サーブ

サービスゲームの40-30でポーチに出ておく、ことがその先にもつながっていく

ダブルスの試合で、サービスゲームをなかなかキープ出来ないペア。

どこか、大事な場面で積極性が欠けているように見えること、が多いです。

大事なポイントだからこそ、動く。

それに、動いたポイントって絶対に残りますからね、相手に印象が。

そういう部分まで考えると、やっぱりこうじゃないですかね?

 

サービスゲームの40-30でポーチに出ておく、ことがその先にもつながっていく

 

1.サービスゲームは、強気にいこう

自分たちからサーブを打つ、それにダブルスは前衛がいる。

かなり、優位な立場でゲームを進められる、のがサービスゲームです。

この認識で、まずは試合に入ることが大事。

自分たちから、相手を動かす、ポイントを操作出来るんだと思って良い。

相手も、まずは対応するところから入る訳ですからね。

強気にいけば、リードして更に強気になれる。

そして40-30のポイント、になったときには・・・どうしましょう?

 

2.失点してデュース、大歓迎!

私は特に、デュース有の形式なら、絶対に出ます。

ポーチに出て、40-30のポイントで相手にプレッシャーをかけていく。

考えてみて下さい、ただでさえ、相手は40-30で辛い状況。

リターンは、基本クロスに返球しようと思うのが自然、です。

それに、デュース有りなら落としてもゲームは続いていく、こちらが優位に変わりはないでしょう。

これくらいの意識、でいきましょうよ。

 

3.デュースの状態は、自分たちに優位である

サービスゲームでは、この感覚でいましょう。

デュースになっても、優位なのは自分たち。

実際に、そうだと思いますよ。

ノーアドバンテージ形式なら、ブレイクポイントにもなるのでかなりプレッシャーがありますけどね。

デュースなら、基本サービス側が優位、だからこそ40-30のポイントは強気に動いておきたいんです。

 

4.デュースになった、後が全然違う

みなさんも、経験あると思います。

相手が積極的に動いたポイントって、こっちが得点してもその後嫌じゃないですか。

前衛は気になるし、リターンに集中出来ない。

前のポイントで負債を残しているような感覚、に相手を陥れましょう。

そうすれば、きっとデュースになってからも精神的に優位に立てる。

という気持ちの準備が出来ていれば、デュースになっても落ち込まないじゃないですか。

テニスの試合って、落ち込まない工夫、準備がすごく大事ですよ。

 

ダブルスの試合なら、しっかり前衛で相手にプレッシャーをかける。

これがテニスの基本です。

なかなか出来ない人は、もうやること決めておいて良いと思いますよ。

私は毎回、40-30で動くと決めているし、パートナーも分かっている。

落ち込まない理由付けまでして、ですね。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスにおける本当に良いサーブとは、「前衛を活かすことが出来る」サーブです!

    サーブについての考え方は、人それぞれ。一発で決めたいと思う人、…

  2. サーブ

    サーブの強化とは、多様性

    「良いサーブが打ちたい!」と、漠然と考えている方は多いですよね。…

  3. サーブ

    「ビビった時のサーブってどうなってる」ポイントさえ押さえればテニスの試合は怖くない!

    サーブを打つ時にビビることってある?これは誰でもあると思う。…

  4. テニス クレーコート

    サーブ

    「前後より上下動」テニスの試合ではサーブも横向き意識が重要!

    テニスボールは飛ぶように出来ている。もちろん打点が食い込まれた…

  5. テニス ストローク

    サーブ

    「相手のリターンが自分のサーブより速い・・・」くらいで、心が折れては試合で勝てない!

    「これは、ヤバイかも知れない・・・」と、試合中に感じてしまう。…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブは高い軌道じゃないと、高く弾まないのは当たり前

    スピンサーブをしっかり高く、弾ませて相手を追い込みたい。そう考…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    「ボレー対ストロークのラリー練習」を工夫して、ストロークの応用力を磨くメニューに…
  2. その他

    「世界への扉」はテニスの世界もノックしてみないと何も始まらない!
  3. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由
  4. テニス テイクバック

    ストローク

    両手バックハンドでジャックナイフを極める!為に必要なのは3つのポイントだけ
  5. テニス スマッシュ

    ストローク

    スライスのストロークを覚えると、自然に身につく5つの技
PAGE TOP