テニス メンタル

サーブ

セカンドサーブ、実際の試合では「どの程度の威力」を求めるべきだろう?

試合の中でのセカンドサーブ。

このセカンドサーブから、いかに自分のポイントに結び付けられるのか。

プロ選手でも、良いアベレージで60%くらい。

私たちの試合、それってどの程度の数値を目指すべき、なんでしょうね・・・。

そして、そもそもどんなセカンドサーブを打つべきなのか。

大事なのは、自分の中でスタンス、です。

そう、格上相手、強い相手にほど工夫は大事です。

 

セカンドサーブ、実際の試合では「どの程度の威力」を求めるべきだろう?

 

1.セカンドサーブ、自分の中での位置付けはどうですか?

「入れば良い・・・」

「コースだけは、何とか狙える・・・」

みなさんによって、それは異なるでしょう。

でも、大事なのはみなさん自身の中で、結論を出しておくこと。

自分のセカンドサーブは、どういうモノ、を目指すのか。

何を合格点に置くのか、ということ。

そしてそれは、対戦相手のレベルによって変わっていくこと、を覚えておきましょう。

臨機応変さ、が大事だと私は思いますよ。

 

2.例えば、格下のような相手なら・・・?

アナタ自身、「普通にやれば、問題無く勝てるな」という相手、との試合。

ここでは、ダブルフォルトが一番怖い。

というか、勿体ないんですよね。

ダブルフォルト、が失点の一番多いパターン、のような試合ってあるじゃないですか。

それを自覚出来たら、私はセカンドサーブは確率重視、で良いと思います。

むしろ、ファーストサーブを打たなくて良い。

ラリーに持ち込めば勝てる、のにダブってばっかり、という試合あるじゃないですか。

冷静に、自分で実力差を把握して切り替える。

山なりで遅くて良い、そんなセカンドサーブ、アナタは打てますか?

これが打てないから、格下相手に取りこぼしてしまう試合、が出来てしまうんです。

 

3.格上相手のシード選手、ならどうでしょう?

ここですよね、問題は。

リターンからかなり攻勢に出られる、ような相手ならどうするのか?

私なら、「ダブっても良いくらいの威力」でセカンドサーブを打ちます。

入れに行っても、結局叩かれて終わりですからね。

思い切って、振っていく、深いセカンドサーブを打っていく。

勝負に出る場面、だと私は思います。

大事なのは、ダブってもいちいち落ち込まないように、試合前から準備しておくこと、が大事。

ファーストサーブが入らなくても、「よし、ダブっても良いから振っていくぞ・・・!」と決めておく。

相手をあっと言わせる、くらいのセカンドサーブ、打ちたいじゃないですか。

こういうメンタル、のときには、結構セカンドサーブも入りますよ。

試合って、そういうモノです。

 

4.ダブルスなら、格上相手でも無理しないで良い

3.の話は主にシングルス、の話。

もちろん、ダブルスでも強気に振っていくことはありますけどね。

でもダブルスなら、セカンドサーブで前衛を使う、という手があることを忘れてはいけない。

弱いセカンドサーブ、相手はきっと「クロスに強打して、安定して攻める」ことを狙うはず。

思い切って、チェンジプレーのように動いてポーチに出る。

この考え、が大事だと思いますよ。

セカンドサーブは、ゆっくりでも入れていく、相手の強気のリターンを引き出すくらいの感覚で良いでしょう。

これも、試合前からパートナーと話し合っておくこと。

強い相手を欺くには、試合前の準備が大事ですからね。

 

5.トータルで獲得率60%、を維持しよう

試合の中で、こういう感覚大事です。

半々、よりも獲得率が高いように、セカンドサーブを意識する。

それ以上、余り欲張っても良いことは無いですよ。

セカンドサーブになったときに、60%の確率でポイントを奪う。

その為に、何が必要なのか、自分はどうなのか。

考えて準備出来れば、もうアナタは立派なテニス選手です。

 

セカンドサーブからのプレー、を見ればその選手の質が分かる。

実力・・・と言いますか、スタンスですよね。

試合に対する、意気込みや意図、テニス観のようなものが現れるのが、セカンドサーブです。

ただ、入れないといけない・・・と、漠然に思ってはいませんか?

それだと、いつまで経っても試合では勝てないですよ。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. サーブ

    「1人でも出来るサーブ練習を工夫したい!」よりテニスの試合に近い感覚を養う為の4つのアイデア

    テニスコート、または壁とボールさえあれば個人練習ができる「サーブ練習」…

  2. サーブ

    「サーブの安定感は前足から」身体の開きを抑えて土台を残す意識が、試合で使えるサーブの大前提

    サーブの打ち方は人それぞれですが、良いサーブを打てる人に共通しているの…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合では、「ダブルス用サーブ」を考えると、必要な要素が見えてきませんか?

    シングルスとダブルス、テニスでは基本的にはこの2種類しか種目はありませ…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    ダブルスの試合で、「センターにサーブを打ちたいなら、センター寄りに立つ」基本を、もう一度見直そう

    サーブをしっかりセンターに打ちたいけど、狙っても失敗ばかり・・・な人。…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブからのポイント獲得率は、50%で良い

    自分の試合を、しっかり客観視出来ている人。それは、こういう目標…

  6. テニス ボレー

    サーブ

    伸びのあるサーブを打つには、「膝と肘を落として沈み込むタイミング」が必要です

    試合で求められるサーブ、それはバウンド後の伸び。しっかり下から…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    どの軌道のストロークなら、ポーチを無効化出来るだろう
  2. テニス サーブ

    スマッシュ

    深い位置からのスマッシュでも、「しっかりコースを突いて、相手を追い込む」為に必要…
  3. テニス スライス

    ストローク

    スライスの守りのショットが浮いてしまう方は、ココをチェック!
  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    厳しい練習とは、「通常の試合より相手が優位な状態」からスタートする練習
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    テニス部に必要なのは、基礎練習から個性を伸ばす視点だと思う
PAGE TOP