テニス メンタル

戦術

「視野を広げたい」テニスで相手にコースを読ませないショットには回転量が不可欠

テニスコートの広さって微妙だね。

広いと言えば広いが、狭いと言えば狭い。

 

「視野を広げたい」テニスで相手にコースを読ませないショットには回転量が不可欠

 


 

弱い相手だと空いているスペースがいくらでも見えて、「相手コートは広い!」って感じられるけど、強い相手だとシングルスのコートに一人しか立ってないのに打つところがないように感じるくらい、コートが小さく感じてしまう。

でもやっぱりテニスはスペースを使って戦術を組み立てるスポーツだから、相手コートの空いているスペースを見つけて攻撃に生かさなきゃいけないし、自分のコートのスペースもちゃんと把握しておかないといけない。

そのためには視野が広くないといけないんだけど、結構プレー中ってボールとコートと相手しか見えてなかったりする人が多いんだよね

視野を広くするためにはどうすればいいのだろう。

まずそもそも視野が広いというのは、どういうことかと言うと、自分がちゃんと狙える範囲が広いということ。

コントロール力がない人は端っこ狙えないから、コートの端なんて見ようとしない。

 

自分が好きなコースとかコートの真ん中しか打てないから、そういう人の視野は狭くなる

一方サイドライン辺りまできっちり狙えるうえに、ロブなども駆使して上の空間も使える人は当然、その狙える範囲が打つショットの候補に挙げられるから、視野は広くなりやすいんだよ。

でも、いくらどこにでも打てるコントロール力があっても、打つコースをすぐに決めてしまうと、せっかくの広い視野も無駄になるから要注意。

ボールを打つギリギリまで、次に打つコースの候補をわざと選ばないようにして、複数の候補の状態のまま相手に「この候補の中から俺はどれを選ぶでしょうか!?」ってな感じで、しっかり構えると、相手はコースが読めずに思わず足が止められて動けなくなるんだよ。

と言うことは、しっかりと深さや上の空間、そしてサイドラインいっぱいの横の広さなんかを強調できるコントロール力がないと、視野は広くしにくいってことだ。

 



 

で、その大事なコントロール力を一番手っ取り早く得るためには、ボールの回転量を増やすことかな

もちろんバランスや軸足の踏ん張り、姿勢なども大事なんだけどね。

回転量を増やすことがイメージ作りに役立つと思う。

「なんであそこに打たなかったんだろう」試合中、ポイントの合間にいつもそうやって反省してしまう人、そんな人は視野が狭いと思うよ。

ストロークもボレーも回転量増やしてコントロール力を上げて、コートの端っこや上の空間をいつでも、きっちり狙えるようなショットが用意出来たら、そこで狙えるようになった範囲の広さや空間を全て視野に入れられる。

視野を広げてよりテニスを楽しめるようにしよう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合でつい決め急いでしまうのは、「ゲームメイク力に自信が無いから」です

    テニスの試合、ついチャンスを決め急いでしまう人。どこか、ラリー…

  2. テニス メンタル

    戦術

    試合で負けるときは、自分で決めている場合がほとんど

    今日は、「分かっているけど、厳しい・・・」というお話。試合は、…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    深いボレーがアウトになるのは、技術的な問題じゃない

    ハイボレーを打って、ベースラインを数cm越えて、アウト。これは…

  4. 戦術

    「相手に勝つイメージ」の作り方のコツ5つ

    試合前に、集中力を高めて、ぜひやって欲しいこと。それは、どん…

  5. テニス ボール

    戦術

    試合はニューボール、だから気を付けたい5つのこと

    みなさんの練習は、ある程度使い込んだ練習球。でも試合では、ほと…

  6. 戦術

    ダブルスの試合を、配球で制したいなら

    センターセオリー、という言葉。みなさんも、一度なら聞いたこと…

特集記事

  1. テニス 打点

    ボレー

    テニスの試合では「ボールを打っていないときの動き」でネットプレーのレベルが決まる…
  2. ボレー

    叩くふりしてドロップ、が試合で最高に使えるボレー
  3. リターン

    相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    なぜおじさん、おばさんのダブルスは並行陣主体なのか?
  5. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「サーブを打つ前に、どこを見る?」基本的な順番から覚えましょう!
PAGE TOP