戦術

テニスの基本戦術5つ

テニスの試合で必要な、基本戦術。

これは、ITF(国際テニス連盟)が教本で紹介しているものがあり、改めて今回はその5つをご紹介させて頂きます。

当たり前のようですが、いざ自分に置き換えてみると、まだまだ出来ることがある。

同時に、相手にこれをやられて負けてしまう試合、もあるはず。

どのレベルにも、どんな種目にも、必要な戦術として。

ぜひ、みなさんもご自分の試合をイメージしながら、読んで確認してみて下さい。

1.武器を使う

しっかり、これを意識すること。

一番簡単なようで、実は一番難しいのがコレです。

みなさん、ご自分の武器をまず「知る」ことは出来てますか?

自分の武器を使う、その手持ちのオプションは何があるのか。

そして、それをしっかりと試合で使う意志はあるのか。

武器を使う為には、練習からしっかりと積極的な姿勢を貫くことが大事。

そして、相手の反応を見ることですね。

武器を使う、確認する、しっかりと意識していきましょう。

2.弱点を突く

相手の、弱点を突く。

これも、テニスの試合では大事な大原則。

でも、なかなかそんな余裕は無いんじゃないでしょうか。

まず、相手を見る前に自分のことで精いっぱい、という感じをどこかで脱却していく。

意識としては、「相手に必ず、弱点がある」という自覚が大事。

弱点を突けば、どんなに強い相手でも倒せるという感覚を、しっかり養っていきましょう。

その為に必要なのは、速いショットよりも確実に出来るコントロールショット、スライスやドロップショット等ですね。

ぜひ、意識して練習していきましょう。

3.ミスを減らす

自分の中で、つい見落としがちになってしまうこと。

それは、ミスを減らすということ、を本気で考えることです。

これも、ITFが推奨している基本戦術、です。

ミスを減らすための具体策、練習方法はイメージ出来ますか?

ただのメンタル頼み?

それではずっと、同じことの繰り返しになります。

ミスを減らす意欲があれば、テニスは変えられる。

ぜひ、これも強く意識して戦術面として取り入れていきましょう。

4.相手を動かす

これは武器を使う、のと併せて確認しておきたいポイント。

テニスは相手を動かし、2バウンド目を奪ったりミスを誘う競技。

どんなに速いボールでも、相手がその場でしっかり構えていれば、それは返されてしまう。

相手を動かす、私の感覚では3歩以上動けば止まるのも難しくなるのがテニス。

前後に、そして左右に、立体的にテニスコートを使えるように意識してみて下さい。

今、アナタ自身が持っているショットでも充分、相手を動かすことは出来ます。

キーワードは、3歩以上です。

5.良いショットの後に、良いポジション

ここで、テニス選手としての本当の実力が問われます。

基本となる戦術、1~4の戦術のベースとなる部分として、この項目があります。

テニスは相手とラリーをしながら、時間を奪い合う競技。

ボールキープは出来ないので、相手は必ず打ち返して来る競技、です。

良いショットの後に、相手が触る前に良いポジション、を取れるかどうか。

そのスピードを、どう作るのか。

相手からは、どう奪うのか。

ぜひ、良いショットを打った後に良いポジション、意識してみて下さい。

良いショット、だけではダメなのがテニスですから。

この5項目、どれもシンプルですが言葉として非常に強いですよね。

みなさんの今のテニス、どれが出来ていて、どれが不十分なのか。

ぜひ、ご自身で自分の動画を観ながら、チェックしてみて下さい。

プレー中の意識は大事ですが、それだけで精一杯にならないように。

あくまで、客観的に、項目別に自分を確認していくこと。

それが出来れば、まだまだステップアップ出来るはずです!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス 準備

    戦術

    浅いボール、ストロークで振り切れてますか?

    試合でしっかり、自分からポイントを取れる選手。は、やっぱりこの…

  2. 戦術

    テニスにおけるベストなポジションなんて、無い

    ベターなポジションは、ある。でも、これがベストという陣形やポ…

  3. 戦術

    相手の良いショットは、「続かない」

    試合の中で、私自身がいつも意識していること。特に、格上相手と…

  4. 戦術

    速い段階での戦術ミスは、試合で許される

    どんなスポーツにも、共通すること。そして「試合が上手い」選手が…

  5. 戦術

    「で、君のプレースタイルは何?」テニスの試合で必要な、攻撃とミスをもらうという攻め方

    さぁ、試合シーズンだ!!夏は大会がたくさんあるからね。…

  6. テニス 観察眼

    戦術

    「身体が覚えるまでやる」、とは理解するのと同義語

    よく練習で、「身体が覚えるまでやる」という表現を使う人がいますよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    自分でコントロール出来ない要素に言い訳、テニス選手の成長を阻害していく
  2. テニス スマッシュ

    戦術

    ノーアドバンテージ形式の試合は、とにかく「先行型」が大前提
  3. 戦術

    フォローして来る相手を、外す技術を
  4. テニス メンタル

    戦術

    試合中盤までに「相手の一番良い球」を、必死で攻略しよう
  5. テニス 戦術

    メンタル

    試合では、良いポイントを3つ続けるのが大変なんです
PAGE TOP