テニス サーブ

サーブ

セカンドサーブが安定しない人は、トス低めで調整してみると上手くいく

最近、私のマイブーム。

それは、セカンドサーブのトスの高さを低くすること。

元々、トスは低い方なんですが、セカンドサーブは特に低くしてみると、最近良い感じです。

皆さんに当てはまるかどうか分かりませんが、気付いたことを書いておきたいと思います。

 

セカンドサーブが安定しない人は、トス低めで調整してみると上手くいく

 


 

■トスが低いと、次へのリズムが生まれやすい

例えば、球出し。

ラリー練習での球出しって、低いトスで下から打ちますよね。

言い方は悪いんですが、私のセカンドサーブはそんな感じ。

「球出しみたいなものだから、ラリー勝負!」というメッセージを、自分に込めていたりします。

軽く入れる訳では無いのですが、まずはしっかり叩かれても入れてラリー勝負。

低めのトスでポンと上げてコートをキック、少しだけ低い打点で高い軌道で打つ。

言葉で書くと分かり辛いですが・・・。

 

■低いトスだと打ち終わりの態勢が、崩れない

高いトスだと威力が出やすい分、ちょっと大きなフォームになりがち。

その点低いトスだと、打った後の安定感がある。

しかも、サーブ&ボレーにつなげやすく、非常に応用が効きますので試合向けなフォームになります。

コツとしては、少し打点も低くして良い、ラケット動作もシンプルに。

力は下半身から伝えるので、膝は軽く曲げてしっかりコートを蹴ってジャンプしましょう。

これは、学生の方だけでなく年配の方にもお勧めの方法です。

何より肘を痛めにくくなりますし、上半身に頼らないテニスはアナタに必要なはずです。

 

■自然にクイック気味のサーブが身に付く

低いトスに慣れると、自然にクイックサーブ気味になっていく。

このオプションを持っておくと、試合で非常に有利です。

普通のセカンドサーブ、そしてトスを低めにしたセカンドサーブ。

この2種類があるだけで、結構相手は嫌ですよ。

攻撃的なリターンにいきたいセカンドサーブ・・・で、タイミングをずらされるなんて、本当に嫌。

強い相手ほど、こういった細かい部分を「嫌」と感じてくれるでしょう。

 

セカンドサーブ、なかなか変えるの勇気要りますよね。

ですが、以前も書いたようにセカンドサーブこそ、試合でアナタの基本になるショット。

ここから発展させてファーストサーブ、その先のラリー、があるのです。

一度トスを低めにして、打ってみませんか?

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サービスゲーム、本当の勝負は2回り目から

    テニスの試合、初めて対戦する相手は探り探り。特に、相手のサーブ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    クイックサーブを練習して、試合のオプションとして使えるように

    トスを低めのサーブ、を発展させていけばクイックサーブになる。難…

  3. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレーの成功率が上がらないのは、ラケット位置に問題有り

    サーブ&ボレーが、なかなか上手くいかない。並行陣に安定感が無い…

  4. テニス フットワーク

    サーブ

    リターンでポジショニングを前に取ってくる相手には、「センターへの厳しいサーブ」は絶対に必要です

    攻撃的なリターンは、しっかり前に踏み込んでライジングで捕えることが、も…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    「発展しないサーブとは?」打点を意識して変えることでアナタのテニスは勝てるように!

    サーブが入らないと試合にならない。そんなこと、誰でも知っている…

  6. テニス クレーコート

    サーブ

    「前後より上下動」テニスの試合ではサーブも横向き意識が重要!

    テニスボールは飛ぶように出来ている。もちろん打点が食い込まれた…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    フットワーク

    アナタがチャンスを決められないのは、ポジショニングの問題です
  2. テニス フットワーク

    戦術

    試合でしか養えない力、がテニスにはある
  3. ダブルス

    「ダブルスって人が多すぎてつまんない!?」シングルスでも活かせるテニスの考え方を…
  4. テニス ストローク

    リターン

    ハッキリとリターンの立ち位置を変えると、メンタルまで変わる
  5. ストローク

    ネットプレイヤーに対して、ロブ頼みを卒業しないと
PAGE TOP