テニス 予測

メンタル

「今日を変えないと、明日は変わらない」ことに気付いた人から、テニスも強くなる

月曜日から学校、会社。

木曜日はテニススクールに行って、土日はどちらかテニスサークルで練習。

3か月に1回くらいの草トー大会。

悪くない毎日ですが・・・きっとこのままだと、来年も再来年も、10年後も変わらないかも知れませんね。

 

「今日を変えないと、明日は変わらない」ことに気付いた人から、テニスも強くなる

 


 

1.試合に勝つとは、「人との違いを示す」ということ

皆さんは、きっとテニスの試合に勝ちたいと思ってるはず。

それも、1回戦や2回戦を勝つ、というのが目標では無いでしょう。

トーナメントを勝ち抜いて、市や県の上位に入る、代表になって全国大会に出る。

それくらいを目指している方が、多いと思います。

つまり、「他の人との違い」を示していけるかどうか。

テニスの試合で勝つ、勝ち抜いていくには、他の人と違いを示して試合に勝ちぬいていかないといけないのです。

このこと、まずはしっかり考えておくことが大事です。

 

2.昨日と同じ今日、に危機感を持てるかどうか

テニスの試合は、非日常の世界。

何が起きるか分からないし、勝負の世界での駆け引きは厳しいことの連続。

毎日、自分に挑戦して変えていかないと・・・日々の生活自体が、テニスの試合での「勝ち」を遠ざけてしまう可能性が高い。

試合に勝つ人って、何かに「飢えて」いる。

不完全燃焼を許せない、そんな熱いエネルギーがある。

皆さん、テニス歴が長い人ほど、どこかにこういったエネルギーを忘れて来てはいませんか?

 

3.毎日何か1つ、新しく変えてみる

私もつい、怠けてしまう。

ですが、毎日何かを変えていく意識は大事です。

この記事を書こうと思って、今日・・・私は、いつもと違う道を通って会社に行ってみました。

「だから何だ?」と言われると返す言葉が無いのですが、もしかしたら新しい発見があるかも知れない。

テニスシューズも、今までの軽いものから少しガッチリしたものに先週変えました。

ついでに、ラケットも・・・。

とにかく、毎日、あがいています。

今日を変えて、明日を変えていきたいと。

書いている本人が、実践していないと説得力が無いですからね。

 

学生の皆さんは、ほとんどが毎日、毎週、決まった生活の繰り返しですよね。

でも、新しい自分に出会うために、今日を変えてみる。

この勇気があれば、明日・・・どころか、テニス自体が変わっていくでしょう。

試合に強くなる選手は、こういう挑戦が大好き。

ちょっとした気付き、がある選手から変わっていく、結果を出していく。

さぁ、今日は何を新しく、変えてみましょうか?

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス 試合

    メンタル

    テニスは「試合に出れるようになってから出る」という発想は、必要無い

    試合に出るには、実力が必要?それなりには必要?もちろん…

  2. テニス スポーツ

    メンタル

    テニスの試合で乗り越えて実践しないといけない、「勇気が求められる」場面やプレー4つ

    テニスの試合では、お互いにネットを挟んで対峙している。ですがテ…

  3. テニス リターン

    メンタル

    「試合内容が良くても結果が出せない」人に共通する、テニス選手の特徴について

    よく試合会場で聞くのが、「内容は良かったけど、勝てなかったね・・・」と…

  4. テニス ダブルス

    メンタル

    自分を「上手く見せよう」というテニスは、もう止めにしませんか?

    私は、カミングアウトさせてもらうと非常に見栄っ張りです。いつも…

  5. テニス ポジショニング

    メンタル

    「人に合わせるテニス」だと、いつも他人のせいに出来る

    テニスは、一人では成長出来ない。私は何度も、周りの仲間の大切さ…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負ける理由を、「いつまでもメンタルの弱さ」のせいにしているから、成長しない

    テニスは「メンタル」が重要なスポーツ、と言われます。確かにシン…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークを前衛の足元に沈めたい・・・」並行陣を崩すコンパクトなストローク術5…
  2. シングルス

    シングルスでネットに出るのが、怖い方に
  3. その他

    テニス選手だったら、「テニス語」を使って海外の人とも仲良くなろう!
  4. テニス ハードコート

    その他

    「いよいよ来週開幕!」テニス好きなら楽天ジャパンオープンに足を運んで欲しい5つの…
  5. 戦術

    試合に勝てる人は、特別な人じゃない
PAGE TOP