テニス メンタル

戦術

「視野を広げたい」テニスで相手にコースを読ませないショットには回転量が不可欠

テニスコートの広さって微妙だね。

広いと言えば広いが、狭いと言えば狭い。

 

「視野を広げたい」テニスで相手にコースを読ませないショットには回転量が不可欠

 


 

弱い相手だと空いているスペースがいくらでも見えて、「相手コートは広い!」って感じられるけど、強い相手だとシングルスのコートに一人しか立ってないのに打つところがないように感じるくらい、コートが小さく感じてしまう。

でもやっぱりテニスはスペースを使って戦術を組み立てるスポーツだから、相手コートの空いているスペースを見つけて攻撃に生かさなきゃいけないし、自分のコートのスペースもちゃんと把握しておかないといけない。

そのためには視野が広くないといけないんだけど、結構プレー中ってボールとコートと相手しか見えてなかったりする人が多いんだよね

視野を広くするためにはどうすればいいのだろう。

まずそもそも視野が広いというのは、どういうことかと言うと、自分がちゃんと狙える範囲が広いということ。

コントロール力がない人は端っこ狙えないから、コートの端なんて見ようとしない。

 

自分が好きなコースとかコートの真ん中しか打てないから、そういう人の視野は狭くなる

一方サイドライン辺りまできっちり狙えるうえに、ロブなども駆使して上の空間も使える人は当然、その狙える範囲が打つショットの候補に挙げられるから、視野は広くなりやすいんだよ。

でも、いくらどこにでも打てるコントロール力があっても、打つコースをすぐに決めてしまうと、せっかくの広い視野も無駄になるから要注意。

ボールを打つギリギリまで、次に打つコースの候補をわざと選ばないようにして、複数の候補の状態のまま相手に「この候補の中から俺はどれを選ぶでしょうか!?」ってな感じで、しっかり構えると、相手はコースが読めずに思わず足が止められて動けなくなるんだよ。

と言うことは、しっかりと深さや上の空間、そしてサイドラインいっぱいの横の広さなんかを強調できるコントロール力がないと、視野は広くしにくいってことだ。

 



 

で、その大事なコントロール力を一番手っ取り早く得るためには、ボールの回転量を増やすことかな

もちろんバランスや軸足の踏ん張り、姿勢なども大事なんだけどね。

回転量を増やすことがイメージ作りに役立つと思う。

「なんであそこに打たなかったんだろう」試合中、ポイントの合間にいつもそうやって反省してしまう人、そんな人は視野が狭いと思うよ。

ストロークもボレーも回転量増やしてコントロール力を上げて、コートの端っこや上の空間をいつでも、きっちり狙えるようなショットが用意出来たら、そこで狙えるようになった範囲の広さや空間を全て視野に入れられる。

視野を広げてよりテニスを楽しめるようにしよう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス 部活

    戦術

    根拠の無いショット一つが、テニスの試合では対戦相手を助け続ける

    みなさんが試合で、失点するとき。それって、「何となく」でプレー…

  2. 戦術

    みんなテニスのおけるコントロールの精度を、甘く見過ぎ

    ベテランテニス、のみなさんと試合をするようになって、感じること。…

  3. テニス ストローク

    戦術

    作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう

    緊張感高まる試合、の中での決断。勇気が要りますよね。そ…

  4. テニス 大学

    戦術

    序盤にミスが多いと、1セットマッチでは勝てない

    試合になかなか勝てない人は、序盤が怪しい。何となくで入って、何…

  5. テニス ストローク

    戦術

    ボールを諦めるのが早い選手は、相手を乗せやすい最高の鴨になる

    テニスの試合、諦めるのが早い選手っていますよね。遠くのボール、…

  6. テニス 評価

    戦術

    テニスの試合の中で、「こういう時は、こうする」と決めているプレー、いくつありますか?

    皆さんが試合の中で、「決めていること」いくつあるでしょうか?気…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスではストロークもボレーも「後ろから力で、勢いを付けよう」とすると上手くいか…
  2. テニス知識

    【プロトレーナーに聞いてみた!】「膝の痛み」に効果的なリハビリメニューについて
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由
  4. シングルス

    「速い球よりも、コートの端にゆっくりしたボールを打つ」方が試合では勝てる
  5. ダブルス

    ダブルスの試合、サーブがめちゃくちゃ速い相手への作戦について
PAGE TOP