テニス 練習

スマッシュ

スマッシュのコース、「迷ったら逆クロス方向へ」で決めて打ち切るようにすれば振り切れます!

試合の中で大事な場面、スマッシュを打てるチャンスが巡ってきた・・・。

しかし相手もしっかり下がって構えているケース、アナタはどこへ打ち込むイメージで普段の試合を進めていますか?

相手が動いていればその逆も突けますが、しっかり下がって待たれているときにはそれがプレッシャーにも感じられてしまうもの。

ただでさえ優柔不断な性格で・・・という人は、試合前にもうコースを決めておいても良いかも知れません。

 

スマッシュのコース、「迷ったら逆クロス方向へ」で決めて打ち切るようにすれば振り切れます!

 


 

■逆クロス方向のスマッシュは、打ちやすい

逆クロス方向へのスマッシュ、右利きの方であれば右方向へのスマッシュは比較的打ちやすいはずです。

相手も右利きの選手であればバックハンド側になりますし、少なくとも自分の優位性は崩さずにしっかり攻撃できるでしょう。

ポイントは、打つまでしっかり横向きで肩が入った状態を保つこと。

正面向きになるのが早いと、打点がぶれてコントロールが効かなくなります。

 

■「逆クロス」で決めているけど、クロス方向に打つ雰囲気も匂わす

テニスで試合に強い選手は、コースを隠すのが上手い。

どちらにでも打てるような態勢を相手にしっかりアピールして、動けなくなるような心理戦をしかけてくる。

だからこそ、アナタも例えクロスに打つ気は無くとも、「クロスにも打ってきそう」な雰囲気は相手に醸し出したいところです。

肩が入って、しっかりとラケットを持っていない腕を高く上げておく。

この態勢でボールを追いかけていると、相手はどこに打ってくるか分からないような感じになってスマッシュが決まりやすくなります。

事前にコースを決めていても、相手には悟られないように意識するだけで、結果はかなり違うはずです。

 

■丁寧にコースを突くスマッシュ、まずは逆クロス方向から

丁寧にコースを突くスマッシュも、この機会にまずは逆クロス方向からしっかり打てるようになりましょう。

ストロークもそうですが、逆クロス方向には横向きの構えから打つ方向が見えやすいので、クロス方向よりもコントロールが付けやすいはずです。

スマッシュに苦手意識を持っている人も、この機会に「逆クロス方向にだけはしっかり」打てるようになってみて下さい。

試合の中では、「逆クロス方向にしか打てない」なんてのは、早々ばれません。

コースを決めていれば、振り出しも速くできますのでボールに勢いも出ます。

短い試合の中では、いかに得意なショットのみで試合を終えるか、ポイントを作っていくかを考えてみましょう。

 

スマッシュをしっかり試合で打てるようになるには、もちろん練習が必要。

と同時に、相手にとって自分のスマッシュがどういう印象を与えているのかを確認しておきましょう。

「打つコースがばれている」

「分かっているけど、速くて取れない」

「スマッシュは怖くないから、打たせようと思ってロブを上げていた」

という感想は、アナタのレベルアップに大きく役立つはずです。

一番怖いのは、「自分はこんな感じでスマッシュを打てているはず・・・」という、思い込みです。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス 上達

    スマッシュ

    スマッシュがいつまでも上達しない人は、「上半身の動きの練習」しかしないから

    練習で打つスマッシュ、試合で使うスマッシュ。この決定的な違いを…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは最後、後ろにジャンプ!で安定する

    スマッシュが苦手な人、苦手意識のある方は、ちょっとイメージしてみて下さ…

  3. テニス スマッシュ
  4. スマッシュ

    「スマッシュを自分の武器として育てていく」為に、テニスの練習で必要な意識4つ

    テニスもラケットスポーツの一種。その中では、スマッシュでポイン…

  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合の中で一度や二度の失敗で、スマッシュを諦めてはいけない

    「スマッシュ、好き!」と言える人。ほとんどいない・・・ですよね…

  6. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュの基本は、相手に優位性を渡さないこと

    特にダブルスの試合、ではこの意識が大事。無理に決めよう、として…

特集記事

  1. 戦術

    いつも必死の形相でボールを打つ人に、勝てそうな雰囲気は生まれない
  2. テニス ボレー

    ロブ

    試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい
  3. テニス 体力

    フットワーク

    試合中に足が動かないと感じたら、「腿上げジャンプ」をして自分でエンジンをかけよう…
  4. テニス ストローク

    リターン

    「ダブルスでリターンのサイドはどうやって決める?」参考にしたいテニスの試合巧者の…
  5. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスのラリーの中で重要な、「打った後にポジショニングを戻す」という基本は見落と…
PAGE TOP