テニス メンタル

サーブ

良いセカンドサーブがあるから、良いファーストサーブが打てるんです

サーブが苦手で、振り切れない人。

そもそも、ファーストサーブ、セカンドサーブをどう実践していくべきか・・・悩んでいる方へ。

あくまで一つの指針ですが、特に男性でファーストサーブをしっかり武器にしたい方へ。

頭の中、エース狙いのファーストサーブばかりになってはいませんか?

でも、それだと結局、メンタル的に打てないですよ。

良いセカンドサーブ、から考えてみませんか?

 

良いセカンドサーブがあるから、良いファーストサーブが打てるんです

 

1.本当に良いセカンドサーブがあれば・・・?

試合は変わる、と思いませんか?

イメージしてみてください。

ファーストサーブが入らなくても、自信のあるセカンドサーブがある。

かつてのビッグサーバーの選手は、みなそうでしたね。

ここぞという場面で、頼りになるのはセカンドサーブ。

良いセカンドサーブがあれば、ファーストサーブをしっかり打っていける。

正直、細かい確率なんて考えなくても良い。

「あれ?今まで書いてきたことを、否定してない?」と思う方も多いでしょう。

ですが、本当にサーブを武器に出来る選手って、こういう発想、なんですよね。

 

2.ファーストサーブを振り切るには、理由が要る

だって、そうだと思いませんか?

ファーストサーブをしっかり振り切るには、理由がいるんですよね。

保険、とでも言いましょうか。

「セカンドがあるから、ファーストは振っていこう!」と思えるようになる。

自分の中で落としどころ、を作っておけば良い。

それは、色々な見方ややり方があっても良い。

かつて、松岡修造さんも同じような話をジュニアにしてましたしね。

 

 

どういう言葉が、本人にどう響くかは分かりません。

みなさんも、一度頭の中を真っ白にして考えてみても良いと思いますよ。

 

3.良いセカンドサーブは、良い発想から生まれる

「でも、そもそも自分はサーブが苦手なのに・・・」と思った方も、大丈夫。

私自身も、そうでした。

でも今なら、セカンドサーブの方が自信がある。

だからこそ、ファーストサーブをしっかり打てる。

こう考えれば、サービスゲームも少しだけ楽になる。

その為のセカンドサーブ、良い発想を持って欲しいんですよね。

「良いコースに打って、前衛に決めてもらう」

「相手の打ち気をいなすような、ボディへのサーブを磨く」

くらいで良いと思います。

セカンドサーブは、不利?

今のままだと、そうだと思いますよ。

 

4.強気こそ、良いセカンドサーブの必須条件

私は、そう思います。

良いセカンドサーブ、ベースには強気のメンタルが欲しい。

入れにいくのではなく、しっかりポイントを取りにいく。

取りにいくと考えるからこそ、工夫するし練習もする、考えて変えていく。

確かに、セカンドサーブは技術の問題、です。

でもその技術を磨いていくのは、人の心ですからね。

「どうせ試合では、セカンド叩かれるしな・・・」と思ってばかりの人に、良い技術が身に付くとは思えません。

ポイントを取るセカンドサーブを、しっかり自分のものにする。

そして、思い切って振れるファーストサーブに磨いていく。

だからこそ、しっかり練習していきましょう、セカンドサーブを。

 

良いファーストサーブが打てない、と悩む人。

そんな人ほど、セカンドサーブにヒントがあることに気付かない。

サーブの2本って、本当にすごく連動してますからね。

最初に打つファーストサーブ、のことばかりみなさん考え過ぎ、です。

良いセカンドサーブこそ、良いファーストサーブの源になる。

これだけは、覚えておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. サーブ

    「高~いトスアップ」を直すことで、アナタのテニスのサーブはもっと良くなる!

    サーブの指導は難しい。何が難しいって言うと、とりあえず個性的な…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    「シンプルに上で打ち終わる」サーブを覚えると、試合の中ですごく使える!

    サーブという動作は、本当に人それぞれ。初心者の方から上級者の方…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが入って、「安心する一瞬の隙」を無くしていこう

    サーブが入って、どこか安心している自分。皆さん、気付きませんか…

  4. サーブ

    40-0で、とっておきのサーブを

    サービスゲームで、カウントを意識して準備する。何の準備かと言…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドへ厳しいコースのサーブでも、「センターに近いところ」を通過している

    ワイドへのサーブ、しっかり使えると試合で武器になる。ダブルスで…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?

    私の周りにも、何人かこういう考え方の人がいます。これは、良いよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    リターン

    リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリター…
  2. テニス 環境

    その他

    「チャレンジした上でのミス」が許されない環境の中で、学生テニスプレイヤーは画一化…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが入って、「安心する一瞬の隙」を無くしていこう
  4. テニス ボレー

    サーブ

    「今の時代だからこそ、シングルスでサーブ&ボレーで挑む」ことのメリット4…
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    相手の前衛に触られても、とにかく慌てないことが一番
PAGE TOP