テニス 武器

戦術

勝ち続けたければ、アンチを取り込もう

試合に勝つ、強くなるということ。

それは、すごく言い方は悪いですが、アナタ自身「敵」を増やしていくということ。

ライバルはもちろん、試合をしたことが無い人も、アナタについて色々な噂を立てたりしていくでしょう。

でもそれって、人から意識されるようになったという証拠。

本当に試合に出続けて、強くなってきたということです。

だからこそ、こういう発想を私はお勧めします。

 

勝ち続けたければ、アンチを取り込もう

 

1.みんなに好かれるなんてことは、期待しない方が良い

どんなにマナー良く、人当たりよく接していても、世の中には色々な人がいます。

アナタ自身と対戦して、負けていく人も増えて来る。

そうすると、良くない噂も耳に入って来るでしょう。

でもそれって、試合に出て認められた、という証拠でもあります。

アナタ自身は、常に胸を張って堂々としていれば良い。

みんなに好かれる、なんて期待しない。

やっぱり、1試合ずつが勝負ですからね。

 

2.負けたら悔しい、から持って当然の感情

私自身、大事な試合に負けた後は、本当に悔しい。

悔し過ぎて、気持ち悪くなってくる、吐きそうになるくらい。

しばらくは、その相手の顔も見たくないくらいでしょう。

真剣勝負ですから、それで良い。

テニスの試合、勝負って、色々な感情を生むのが面白い。

アナタ自身が勝ち続ける、ということは、どこかで「アンチ」を増やしてくことにもなる。

これは、覚悟しておいた方が良いですよ。

 

3.「嫌いな人」と練習や試合をするのが、最高のトレーニング

つい、私たちは心地の良い仲間とテニス、したいですからね。

普段はそれでも良い。

でも、どこかで「苦手な人」を避けているかもしれない、という自分にも気付かないと。

実際の試合では、「嫌いな相手」とも試合する訳じゃないですか。

そういう相手には、いつも以上に力が入る。

だからこそ、しっかり日常からこういう「自分のアンチ」のような相手とも、打ち合う機会を作っておかないと。

練習と試合、を近づけておく作業として、私は必要だと思いますよ。

「やりにくいな・・・」という相手ほど、積極的に絡んでいく、打ち合う機会を増やす。

そうすることで、アナタのメンタルも強くなるし、色々慣れて来るはずです。

 

4.人の好き嫌いが激しい、人は勝負に向いていない

私が見て来た経験上、これは一理あると思います。

あの人は好き、嫌い、というのはあって良い。

でも、強過ぎると、試合結果に影響が出始める。

好きな人は好き、嫌いな人は・・・「利用しよう、取り込もう」と思っていけると、強くなりますよ。

結果的に、誰かに強い嫌悪感を持っていても、良いことは無いですしね。

損するだけ、です。

人の好き嫌いは、自分でコントロールしていくこと。

勝負の世界、厳しい世界だからこそ感情のコントロールが難しい。

出来るようになったら、それだけで強みになると思いますよ。

 

良い人、になる必要はありません。

嫌いな人がいても良いし、ライバルに対する対抗心は大事。

アナタという選手のアンチって、実はアナタのファンにも近い立ち位置。

避けようとしないで、利用する。

そのうちに、きっと切磋琢磨出来る良い仲間、になっていくと思いますよ。

それもテニスというスポーツの、醍醐味ですからね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. 戦術

    試合でどこに打てば良いか分からない!人に必要な視点とは?

    練習だと伸び伸び打てても、試合だと難しい。それがテニスの面白い…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「視野を広げたい」テニスで相手にコースを読ませないショットには回転量が不可欠

    テニスコートの広さって微妙だね。広いと言えば広いが、狭いと言え…

  3. 戦術

    自分が決めなくても良い、と思えたら?

    ダブルスは、強いですよね。自分が決めなくても良い、パートナー…

  4. 戦術

    かわすだけ、では試合で勝てない

    みなさんも試合の中で、上手く相手を「かわす」という機会は多いと思いま…

  5. テニス メンタル

    戦術

    強い相手と試合が終わった後ほど、しっかりと強く握手して欲しい

    みなさん、試合後の握手。どんな感じでしてますか・・・?って、あ…

  6. テニス ストローク

    戦術

    「なんでこんなコースまで練習?」の答えとは?

    テニススクールでは、「なんでこんな技術、練習?」という疑問、を持つ方も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 楽天

    シングルス

    シングルスの試合で流れを変える特攻作戦、「ドロップショットを打ってネットダッシュ…
  2. リターン

    ジャックナイフリターン、で攻めよう!
  3. その他

    アナタの部活に、「悪いプレーをしっかり指摘出来る」人はいるだろうか?
  4. テニス メンタル

    ボレー

    「絶対ポーチなんて無理だ・・・」と思う時ほど、実はチャンス!
  5. ストローク

    今一度確認しておきたい、「ドロップショットのメリットとデメリット」についてまとめ…
PAGE TOP