テニス ストローク

ストローク

ドロップショットは、「踏み込んで高い打点から打つこと」で、より相手は動けなくなる

ドロップショットが使えると、相手は前を警戒して後ろに下がれなくなる。

粘り強いプレイヤーを相手にしたときには、上手く前を使うことで相手の守備力を下げる、ポジションを前にすることが出来ます。

よく言われますが、ドロップショットには「演技力」も大事。

いかにも「次は強打で深く打つぞ・・・!」と見せかけて、相手の重心とポジションを後ろにすることが出来るかが重要です。

 

ドロップショットは、「踏み込んで高い打点から打つこと」で、より相手は動けなくなる

 


 

■深いボールを警戒するのは、どんなとき?

アナタもストロークでラリーをしていて、相手の深いボールを予測する機会があると思います。

それは恐らく、自分のボールが浅く高くなって、相手が高い打点で打ち込もうとしているとき・・・ではないでしょうか。

まずはこのしっかり打ち込む構えを見せ付けることで、相手はドロップショットを警戒し辛くなります。

アナタ自身が深く鋭いショットを打っていればなおさら、ですね。

 

■高い打点からは、ドロップショットが打ちやすい!

実際に高い打点で打つ格好を見せることで、立派な演技になってドロップショットは決まりやすくなります。

それ以外にも実はメリットはあって、高い打点からサイドスライスを使うことでドロップショットは打ちやすくなります。

自分の胸くらいの高さは、ボールのコントロールもしやすいですし、少しボールを山なりにするだけでOK。

低いボールは一度しっかり上に軌道を確保しないといけないので、ドロップショットにはあまり向いていません。

相手に気付かれて、反撃される可能性も大、です。

 

■深い強打とドロップショットは、2つで1つの大きな武器に

深いショットとドロップショットは、同じ構えから打てると最高の武器になります。

どちらも序盤で見せておくと、相手は警戒して受け身になり、両方のショットが決まりやすくなるでしょう。

深いボール、速いボールでのエースにこだわっていては、足が速く粘り強い相手を崩すのは難しい。

きっとアナタからミスをして自滅してしまう・・・そんな経験、無いですか?

 

ドロップショットは、実戦の中で使っていくことが大事。

その中で感覚が磨かれて、相手を動かす意識が身に付いてきます。

失敗しても、それが「コートに入った失敗」なら大丈夫!

相手は動かされたことが印象に残っているので、ただ無意味に失った1ポイントでは無いのです。

ぜひ、普段の練習から「高い打点での2パターンの攻撃」を意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. ストローク

    フォアハンドのコントロールアップ、を目指す方へ

    試合になると、なかなか思い通りにならないショット。フォアハン…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットの真ん中より少し下側」で打つと、トップスピンロブは回転がかかりやすい!

    飛び過ぎるとアウトするし、短いと打ち込まれてしまう・・・。トッ…

  3. ストローク

    初中級の壁を越えるなら、ストロークを振り切ること

    初中級者の壁を越えたい、と考えている方。越えられます、すぐに。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    試合で攻撃的な重たいスライスは、コツさえつかめば女性でも簡単に打てます

    試合で重たいスライス、打って前にアプローチ・・・理想ですよね。…

  5. ストローク

    深いストロークのカウンターショット、テイクバックのタイミングに秘密有り

    相手のストロークが深い、ベースライン上で足下をえぐられるような時。…

  6. ストローク

    「フルスウィングでゆっくりね」しっかり振り切ることでテニスの試合で使えるストロークに

    強さを求めているとどうしても「速さが欲しい!」「パワーショット打ちたい…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    戦術

    テニスの試合では、「変化は自ら興す」ことで試合に勝てる選手になれる
  2. ダブルス

    後ろでつないでくるダブルス相手には、「深いボレーとロブのケア」でバッチリ対抗出来…
  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    前にドロップショット、フォアハンドで拾うことが一番
  4. テニス ダブルス

    Q&A

    Q&A「ダブルスでの陣形、並行陣とダブルス前衛って、何が違うの?」
  5. メンタル

    練習の頻度に関わらず、テニス歴3年以上なら「習う」段階から卒業していこう
PAGE TOP