テニス 人脈

メンタル

「アイツ、苦手なんだよな・・・」と思う苦手意識は、ココから変えていきましょう

どうにも、勝てない相手がいる・・・。

それは、身内の仲間か、または同じ地区、リーグに所属するライバルかも知れない。

苦手意識や相性の問題は、テニスに付き物。

ですから発想を変えて、自分を楽にしてみませんか?

 

「アイツ、苦手なんだよな・・・」と思う苦手意識は、ココから変えていきましょう

 


 

1.自分が苦手にしている相手は、「自分を得意に」しているのか・・・?

これって、先入観だと思います。

自分が苦手にしている相手は、「きっと俺のこと、鴨だと思ってるんだろうな・・・」と考えてしまう。

そうすると、試合の現場で必要以上に相手が強く見えるし、1ポイント苦手なパターンで失点すると「またか・・・」と落ち込んでしまう。

そんな先入観、もったいないだけ。

恐らく相手は、アナタを警戒はしているけれども「勝ちやすい相手」だなんて思ってはいないはず。

ただ、「こういう相手」というイメージは付いているかも知れませんね。

 

2.苦手な対戦相手が生まれるのは、アナタ自身に変化が無いから

アナタ自身が変わっていかないと、当然結果も変わらない。

負けるのは悔しいけど、自分を変えるほど頑張ろうとも思わない・・・人って、テニスでは多い。

きっと対戦相手も、試合の序盤に「お、また今日もこんな感じか、問題無いな・・・」と思っているでしょう。

もちろん、口に出しては言わないですけどね。

苦手な対戦相手は、アナタ自身の消極的な姿勢、が創り出している。

このことに気付けば、苦手な対戦相手なんて減っていくはずです。

 

3.「相性」の問題で、片づけないこと!

「どうもアイツとは、相性が悪い・・・」と言って、逃げる方も多い。

相性?

それって、分析したり工夫したりすることから逃げているようにしか聞こえません。

相性が悪い相手、にこそどうやって勝つのかを考えるのかが楽しい、と思えるような性格になっていかないと。

相性が良い、悪いと、そういう話を出来るレベルまで到達していない人、がほとんどじゃないですか。

もちろん、私も含めて、です。

だからこそ、もっと頑張って皆さんの発展につながる記事を書いていきたい。

読んで頂く方の相性、好み、感覚はもちろんあるとは思いますが、「一人でも多く」の目標からは逃げないようにだけ考えながら。

 

苦手意識を持った相手こそ、アナタの課題を解決してくれる。

真剣に向き合って、自分を変えていきながら乗り越えていきましょう。

ライバルは、倒して成長していく良いハードル。

テニスを通じて自分を成長させてくれる人、と考えて向き合っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合での逆転の常套手段、「相手の勝ちビビリ」を、絶対見逃すな!

    テニスの試合、逆転が起きるのは日常茶飯事。プロの試合でも一般、…

  2. テニス 指導

    メンタル

    「勝ちたい」ではなく、「勝たないといけない」までもっていこう

    テニスの試合に出ていると、負けず嫌いで勝気な人が多い。これって…

  3. テニス 打点

    メンタル

    相手が「切れた」から、自分も「切れる」選手は、テニス選手として恥ずかしい

    試合に出ていると、こんな経験、無いですか?相手が集中力を切らし…

  4. メンタル

    「いつも、何と無く」で、テニスの試合に入るのを止めてみよう

    テニスの試合、みなさん「序盤」ってどうですか?一番難しい・・・…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    ストレス無く試合に勝つなんて、最初から考えない方が良い

    気持ち良く、試合に勝って終わりたい。それは難しいと分かっていて…

  6. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合はリードを奪うのは簡単だけど、「リードを守るのは難しい」のはなぜなのか?

    テニスの試合、誰でもまくられた経験はあるはず。リードしていても…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ラケットバッグ

    テニス知識

    会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは「ラケットを下から回して担がない」だけで、劇的に準備が速くなる
  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、守備力を上げる基本戦術とは?
  4. シングルス

    「シングルスが好きです」テニスの試合は基本的に粘りが重要、その中で・・・
  5. テニス メンタル

    ストローク

    ボレーヤーの足下に沈めるストローク、ラケットを低い位置でフィニッシュ!
PAGE TOP