テニス 練習

スマッシュ

スマッシュのコース、「迷ったら逆クロス方向へ」で決めて打ち切るようにすれば振り切れます!

試合の中で大事な場面、スマッシュを打てるチャンスが巡ってきた・・・。

しかし相手もしっかり下がって構えているケース、アナタはどこへ打ち込むイメージで普段の試合を進めていますか?

相手が動いていればその逆も突けますが、しっかり下がって待たれているときにはそれがプレッシャーにも感じられてしまうもの。

ただでさえ優柔不断な性格で・・・という人は、試合前にもうコースを決めておいても良いかも知れません。

 

スマッシュのコース、「迷ったら逆クロス方向へ」で決めて打ち切るようにすれば振り切れます!

 


 

■逆クロス方向のスマッシュは、打ちやすい

逆クロス方向へのスマッシュ、右利きの方であれば右方向へのスマッシュは比較的打ちやすいはずです。

相手も右利きの選手であればバックハンド側になりますし、少なくとも自分の優位性は崩さずにしっかり攻撃できるでしょう。

ポイントは、打つまでしっかり横向きで肩が入った状態を保つこと。

正面向きになるのが早いと、打点がぶれてコントロールが効かなくなります。

 

■「逆クロス」で決めているけど、クロス方向に打つ雰囲気も匂わす

テニスで試合に強い選手は、コースを隠すのが上手い。

どちらにでも打てるような態勢を相手にしっかりアピールして、動けなくなるような心理戦をしかけてくる。

だからこそ、アナタも例えクロスに打つ気は無くとも、「クロスにも打ってきそう」な雰囲気は相手に醸し出したいところです。

肩が入って、しっかりとラケットを持っていない腕を高く上げておく。

この態勢でボールを追いかけていると、相手はどこに打ってくるか分からないような感じになってスマッシュが決まりやすくなります。

事前にコースを決めていても、相手には悟られないように意識するだけで、結果はかなり違うはずです。

 

■丁寧にコースを突くスマッシュ、まずは逆クロス方向から

丁寧にコースを突くスマッシュも、この機会にまずは逆クロス方向からしっかり打てるようになりましょう。

ストロークもそうですが、逆クロス方向には横向きの構えから打つ方向が見えやすいので、クロス方向よりもコントロールが付けやすいはずです。

スマッシュに苦手意識を持っている人も、この機会に「逆クロス方向にだけはしっかり」打てるようになってみて下さい。

試合の中では、「逆クロス方向にしか打てない」なんてのは、早々ばれません。

コースを決めていれば、振り出しも速くできますのでボールに勢いも出ます。

短い試合の中では、いかに得意なショットのみで試合を終えるか、ポイントを作っていくかを考えてみましょう。

 

スマッシュをしっかり試合で打てるようになるには、もちろん練習が必要。

と同時に、相手にとって自分のスマッシュがどういう印象を与えているのかを確認しておきましょう。

「打つコースがばれている」

「分かっているけど、速くて取れない」

「スマッシュは怖くないから、打たせようと思ってロブを上げていた」

という感想は、アナタのレベルアップに大きく役立つはずです。

一番怖いのは、「自分はこんな感じでスマッシュを打てているはず・・・」という、思い込みです。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス シングルス

    スマッシュ

    深いロブは、ゆったりしたスマッシュで充分に対応出来る

    相手の深いロブを、下がってスマッシュ。これが出来る、出来ないで…

  3. テニス 客観視

    スマッシュ

    「チャンスと思っても難しい!」テニスでネット際でのグランドスマッシュを打ち切る技術

    テニスにおける最大のチャンス・・・。色々ありますが、高いバウン…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    味方のスマッシュチャンスを、「決めてくれるだろう…」と甘く考えてる人は試合で勝てません

    ダブルスの試合で、そのペアの強さを測るときにはポイントがあります。…

  5. スマッシュ

    強いスマッシュを打ちたければ、腕を振ってはいけない

    ここを勘違いしていると、いつまで経ってもスマッシュは上達しない。…

  6. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    リードしているその瞬間も、「相手だったら何を考えるか」を想像しよう
  2. ダブルス

    強い並行陣は、後衛のポジショニングに秘密有り!
  3. ボレー

    「オープンスタンスで片手フォアボレー」を身に付けると、テニスの試合で守備範囲が劇…
  4. テニス ストローク

    リターン

    「死んだようなサーブ」をリターンミスする人の特徴5つ
  5. テニス 評価

    日々の雑記

    感動は人を変え、またその人が次の感動を紡いでいく
PAGE TOP