テニス 人脈

メンタル

「アイツ、苦手なんだよな・・・」と思う苦手意識は、ココから変えていきましょう

どうにも、勝てない相手がいる・・・。

それは、身内の仲間か、または同じ地区、リーグに所属するライバルかも知れない。

苦手意識や相性の問題は、テニスに付き物。

ですから発想を変えて、自分を楽にしてみませんか?

 

「アイツ、苦手なんだよな・・・」と思う苦手意識は、ココから変えていきましょう

 


 

1.自分が苦手にしている相手は、「自分を得意に」しているのか・・・?

これって、先入観だと思います。

自分が苦手にしている相手は、「きっと俺のこと、鴨だと思ってるんだろうな・・・」と考えてしまう。

そうすると、試合の現場で必要以上に相手が強く見えるし、1ポイント苦手なパターンで失点すると「またか・・・」と落ち込んでしまう。

そんな先入観、もったいないだけ。

恐らく相手は、アナタを警戒はしているけれども「勝ちやすい相手」だなんて思ってはいないはず。

ただ、「こういう相手」というイメージは付いているかも知れませんね。

 

2.苦手な対戦相手が生まれるのは、アナタ自身に変化が無いから

アナタ自身が変わっていかないと、当然結果も変わらない。

負けるのは悔しいけど、自分を変えるほど頑張ろうとも思わない・・・人って、テニスでは多い。

きっと対戦相手も、試合の序盤に「お、また今日もこんな感じか、問題無いな・・・」と思っているでしょう。

もちろん、口に出しては言わないですけどね。

苦手な対戦相手は、アナタ自身の消極的な姿勢、が創り出している。

このことに気付けば、苦手な対戦相手なんて減っていくはずです。

 

3.「相性」の問題で、片づけないこと!

「どうもアイツとは、相性が悪い・・・」と言って、逃げる方も多い。

相性?

それって、分析したり工夫したりすることから逃げているようにしか聞こえません。

相性が悪い相手、にこそどうやって勝つのかを考えるのかが楽しい、と思えるような性格になっていかないと。

相性が良い、悪いと、そういう話を出来るレベルまで到達していない人、がほとんどじゃないですか。

もちろん、私も含めて、です。

だからこそ、もっと頑張って皆さんの発展につながる記事を書いていきたい。

読んで頂く方の相性、好み、感覚はもちろんあるとは思いますが、「一人でも多く」の目標からは逃げないようにだけ考えながら。

 

苦手意識を持った相手こそ、アナタの課題を解決してくれる。

真剣に向き合って、自分を変えていきながら乗り越えていきましょう。

ライバルは、倒して成長していく良いハードル。

テニスを通じて自分を成長させてくれる人、と考えて向き合っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    「絶体絶命の場面」をしっかり乗り切れるテニス選手は、頭の中でこう考えている

    テニスの試合の中では、絶体絶命のピンチがある。ブレークポイント…

  2. メンタル

    「声出していこう!」ってアドバイス、効果的?

    団体戦や応援の中で、こういうアドバイス、みなさんも聞いた経験無いですか…

  3. メンタル

    「練習上手は勝負好き」緊張感の無いテニスの練習は無意味です

    テニスの練習相手って仲の良い人とやることが多い。試合会場でも知…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    人がプレッシャーに負けるとき、それは大抵「自分のイメージを守りたい」と考えるときです

    皆さんは試合の中で、プレッシャーに押しつぶされそうになった経験、ありま…

  5. メンタル

    試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかない

    テニスの試合の中で、「諦めない」ということは本人にしか分からない。…

  6. テニス 戦術

    メンタル

    実力はあるのに試合に勝てない人は、序盤に〇〇を見せておこう

    試合の中で、皆さんはどんなプレーで序盤、入っていくイメージを持ってます…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 環境

    メンタル

    「この人に、誤魔化しのテニスは通用しないな・・・」と思える相手がいれば、アナタは…
  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュのコントロールを磨きたければ、「人に向かって打たない」意識を強く持とう…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    毎回毎回、「前に踏み込むボレー」なんて、試合では無理です
  4. サーブ

    ポジションに着く前に、トスアップ練習を
  5. テニス 練習

    シングルス

    「初めてシングルスの3セットマッチの試合を戦う」うえで、気を付けたい5つのポイン…
PAGE TOP