テニス 客観視

メンタル

テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします

あと少しで、自分の試合が始まる。

そんなときに皆さんは、どんな過ごし方をしていますか?

私は一つの習慣として、トイレに行って鏡を見てある「暗示」をかけるようにしています。

それはここで書くのも少し恥ずかしいんですが・・・まずは、「自分を認めてあげること」です。

それは自分のテニスで、しっかり戦えば勝てる、ということを確認する作業。

レベルに関わらず、試合前には覚悟を決めることが大事です。

 

テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします

 


 

■試合前に慌てても、しょうがない

試合前に情緒不安定になることも、人間ですから誰にでもあります。

勝ちたい、というよりも負けるのが怖い。

特に自分の知っている相手、絶対負けたくない相手と試合をする前は、不安もたくさんよぎります。

そんなときには、まずトイレに行って鏡の前に立つ。

大きな鏡の前に立った自分が、どう見えているか、確認してみて下さい。

そこで自分にかける暗示、考えてみて下さい。

 

■「自分のテニス」を信じること、認めてあげること

テニスをやっているときの自分自身、好きになれていますか?

認めてあげること、自分自身で出来ていますか?

試合ではつい、失点したり出来ないことがあると自分を責めたくなる。

でもそれは、試合が終わってからでOK。

試合中は、自分を信じて持っている武器で戦わなければいけません。

その為にも、「今自分に出来るテニス、自信がある部分」をしっかり認めてあげて、ポジティブな気持ちで試合に入っていけるように。

その準備の場としては、大きな鏡があるトイレを私はオススメします。

 

■テニスの試合は、楽しんだもん勝ち

こう思えるようになれば、試合はもう勝ったようなもの。

鏡に映された自分自身の姿、どう映っていますか?

楽しもうという気持ちに溢れているか、そうで無ければ我慢のテニスも必要でしょう。

その日の自分を、客観的に知る。

自分のその日の調子を感じることが出来れば、悪いなりのテニスをすることも出来る。

そんなことを感じる場としても、試合前の時間はとても大事です。

 

当たり前ですが、人間ですから調子が良いときも悪いときもある。

大事なのは、「ん、今日は調子、イマイチかも・・・」というのを、試合前に知ること。

試合が開始されて、ズルズルいったときに気付いても、もう遅い。

試合前の時間で、自分としっかり向き合うこと。

体調や気分、鏡に映された自分を見て、まずいと思ったらそれも受け入れる。

そんな感受性、ぜひ意識して磨いてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「時間無制限!」テニスの試合はラストポイントまで続いてくという意識を持って

    テニスの試合に時間制限は無い。さくさく試合が進むと、3セットマ…

  2. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスのセルフジャッジの試合では、「いかに冷静さを保つか」が勝利のカギを握ります

    テニスの試合は、セルフジャッジ。選手同士が審判の役割も兼ねてい…

  3. メンタル

    自分にはテクニックがある、と本当に思ってる?

    自分のテクニックに自信がある人。これは、試合で良くも悪くも、大…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「声を出してうるさい相手」ほど、黙らせれば楽に勝てる

    テニスの試合、どの会場にいてもうるさい選手はいる。声を出して試…

  5. テニス 準備

    メンタル

    テニスの試合は「いつもスロースターターで苦労する・・・」君に送る、メッセージ

    このサイトでは、何度も試合は「序盤が勝負!」ということを書いてきました…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「勝ちに徹するテニスが、楽しいと思えない」のは、自分が本気になるのが怖いから

    今回アンケートを実施させて頂く中で、厳しいご意見もたくさん頂きました。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、ドロップショットの使い方5つ
  2. テニス スライス

    ストローク

    スライスのストロークが上手く打てない人は、「ラケットを頭の位置よりしっかり上げて…
  3. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールの上級クラスでは、「倒してあげること」が最高の指導
  4. ボレー

    初中級までのボレー、実は打点前過ぎる
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    「バウンドの高さに合わせたテイクバック」で、テニスのストロークはより正確になる!…
PAGE TOP