戦術

上手い人は、逃げるように攻めてくる

目次

そんなに強いショットで攻められた訳じゃないのに、気が付いたら負けている試合。

結構多くないですか?コレ。

私も「何で負けたんだろう・・・競ってたように思ったのに」という試合は、意識して振り返るようにしています。

そうすると、こういう結論に行きつくんですよね。

上手い人って、攻めているようで守っている。

本当に手堅いんですよね。

 

上手い人は、逃げるように攻めてくる

 


 

1.逃げるように攻めて来る!

例えば、アナタ自身がネットに出る、前に出たとしましょう。

相手は、まず足下に打って緩く来る。

これ、攻めているようで上手く逃げている、とも言えます。

相手の前衛に触られても、ハイボレーにはならないような球筋。

後衛には、低い位置でボレーさせて、攻撃はさせないような配球。

攻めているようで、実は逃げている。

打っている本人も攻めている意識が無いから、ミスが少ない。

これが実に、嫌らしいテニスなんですよね。

 

2.相手を避ける、だけど攻めさせない

テニスって、そう簡単に攻撃って出来ない。

攻撃出来るポイント、シチュエーションってある程度限られています。

高い打点、ネットより高い位置でボールを打てる時、は攻めていけるし強く打てる。

でも、ネットより低い位置は、やはり無理出来ないじゃないですか。

相手の攻撃を避ける、という意味でネットより低い位置に緩く配球していく。

この意識は、すごく大事ですよ。

特に、アナタ自身が攻撃されているうような場面、ですね。

逃げるように配球する、結果的にそれが良い攻撃につながる。

テニスは、そういう競技です。

 

3.「結果的に攻撃になる」のが理想

攻める時に、ミスが多い人はこの発想でいきましょう。

相手の攻撃を避ける、ことが結果的に良い攻撃になる、ということ。

これが理解出来ると、試合ではすごく楽ですよ。

「攻めないと!攻めないと!」と焦る必要も無いですからね。

逃げている意識で、相手に良い攻撃になっていくという感覚を、ぜひ養って下さい。

自分から攻めないでも、試合に勝てる。

この感覚こそ、勝者の感覚だと私は思います。

 



 

4.回転量、で相手を揺さぶろう!

「でも、緩く打つと叩かれてしまう・・・」という人は、回転量を増やしましょう。

スライスでもスピンでも、今よりもスウィングスピードを上げて回転量を増やしてみる。

そうすると、逃げながら攻撃出来ます。

しっかり振り切って、それでいてボールの球速は遅い。

相手の足下に沈めたり、ロブを打ったり。

ただ当てるだけなら、コントロールは難しいですよ。

どこかで、自分の中でグリップを変えて振っていく意識、でいきましょう。

 

5.お勧めの練習法

まず、ロブを変えましょう。

スライスロブ、スピンロブ、今までよりも回転量を変えてみる。

回転量が少なくて速いロブ、それから回転量が多くて遅いロブ。

これをしっかり打ち分けられるように、ボレー対ストロークで練習してみる。

ボレー側は、色々なロブを受ける、対応する。

2回に1回はロブを打つくらい、ハッキリとロブの練習を出来ると良いでしょう。

当てるだけのロブ、では逃げるように攻めることは難しいですから。

回転量を調整する練習、大事です。

 

何もしないで、試合に勝てる。

それはどこかで、相手の攻撃を上手く逃げている結果だと思います。

攻める意識は、大事なポイントではミスの元にもなりますからね。

当然、攻める時にはしっかり攻めることも大事ですが。

メリハリを付けて、頑張っていきましょう!

 

YouTubeで公式チャンネルを開設しました!

ぜひ、チャンネル登録頂きご覧さいませ。

T-PRESS YouTube公式チャンネル

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. 戦術

    T-PRESS 女子ダブルスイベント 参加者アンケート

    先日はイベントにご参加頂きまして誠にありがとうございました!…

  2. テニス スマッシュ

    戦術

    「自分が攻撃しているのか、させられているのか」は、常に意識を

    皆さんは、試合の中でこんな感覚を覚えたことありますか?「相手の…

  3. テニス ストローク

    戦術

    夏場の試合に必要な、体力温存策5つ

    夏場のテニスの試合は、過酷そのもの。1試合だけでもキツイのに、…

  4. 戦術

    強い気持ちがある人しか、真の準備は出来ない

    試合前の、準備が大事。これは何度も書いて来たことですし、私自身…

  5. 戦術

    決める力が無い、という勘違い

    アナタ自身が、もしテニスを上手くなりたいと思っているなら。ど…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    緊張感の高まる場面では、ポイントは奪うのではなく「与えない」意識で

    試合も後半、終盤で緊張感が高まる場面。ここでどんなプレーが出来…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「浅いボールのアプローチショットが難しい」人はボール…
  2. テニス ストローク

    ダブルス

    雁行陣でドロップショットを打たれたら、どちらの選手が拾うのが良い?
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「勝ち上がる気、あるのかっ?」テニスのトーナメントを勝ち抜くために
  4. テニス 練習

    戦術

    ミスが多い相手の雰囲気は、伝染する
  5. テニス 練習

    ストローク

    調子が悪いときのストロークを安定させるには、「速い準備でゆっくり振り切る」ことに…
PAGE TOP