テニス ストローク

ストローク

「片手バックハンドストロークでトップスピンがかからない・・・」人は、グリップチェンジと打点をしっかり覚えましょう

学生の皆さんの中で、片手バックハンドストロークを得意にしている人、どれだけいるでしょうか?

最近ではプロ選手も含め、バックハンドストロークを両手で打つ選手が多い中で、なかなか練習をするのが難しいと悩んでいる人も多いと思います。

ソフトテニス経験者の方は、グリップをしっかり覚えれば振り抜いたスィングは得意だと思いますので、大きな武器になるはず。

改めて、グリップチェンジと打点について、確認してみましょう。

 

「片手バックハンドストロークでトップスピンがかからない・・・」人は、グリップチェンジと打点をしっかり覚えましょう

 


 

■グリップチェンジ、しっかりできていますか?

トップスピンのボールを打つには、厚いグリップに調整する必要があります。

フォアハンドでは出来ているのに、バックハンドはイマイチ固定できていない人が多いように思います。

コツとしては、まず思い切り厚く握ってみる、フルウエスタングリップと呼ばれるグリップで、一度打ってみることをお勧めします。

ラケットを地面と平行にセットした状態で、上から自然に握ってみて下さい。

「これで打てるの!?」というようなグリップかも知れませんが、打点を自分の身体のかなり前にセッティングすれば、力が入りやすいはずです。

踏み込んだ前足の30cm前に打点を取ったときに、地面と垂直にラケット面がボールに当たっていく、そこで力が入るような形をイメージして試してみて下さい。

 

■グリップを厚くするほど、打点は前にセット

グリップの握りは人それぞれ、好みもありますし一概に正解はありません。

しかし、その握り方によって打点が変わってくるのは覚えておきましょう。

トップスピンをしっかりかけたい人は、厚い握りで打点はかなり前にセットすること。

そして打点が前になれば、スィングスピードも速くしなければボールに回転がかけれません。

逆にスライスのショットは、スィングが多少遅くてもOK。

打点も後ろになりますので、スピン系とは全てが逆になりますので、覚えておいて下さい。

 

■グリップと打点を確認できたら、後はしっかりラケットを振り切ろう!

力の入る打点とグリップの感覚を掴んだら、後はしっかりラケットを振り切ること。

そのときに注意したいのが、身体の開きを抑えて打点を安定させること。

どうしても横振りになってしまうと身体が開いて打点が安定しないので、ラケットを持っていない手をしっかり後ろ方向に引いてバランスを取りましょう。

確実に良い打点で打てるように、速い準備と移動できるフットワークも必須です。

簡単なボール出しの練習から、徐々に長い距離を動く、前後に動くような練習で感覚を掴んでいきましょう。

 

片手バックハンドのストロークは、このグリップと打点を身に付けるまでが難しい。

一度身に付けてしまえば、両手バックハンドよりもリーチが長いですし、意外と疲れないというメリットもあります。

男性にしか打てない・・・というイメージがあるかも知れませんが、実は女性でも打てる人はしっかり打ててます。

打点さえ前、に取れるようになれば力はいりません。

ぜひ、トライしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットを上達させたいなら、「ネットプレーへの流れを意識」で変わる

    テニスの試合で、スピード間のあるネットへの流れ。これが出来る人…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    改めて考えてみる、「シングルスでのシコラー対策」についての新しい視点

    もうすぐ秋の大会シーズン。シングルスの試合で、改めて「粘りが身…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    「高めのバックハンド」の対策が無いと、テニスの試合でのストローク戦は戦えない

    色んなところで色んな高校生とか中学生をレッスンしているが、全体的に見て…

  4. テニス テイクバック

    ストローク

    「スウィングスピードを上げたいでしょ?」だったらテニスの試合で使えるように考えてみよう

    200キロのサーブを打つためには、200キロ以上のスウィングスピードが…

  5. ストローク

    浅いボールの打ち込みも、軌道は山なり

    試合で浅いボールを、相手コートに打ち込んでいく。この何気ない…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、打った瞬間に「自分のボールと決別する」強い意志が必要!

    テニスのラリーでは、シンプルですがあるルールがある。それは、自…

特集記事

  1. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、走り回って粘る相手にはチャンスであえて「相手がいる場…
  2. その他

    出来ないのではなく、やっていないだけ
  3. 戦術

    テニスにおけるベストなポジションなんて、無い
  4. テニス ダブルス

    その他

    テニスの団体戦で「ベンチコーチとして入ったとき」に、意識したいことはシンプルです…
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスで「どうしてもポーチに出れない・・・」と感じているアナタへのヒント5つ
PAGE TOP