その他

テニスの練習が嫌いな人、試合が嫌いな人

正直で良いと、私は思いますよ。

どちらかの要素があるとダメ、なんてことはありません。

テニスを長く続けていれば、昔は好きだったものも嫌いになる、またはその逆もあるでしょう。

大事なのは、アナタ自身が我慢し過ぎないこと。

好きや嫌いがある、ということは悪いことではありません。

むしろ、自分を知るという意味では大事な要素だと思いますよ。

試合に強いのに、練習は嫌い?

不思議と、テニスってこういう人多いと思いませんか?

練習は好きじゃない、なのに試合は強い。

結果を出すのに、猛練習が必要・・・と思い込んでいる人からしたら、もう許せないような話かもしれません。

でも、こういう人は本当に練習が嫌い、という人も多いんです。

よく話を聞いてみると、当たり前のような結論に落ち着きます。

こういう人たちは、「ムダな練習が嫌い」なんですよね。


私にも苦手な練習があります

私も、苦手な練習があります。

それは、目的の無い練習。

ウォーミグアップの延長のような感じの練習って、あるじゃないですか。

私はこれが苦手です。

ウォーミングアップは各自で練習前に終えるのが原則、ショートラリーくらいまででしょう。

その後のラリーは、基本真剣勝負、目的重視。

自分のテーマをしっかり持って練習出来るから、良い練習になる。

それを、ずっとダラダラと何となくで進める練習は、私自身苦手です。

これを苦手、と思えない人は逆にまずいと思いますよ。

練習が好き、という人は目的を間違えがち

私たちは、試合に勝つことが狙い。

目的なはずですよね。

練習は、その手段なんです。

言ってみれば試合だけして勝てるようになるのであれば、それでも良い。

一つの方法ですからね。

「練習を積まないと上手くなれないのがテニス」というルール、決めごとはありません。

誤解されるかも知れませんが、練習が大好きという人は結構試合で勝てない人も多い。

目的が、練習の為の練習になって、プレッシャーが無い中でのテニスを実力と勘違いしがちですからね。

   

練習は前後、が大事

練習を始める前、終わった後。

これを考えるのが、本当に強くなる人の発想です。

練習前にはしっかり自分のテーマを準備して、練習後は振り返る。

テニスノートや動画を活用して、客観性を求める。

繰り返し書いて来ましたが、やっている人は少ないですから。

少ないからこそ、アナタ自身の差別化になるんです。

練習が嫌いで試合に強い人って、練習する時はしっかり準備して集中してるんですよね。

それでもって、短い時間で成果を出そうと必死になっている。

練習好きだけど試合に勝てない、という人は練習の前後を変えましょう。

今のままじゃダメなんだ、と思えたら、練習への意識も変わると思いますよ。


自分の感情に、率直に向き合う。

そして、それはなぜなのかを考えてみて下さい。

昔は好きだった練習に、イマイチ身が入らないならそこに理由があるはず。

「モチベーションが上がらない」のは、アナタ自身が悪いわけじゃない。

何かを変える、まさにその時なんだと私は思いますよ

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス 戦術

    その他

    試合で着るウェア、自分をコントロールする意味で使い分けてみませんか?

    みなさんは試合で着るウェア、どうやって選んでいますか?団体戦や…

  2. テニス メンタル
  3. テニス ボール

    その他

    テニスの試合で「対戦相手にボールを渡すとき」に、注意したいマナー4つ

    テニスの試合は基本的にセルフジャッジで、ボールパーソンも無し。…

  4. テニス ラグビー
  5. その他

    あるレベルからは、「自分の色を出していけないテニス選手」は淘汰される

    テニス選手は、千差万別。基本となる部分を身に付けた先は、アナタ…

  6. テニス 気付き

    その他

    リーダーになった時点で、止まる人と伸びる人

    学生時代に、テニス部やサークルに所属していた人。社会人になって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    相手を動かすテニス、と並行して、しっかり打つテニスも練習していこう
  2. テニス ミス

    メンタル

    「1本集中!」ばかり口癖にしていては、狼少年になる
  3. テニス メンタル

    戦術

    相手にリードされてから頑張る、人がほとんど
  4. テニス トレーニング

    練習メニュー

    自分が好きな練習しか出来ない人は、結局その程度のテニス選手
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットは、「踏み込んで高い打点から打つこと」で、より相手は動けなくなる…
PAGE TOP