テニス ストローク

ロブ

テニスの試合で、「ロブで逃げる」という発想を卒業しよう

試合に慣れて来ると、「ロブ」を皆さん意識して使うようになりますね。

女子ダブルス、ベテランの皆さんの中には、得意のショットにしている人も多いでしょう。

そう、得意にして欲しい、ロブを。

逃げる手段では無く、試合を作る、動かしていくショットにしていくことが大事。

学生の皆さん、ダサいと思っているロブという技術の発想を変えてみませんか?

 

テニスの試合で、「ロブで逃げる」という発想を卒業しよう

 

1.試合の序盤に打つことが大事

まず、これを意識して欲しい。

試合の序盤、ダブルスの試合なら1ゲーム目のリターンで使っていく。

それも、厳しいファーストサーブを上げるだけじゃなく、セカンドサーブでリターンの態勢充分、のような場面で打っていく。

そうすることで、相手に「ロブで攻撃してくる選手」という意識付けをしたい。

試合の序盤なら、多少のミスや失点はOK。

それに、序盤のプレーって試合の後半まで生きる、活かすことが出来る。

自分自身の対しても、「この試合、ロブでいくぞ!」という意志表示になりますしね。

 

2.武器にするなら「スライス」は△

スライスロブも重要、ですが・・・やっぱり順回転のショットで打ちたい。

トップスピンロブ、だと理想ですが、そんなに回転量が多く無くても良い。

大事なのは、滞空時間が短い、そしてバウンド後に失速しないようなロブ、が理想ですね。

このロブって、相手は後衛もカバーし辛いし前衛もスマッシュを打ち辛い。

攻撃的なロブ、と印象付けることが出来たら、きっと相手は1歩ポジションを下げてくれるはずですよ。

 

3.相手のド詰めを防ぐには、ロブを使わないと

学生の皆さんの試合でも、よく見るのですが・・・。

相手2人がしっかり前に詰めているのに、パッシングショット勝負を挑んでいく人。

ガンガン打って、どちらが押し切るか・・・って、すごく視野が狭い。

上、ロブを使えば簡単にポイントが決まるし、相手は前に詰められなくなる。

1.でも書きましたが、試合の序盤にロブを使っておくことで、相手は前に詰める1歩が出なくなる。

出足を鈍らせることが出来るのは、アナタ自身が武器にしているロブ、です。

 

4.「逃げる」ロブは、通用しなくなる

上のレベルになれば、逃げのロブは通用しない。

逃がさせてくれないんですよね・・・とにかく下がるのも早いし、スライスロブは打ち抜かれる。

ロブの概念を変えていく、為に必要なことって何でしょう?

意識が変われば、次に変えるのは練習でしょう。

ボレー対ストローク、のラリー練習の時に、積極的にロブを使ってみる。

抜こうとしないで、相手を下げさせる。

この意識こそ、磨きたい意識です。

 

5.ロブは相手を動かすショット

そう、エースを狙うショットじゃない。

つい、私たちは錦織選手のように激しいトップスピンロブで相手を抜きたがる。

ライン際のショットを、ナイスショットだと勘違いしてしまう。

ロブって、相手を動かすショット。

相手を後ろに下げて、スペースを作って攻撃していくショット、です。

逃げるという受け身な発想ではなく、どんどん相手を動かすショットという意識で使っていきましょう。

きっとダブルスだけじゃない、シングルスでも活かせるロブが身に付くはずですよ。

 

強いチームの練習、では必ず「ロブ」が入ります。

上手くラリーの中で、使っていく。

レベルが低いチームほど、追い込まれないと「ロブ」という選択肢が浮かばない。

それって、ただ逃げているだけです。

きっと、皆さんもっとロブは武器に出来ますよ。

まずはどんどん、練習で相手を動かす意識で使っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. ロブ

    攻めるロブは、あえてクロスに!

    攻撃的なロブ、をしっかり打って攻めたい試合。ダブルスで結構、あ…

  2. テニス 粘り

    ロブ

    高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように

    高いスライスロブを打たれて、走っていってストロークで返球・・・しようと…

  3. ロブ

    後衛にバックボレーでカットさせる、のがダブルスの試合でのナイスロブ

    ダブルスの試合、どんなレベルでも有効な作戦。それは、こういうロ…

  4. ロブ

    「上げた!」を言わないロブは、つまりは・・・?

    ダブルスの試合で、ロブを上げる。この時に、普通は後衛は前衛に「…

  5. ロブ

    トップスピンロブは、前足上げで切れ味アップ!

    試合で使えるトップスピンロブ。今の自分の打ち方から、どこを変え…

  6. テニス ボレー

    ロブ

    意外と使える、ネット近くからのロブの使い方について

    ロブについて、みなさんどんなイメージですか?きっと、コートの後…

特集記事

  1. テニス リターン

    ダブルス

    「譲り合って、結局返せない」ペアは、あの基本から見直そう
  2. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合本番で起きること、は「全て毎日の練習」でも起きていることである
  3. テニス メンタル

    ストローク

    ストローク戦で振り遅れが目立つ時には、ラケットヘッドからのテイクバックに変えてみ…
  4. テニス ストローク

    シングルス

    初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打…
  5. テニス 駆け引き

    戦術

    自分の武器を活かすなら、相手の対応パターンを熟知しておこう
PAGE TOP