テニス メンタル

サーブ

サーブがどうも安定しない人は、「体重移動の幅を狭くする」ことで改善されるかも知れません

サーブが安定しない人、悩んでいる人は何かを変えないといけない。

変える・・・と言うとつい「付け加える」というイメージを想像しがちですが、テニスはその逆も多い。

よりシンプルに、削ぎ落していくことで改善される技術もあります。

サーブなんかは、まさにそう。

ただでさえ複雑な動作ですので、自分で難しくしていないか、いつでも見つめ直して考える癖をつけましょう。

体重移動、足の運び方もその一つです。

 

サーブがどうも安定しない人は、「体重移動の幅を狭くする」ことで改善されるかも知れません

 


 

■後ろ足を前足に寄せる、のが基本だけど・・・

サーブを打つときに、特に男性の方は後ろ足を前足に寄せる、トスアップの後にこの動作を行う人が多いと思います。

プロ選手では、マレー選手が大きく足を動かしますよね。

でもこの動作、実は結構難易度が高い。

もちろん前足を動かす人は、ほとんどいないと思いますが・・・。

体重を後ろから前に移動しつつ、軸足となる前足でバランスを保つのは至難の業。

トスが乱れがちな人は、実はこの大きな体重移動が要因になっているケースも多いのです。

 

■テニスでは動かす場所は、極力少ない方が安定する

フェデラー選手、ジョコビッチ選手は、あまり足を動かさないでサーブを打つ。

このシンプルさをぜひ、アナタも参考にして欲しい。

テニスでは「動かさないでシンプルに」した方が、安定する場合も多いのです。

「静止」という動作は、毎回同じように出来ますからね。

サーブを打つときに、最初から足は動かさない。

だたし体重移動だけは、後ろ足から前足にかけて行う、という感じでぜひ一度実践してみて下さい。

 

■膝を曲げて、ボールを飛ばすパワーはコートからもらう

「でも足を動かさないと、パワーが生まれないような気がする・・・」と感じる方、まずは試してみて下さい。

私もそうでしたが、力はコートをキックする下半身、軸足となる前足からもらうのが正解。

後ろから前、への体重移動だけでボールを飛ばそうとすると、無理矢理感が出て安定しません。

むしろ足はシンプルに固定して、しっかり膝を曲げてトスを前にする。

前方向に延びていく中で、ボールに力を与えていくイメージを持ちましょう。

 

ボールを速く飛ばしたい、と考える気持ちは動作に無理を生む。

一度シンプルに、「コントロール」からサーブはトレーニングしても面白いでしょう。

動かす部分が少なくなれば、自然に動作は安定する。

「それでも体重移動を入れたい!」という人は、それもテニス。

ぜひ色々試行錯誤しながら、良いサーブ、試合で使えるサーブを一緒に磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを安定させたいなら、ボールの回転の向きを斜めに変えてみよう

    今回は、スピンサーブの安定感について。私自身、高校時代にこの感…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    トスアップの位置、普通に「自分の前に上げる」だけだとなぜダメなのか?

    サーブのトスアップについて、実は大きな誤解が生じている、ケースは多い。…

  3. テニス ストローク

    サーブ

    前に踏み込んで来るリターナーには、ボディサーブを!

    何度か書きましたが、リターンが上手い選手は試合でも強い。ダブル…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    スライスサーブでコーナーを突く為に、必要な5つのコツ

    試合で有効なスライスサーブ。しっかりコーナーを突いて、相手をコ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの基本、「肘は伸ばして肩支点」を再チェックして安定させよう!

    サーブのトスアップを安定させると、気持ち的にもすごく楽。何度も…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブでビビってしまう人は、トスを自分から打ちにいくこと!

    試合でサーブにビビッてしまうこと、ありますよね。これは、ビビッ…

特集記事

  1. テニス シングルス

    サーブ

    サーブを打つ位置、「自分が打ちやすい場所から」って安易な発想
  2. テニス メンタル

    戦術

    試合で「複数の選択肢」が浮かぶ、ときはきっと自分の調子が良い時
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    「女ダブはこういうもの」が、アナタを弱くする
  4. テニス メンタル

    その他

    「勝った方が強い。負けた方は弱い。でも次は負けるな!」テニスの試合は続いていく
  5. 練習メニュー

    試合に強いテニスチームは、練習を「終える」のが上手い
PAGE TOP