サーブ

セカンドサーブが入らない人が、見直したい基本5つ

セカンドサーブが、試合で入らない。

もう、ファーストサーブがフォルトしただけで精神的に追い詰められますよね。

これでは、試合どころじゃない。

何かを変えないと、ずっと試合は憂鬱なまま。

セカンドサーブをどうしていくのか、何が問題なのか。

新しい視点で考えていきましょう!

セカンドサーブが入らない人が、見直したい基本5つ

 


 

1.膝を曲げてトスアップ

トスアップに対して、しっかりと膝を曲げる。

そこで、コートをキックしてサーブを打つ、トスアップに向かっていく。

この基本、改めて見直してみましょう。

少しで良いので、膝を曲げて下半身でパワーを溜めること。

セカンドサーブの基本です。

 

2.軌道の頂点を、相手コート側に

セカンドサーブは山なり、の基本は何度も書いて来ました。

今回は、もう少し踏み込んで。

サーブの軌道の頂点を、相手コート側に置いてみる。

つまりは、ネットを越えてもまだ山なりの軌道が上方向に向いているイメージです。

これくらいで、セカンドサーブはちょうど良い。

しっかり回転をかけて、ネットを越えても伸びていくイメージで。

ネットの上に軌道の頂点、だと浅くなるセカンドサーブしか打てません。

 

3.グリップから上に振っていく

2.のような軌道で打つには、この意識が大事。

ラケットの動き、ボールを打ちにいく瞬間にグリップから上方向に出ていくこと。

ラケットの先は、それに遅れて出ていくイメージ、で打てると良い回転がかかるでしょう。

意識したいのは、ラケットを持つ手の小指。

小指から先行して、しっかり出していくイメージで振っていきましょう。



4.ラケットを遠くにほおり投げるイメージで

振っていきましょう。

ラケットが、身体の近くで終わらないように、一度しっかり遠くに投げる感じ。

振り抜く、よりもこのイメージの方が楽に打てる方も多いはず。

遠くにほおり投げる、と考えると、ボールが当たった瞬間でスウィングは終わらないですよね。

当たった後も、遠くに投げる感覚でラケットが加速し続けていく。

セカンドサーブこそ、この意識が大事です。

 

5.入る、入らないでは考えない

こては、みなさんにとって大事な意識。

セカンドサーブが、入ったからOK、入らなかったからダメ、という発想は危険です。

アナタ自身の成長を阻害する、強くなる可能性を狭めてしまう。

入らないから自信が持てない、まず入るように・・・という気持ちは分かりますが、「良いセカンドサーブ」という目標は失わないように。

入るだけ、では試合には勝てません。

あくまでセカンドサーブを改良して、「良いセカンドサーブ」を目指すこと。

これは、女性やシニアプレイヤーの方にも、大事な意識です。

 

6.お勧めの練習法

セカンドサーブを練習するときに、ネットの高さを変えましょう。

私は高校時代、ネットの50cm上に紐を貼って、そこより上を通過させてセカンドサーブを打つ練習をしていました。

↓50cm高さを変えるだけで、かなり意識は変わります。

この意識で練習出来れば、まずネットはしなくなる。

簡単な棒と紐、があればネットに設置出来ますからね。

サーブの打ちっ放し練習、を普通にやるだけでは「ファーストサーブ中心」になるでしょう。

もし紐やテープが用意出来ない場合には、頭の中で強くイメージすること。

これを意識するだけで、だいぶ違いますよ!

 

セカンドサーブを、まずどうしたいのか。

自分で考えて、足りたいところと向き合っていく。

入れるだけを目的にしないで、ポイント取得率を高めるところ、を一緒に考えていきましょう。

セカンドサーブがしっかり打てれば、試合に勝てる。

何より、安心して試合に入れるし、プレー全体が良くなっていくでしょう!

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスのサーブ、ノータッチエースより「相手に触らせる」ことを意識

    皆さんは、ダブルスの試合とシングルスの試合、何かサーブを変えていますか…

  2. テニス ストローク

    サーブ

    試合で1発目のファーストサーブ、で全ては決まる

    試合の中で、最初に打つサーブ。みなさん、どんな意識で打ってます…

  3. テニス ストローク

    サーブ

    「ダブルスでサービスキープ率を上げたい!」ために必要な4つの意識と準備を考えてみる

    ダブルスの試合で、サービスゲームのキープをリズム良く進めていきたい。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    男性でサーブが安定しない人は、「無意識のうちに上半身が前に突っ込んでいる」人がほとんどです

    サーブでトスアップはしっかり前に上げる。この重要性は何度かお伝…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合でのダブルフォルトは、恥ずかしいことでも何でも無い

    最近、練習でも試合でもすごく感じること・・・について。日本人だ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブでビビってしまう人は、トスを自分から打ちにいくこと!

    試合でサーブにビビッてしまうこと、ありますよね。これは、ビビッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての「肩書き」を外したときに、アナタには何が残るだろうか?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で大事なのは、「ボールがバウンドした地点ではなく、バウンド後の伸び」…
  3. テニス グッズ

    メンタル

    「テニスの試合で勝ち抜く人」のラケットバッグは美しい
  4. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは楽チンじゃないと」省エネテニスで試合を勝ち上がる為に
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    「量から質へ」今、アナタの練習には改革が必要です
PAGE TOP