テニス ラケット

その他

ラケットを使ったボールキャッチが苦手な人は、試合前から相手に自信を与えてしまう

ちょっとした仕草で、その人のテニスの技量や意識、は表に出ます。

例えば、ラケットを使って「ボールをキャッチ」する行為。

試合前のウォーミングアップから、相手から送られたボールをラケットでキャッチしますよね。

この動きが滑らかかどうか。

周りから観られている、ことは常に意識しておくことが大事です。

 

ラケットを使ったボールキャッチが苦手な人は、試合前から相手に自信を与えてしまう

 


 

1.ラケットでボールをキャッチ、上手に出来ますか?

遠くから飛んで来たボールを、ラケットをでキャッチする。

ワンバンドだったり、時にはノーバウンドかも知れません。

高いバウンドや、低いバウンドもあるでしょう。

そこでスッと出したラケットで、しっかりボールの勢いを殺して、捕球する。

何気ない動作ですが、これがしっかり出来る人は相手に「上手そう・・・手強そう・・・」というプレッシャーを与えることが出来るのです。

 

2.動きが堅い人は、相手に上手に出られる

強い相手ほど、しっかり雰囲気を観察している。

ボールキャッチが堅いと、もしかしたら「タッチ感覚がイマイチなのかな・・・」と思ってしまう。

「ボレーは苦手そうだな・・・」と思って、試合の序盤からドロップ系のショットを入れてくるかも知れませんね。

私なら、試します。

ボールキャッチでラケット動作がぎこちない人は、概ねネットプレー、薄いグリップで操作できない。

この仮定は、大抵当たりますからね。

 

3.普段の練習から、ラケットでボールキャッチ、磨きましょう!

毎日の部活でも、しっかり意識すれば変わる。

ラケットでボールを捕球する、のをいかにスムーズに出来るかどうか。

ボールを拾う動作も、同じですね。

試合の中で、必ず何回も繰り返す動作ですから、やっぱりかっこよくスムーズに出来るとそれが自信にもなる。

立ち振る舞いで、自分の試合って変わりますよ。

 

自分がどう観られているのか、何気ないポイント間の雰囲気を大事にして欲しい。

動画で撮影してみると、よくわかりますよ。

「何だか、自信なさげだな・・・」と思うのは、きっとこういう細かい動作が慣れていないから。

プロ選手のプレー、ポイント間も観てみて下さい。

ボールボーイがいる試合がほとんどですが、きっとウォーミングアップの時とか、参考になるはずです!

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス 環境

    その他

    「自分に欠けている点」を把握した時点で、それは短所では無くなる

    テニスの試合、もしかしてアナタは「損」をしているかも知れない。そう…

  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合、「序盤にリードして少しずつ追いつかれてきた・・・」ら、アナタならどうしますか?

    テニスの試合、辛いときはどんなときですか?試合に負けそうなとき…

  3. テニス コントロール

    その他

    「なぜ、出来ないのか?」を、実は誰も真剣には考えない

    テニスの練習、試合、なかなか上手くいかない。これに、ある意味慣…

  4. その他

    読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

    来週にて実施させて頂く、読者ミーティングのイベント。第1回とい…

  5. その他

    自分で工夫や努力が出来ないのに、「周りに助けだけを求める人」は絶対にテニスも成長出来ない

    テニスを頑張っている人は、世の中に多い。ですが、本気で自分自身…

特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に有効なスマッシュは、「上に向かって打つから良い深さが出る」ことを意識しまし…
  2. テニス サーブ

    スマッシュ

    身体を後ろに傾けて打つスマッシュ、が実は9割
  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    「結果的に入っても取れる」フットワークを
  4. テニス テニスボール

    日々の雑記

    どんな風にお金を払っても、経験は買えない
  5. ストローク

    シングルスの試合で基本となる、サーブからのバックハンド狙いの展開
PAGE TOP