テニス サーブ

サーブ

「セカンドサーブが入らない、ダブルフォルトするの」はメンタルが弱いのではなく、技術が無いからです

「みんなこう言ってるけど、実際どうなんだろう?」

こんな疑問、皆さんはテニスの中で持つことはありますか?

無い・・・方は、まずい。

めちゃくちゃセンスがあって何でも出来るか、鈍感な方か・・・のどちらかでしょう。

敏感になって考えれば、きっと人が言っていることも「本当にそうか?」と思うこと、たくさん出てくるはず。

私が一番感じるのは、この問題です。

 

「セカンドサーブが入らない、ダブルフォルトするの」はメンタルが弱いのではなく、技術が無いからです

 


 

1.セカンドサーブを入れるのに、必要なのはメンタル?

よく私も先輩やコーチから言われました。

「セカンドサーブは気持ちで振り切れ!」と。

その気持ちが折れそうになっているから、セカンドサーブは入らないのに・・・やっぱりメンタルを鍛えないとダメだなと思って試行錯誤。

でも、メンタルの強さなんて数字に出来ないし、成長出来ているのかどうかも怪しい。

結局セカンドサーブの苦手意識は最後まで消えず、試合で崩れていく毎日・・・本当にしんどかったです。

ですが、高校3年生のときに、「メンタルじゃない、メンタルに左右されない技術だ!」と考えて一念発起。

気持ちが折れそうなとき、でも確実にラケット操作出来るサーブに変えて、セカンドサーブは大きく改善されました。

 

2.セカンドサーブに必要な技術は、シンプルさと振り終わるポイント

まず、冷静に考えてみましょう。

なぜ、セカンドサーブが難しのか・・・を。

それは、「失敗したら即失点」につながるので、自分自身で打ち方が不安になってギクシャクしてしまうから。

つまり、なるべく単純な動作にして、「ここで、こういう形で打ち終わるんだ!」というポイントを作っておけば大丈夫。

私なら、右上に45度の確度、にラケットを大きく投げるようにして肘を伸ばす、まで意識するようにしています。

言葉で書くと難しいですが、要は迷いを無くすことが一番。

動作もシンプルなので、あとは実行するだけ、という状態にしておけばきっとアナタでも大丈夫なはずです!

 

3.テニス界の風潮は、ずっとおかしな方向を向いている

メンタルの弱さ、に全てを押し付けているような風潮、何も進歩しません。

特にセカンドサーブなんて、工夫出来ることだらけ。

みんな、考えることから逃げてきた結果が、セカンドサーブのメンタル頼み、になっているのです。

さぁ、技術を具体的に変えていきましょう。

そこからアナタの勝利への道、が拡がっていくはずです。

 

まず、具体的に何を変えるのか・・・を考えるときに、出来るだけ「シンプル」にすること。

自分で難しくしてしまっている部分は無いか、一度動画で自分のセカンドサーブを観てみましょう。

プロ選手のサーブには、実はシンプルさが詰まっている。

何が違うのか、何を変えていけばプレッシャーがかかる場面でも安定した動作が出来るのか。

面と向かって、自分のセカンドサーブと向き合ってみましょう!

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「速いけど確率が悪いサーブ」を変えていくなら、ラケットとボールが当たる表面積を変えていこう

    特に男性、の皆さん。そして「ペタン」というようなストロークのグ…

  2. サーブ

    「サーブの安定感は前足から」身体の開きを抑えて土台を残す意識が、試合で使えるサーブの大前提

    サーブの打ち方は人それぞれですが、良いサーブを打てる人に共通しているの…

  3. テニス 確率

    サーブ

    テニスの試合、アナタのサーブに足りないのは、ズバリ「成功体験」です

    「サーブは入れるだけ」「サービスエースなんて、試合で出来る訳な…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを安定させたいなら、ボールの回転の向きを斜めに変えてみよう

    今回は、スピンサーブの安定感について。私自身、高校時代にこの感…

  5. サーブ

    サーブで「ネットミス」が多い時の改善策4つ

    試合の中で、自分のサーブがネットミス。これ、改善出来ないとずる…

  6. サーブ

    「肩が痛くて腕が上がらないときに」無理しない脱力サーブを打てると便利

    テニスを長く続けていると、肩の怪我や上に上がらない・・・といったことも…

特集記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    せっかく走って追い付いたのに、何で無謀なショットを打つの?
  2. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合でのサーブ&ボレーは、〇〇だけでシンプルに完成する
  3. テニス ダブルス

    ストローク

    いわゆるテニスの「普通のストローク」とは、全て打点が低いと自覚しよう
  4. テニス

    テニス知識

    急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニス メンタル

    戦術

    「まだ序盤だし、いつでも取り返せる」って、思ってない?
PAGE TOP