テニス ボレー

サーブ

伸びのあるサーブを打つには、「膝と肘を落として沈み込むタイミング」が必要です

試合で求められるサーブ、それはバウンド後の伸び。

しっかり下から上に抜けていく、身体をしっかり使ったサーブは学生からテニスをやっている方だけのモノではありません。

社会人からテニスを始めた人でも、しっかり肘と膝を低く沈めることが出来れば、良いサーブは打てます。

当てるだけのサーブ、では試合で攻撃されて苦しいだけ。

これからの大会に向けて、思い切ったサーブ改革を一緒にしてみませんか?

 

伸びのあるサーブを打つには、「膝と肘を落として沈み込むタイミング」が必要です

 


 

■「サーブを入れる」という発想から、卒業しよう

サーブは入れないといけない・・・というのは確かにそうですが、それで勝てるレベルは限られてくる。

上半身だけで入れにいっているサーブ、相手からしたら怖くありません。

「でもサーブは社会人から始めた自分には無理・・・」と思う前に、身体を大きく使ってみましょう。

素振りから、しっかり膝を曲げて、肘を曲げてそれを戻していく。

まずはしっかり、一旦下に沈むようなイメージが大事です。

 

■「力をテニスコートからもらう」という発想が大事

私も腕力は無い方でしたので、コートから力をもらうという発想を持つようにしていました。

しっかりコートに自分から近づく、膝を曲げて、肘は高い位置、顔の横くらいでしっかり曲げる。

そうするとコートをキックする動きで、曲げたところから伸ばしていく力がボールに伝わる。

これを一緒に伸ばすようにして上に向かってラケットを振ると、自然に良い回転もかかってくれます。

無理に手首を使おうとしない、最初はサービスエリアに入れようともしなくて大丈夫。

まずは大きく、脱力した状態でボールを飛ばしてみましょう。

 

■徐々に角度を鋭角にしていくのに、手首を使っていく

山なりでオーバーしている軌道から、徐々に鋭角に調整していきましょう。

最後に手首を少し曲げて、ボールの飛びを抑えるようなイメージです。

打ち終わると、手のひらは自然に下を向くような感じで、最初から下を向けようとしてはダメ。

そして打ち終わったラケットは、高い位置でフィニッシュ出来るとネットフォルトも減るでしょう。

 

セカンドサーブこそ、こういった大きな身体の使い方でサーブは打ちたい。

メンタルが弱い、入れにいくだけのサーブは小手先に頼るから安定しないのです。

大きな動きにしておけば、大事な場面でもしっかり振り切れる。

まずは肘と膝をしっかり曲げられるように、普段からストレッチをして関節を柔らかくしておきましょうね。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス サーブ
  2. サーブ

    リターナーを外に追い出す、スライスサーブを身に付けるには?

    スライスサーブで、相手を外に追い出してボレーでポン。こんなポイ…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    アナタのサーブの成長を阻害している一番の要因、それは「虚栄心」です

    サーブって、難しいですよね。テニスにおいて、唯一、自分で好きな…

  4. サーブ

    視点を置く順番を決めれば、サーブを打つメンタルは整えられる

    サーブを打つ時に、精神的に弱くなってしまう人。きっと、こういう小さ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブの練習量、絶対的に足りないのは明らか

    「何が一番、練習で足りないのか」悩んでいる人。まず、セカンドサ…

  6. サーブ

    良いサーブの後に、人はなぜ力んでしまうのか

    「ナイスサーブ!」だけど、その後が・・・。バン!と打って、せっ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、打った瞬間に「自分のボールと決別する」強い意志が必要!
  2. シングルス

    テニスの試合、我慢こそ運を呼ぶきっかけになる
  3. テニス メンタル

    戦術

    いつでもどこでも、「反撃コース」を想定しておこう
  4. その他

    後輩が可愛いからと言って、「何でもかんでも教えてあげる」感じだとかわいそうなこと…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    試合でリードしているときに新しいことをする、から成功体験を積める
PAGE TOP