?
PAGE TOP