テニス知識

雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

テニスの練習にとって、天敵の一つが雨。

これからの季節、悩ましい問題ですよね・・・。

オムニコートでも、水たまりが残っているとプレーが出来ない。

でも、雨さえやんでいれば、水たまりさえ何とかすればプレー出来るようなケース、も多いじゃないですか。

1つでも持っておけば、実はプレーできる機会が増えるかも知れない。

今回は、そんなマル秘グッズをご紹介します!

 

雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

 

1.私たちの時代は、新聞紙と雑巾

この2つ、は常にコート脇に置いてありました。

特に試合がある日は、各自で持ち寄ったりしてましたね。

とにかく、新聞紙と雑巾で、何とか水を外に出す。

「これが出来れば何とかなる!」と思って、必死で水はけを頑張ってました。

でも・・・やっぱり、効率的に難しいんですよね。

だってこの2つ、濡れたらもう終わりですから。

たくさん用意して、たくさん消費していく感じ・・・で何とかする感じ。

でも、今は便利な道具が出来てるんですよね。

 

2.少年野球の練習風景で見て、これは使える!

と、思いました。

先日雨の週末で、近くで少年野球チームがグランド整備をしていると・・・これ、使ってたんです。

出典:amazon

その名も、FIELDCONDITIONER「たまらん」。

ウォーターバキューマー、とも呼ばれるらしいです。

もう、写真を見れば使い方までイメージ出来ると思いますが、スポンジで吸い取って、網でこしてバケツに水を貯める。

この繰り返し、をバケツ一杯になるまで出来ますから、かなり効率的だと思いますよ。

出典:amazon

雑巾や新聞紙だと、吸ってその道具自体を外に移動しないといけないですからね。

それに、再利用するにも時間がかかるし、その日はもう使えない。

でも、このスポンジなら、こしてまた吸って、を繰り返すことが出来る。

いや、よく考えられているなと思いましたよ。

 

3.部活やサークルなら3つあれば充分

学生時代に、これが欲しかった・・・と。

水はけの時間ってすごく長いし、辛かった記憶しかないですから。

部活やサークル、なら3つくらいあればすごく楽に水はけ出来るでしょう。

雨が止んでるのにテニスが出来ない、のはもったいないですしね。

これからの梅雨の時期、個人でもチームでも、お勧めのグッズです。

 

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. テニス シューズ
  2. テニス 凌駕

    テニス知識

    あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

    試合が続く夏場・・・皆さん、夏バテや夏風邪、悩まされていませんか?…

  3. テニス知識

    夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

    夏の日焼け対策、男性はつい、忘れがちですよね。面倒で塗り直すこ…

  4. テニス知識

    痙攣は、慌てなければおさまることも多い

    みなさんも試合の中で、経験あるんじゃないでしょうか?足が痙攣し…

  5. テニス

    テニス知識

    急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

    テニス選手にとっても、また学生、社会人の皆さんにとっても、体調管理は重…

  6. テニス コントロール

    テニス知識

    ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

    T-PRESS読者の皆さんの中には、漫画「ベイビーステップ」を購読して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 攻撃

    練習メニュー

    「手堅い並行陣」を崩す、テニスの試合におけるロブの戦略を磨く練習メニュー
  2. テニス メンタル

    サーブ

    自分のサーブのトスのやり直しは、1ゲームに1回までが目安でしょう
  3. テニス サーブ

    サーブ

    安定感の無い選手のほとんどが、サーブに力を使い過ぎている
  4. テニス メンタル

    戦術

    小さなポジションのズレを、強い相手は見逃さない
  5. ダブルス

    相手が「陣形を作ろうとするショット」を、見逃してはいけない
PAGE TOP