戦術

先を読むのは難しくない、行動することが難しい

たくさんの記事を読んで来て、みなさんも感じていることじゃないでしょうか。

先読み、は出来るようになって来た。

でも、動くのが難しい。

これは、特に試合の大事な場面だと、そうじゃないですかね。

テニスに限らず、だと思いますよ。

 

先を読むのは難しくない、行動することが難しい

 


 

1.先読みするのは、誰でも出来る

「次は、ここに来そう」という感覚、ありますよね。

これは、実際誰でも持てると思います。

差はあるとは言え、先読みする力はみなさんの中には確実にある。

日々、生活している中でも危険予測しながら過ごしている訳じゃないですか。

でも、テニスの試合と日常生活で違うのは、「行動を興す」必要があるということ。

「ここが危ない」と感じたら、思い切って先回りすること、が求められるんです。

 

2.行動出来る人が、予測を活かせる

「あぁ・・・やっぱりクロスか・・・ポーチに出れば良かった。。」と、感じること。

これが、試合で多いんじゃないですかね。

何となく予測は出来るけど、一歩が出ない。

これが普通です、実際の試合では。

特に大事なポイントほど、「自分に責任がかかる」のが怖いですからね。

でも、結果的に相手からすると、どっちが嫌なのか。

リスクを冒してでも、ポーチに出る方が絶対嫌な相手が多いはず。

行動出来る人が、予測を活かすことが出来る。

先読みするだけ、では何も始まらないんです。

 

3.テニス以外も、みんなそうかも

「やっぱりね」

「言うと思った」

こういうことばっかり言っている人、みなさんの周りにもいませんか?

私は正直、苦手です、こういう人。

予測して先読みしているだけで、自分からは何も行動を興せない。

テニスの上達も難しいでしょう。

こういう人は、分かっているようで何も分かってはいない。

行動を興すこと、が出来ていない人は、本当の意味での先読みは出来ていないです。

それはただの、高みの見物、です。



4.行動するからこそ、予測の精度も上がる

例えば先読みして動いて、成功したり、失敗したり。

テニスはこれの繰り返し。

だからこそ、行動することが大事なんです。

先読み、予測だけで終えている人は、その精度がずっと上がらないですから。

行動で終えている人は、どんどん予測の精度が上がっていく。

当然ですよね、身を以て知っている訳ですから。

それでも、失敗することはありますよ。

でもその失敗も糧になることを知っているから、またチャレンジしていくスピード感も早い。

こういう人が、どんどん力を付けていく、差はますます開いていく。

これがテニスの世界、です。

 

5.お勧めの練習法

練習試合では、何か自分の中でテーマを持ち込む。

ポーチに出たいなら「先読み、即行動」と決めておく。

特に、大事なポイントほど、その行動を鮮明に、ハッキリやってみて下さい。

そして、その結果や感覚を自分の中で記録する。

記録するから、それは活かせるし失敗ではない、全てはまた予測に活かせるようになる。

言っても、練習試合ですからね。

先読みだけで終わらせては、もったいないだけ。

試合に入る前から、自分の中でハッキリさせて入るだけでかなり変わりますよ。

 

ぶっちゃけ、差ってここだけです。

先読みまでは誰でも出来る、あとは動くかどうか。

動ける人はもっともっと上にいけるし、予測しているだけの人は停滞したまま。

テニスで自分の殻を破れないと嘆いている人は、こういう小さいところから見直してみてはどうでしょうか?

きっと、毎日の景色から変わるはずです。

 

YouTubeで公式チャンネルを開設しました!

ぜひ、チャンネル登録頂きご覧さいませ。

T-PRESS YouTube公式チャンネル

ピックアップ記事

  1. 【終了しました!4/16(土)レッスンイベント】佐藤博康プロと3時間 ダブルス練…
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス 戦術

    戦術

    プレッシャーが比較的少ない、テニスの試合の序盤にやっておくべきこと4つ

    試合は序盤、中盤、終盤と、気が付けばどんどん進行していく。自分…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手として、「スタミナを武器にしたい」と考えているのであれば、1日8ゲームマッチ4試合をイメー…

    体力なら誰にも負けない、という猛者とは、なかなか試合をしたくないもの。…

  3. テニス 観察

    戦術

    「自分の中でのコツ」を、一番優先して良いんです

    悩んだときには、自分の直感を信じて良い。私は、普段そんな感じで…

  4. テニス ミス

    戦術

    「自分らしい失点、自分らしくない失点」という視点

    自分の獲ったポイント、ナイスなショットはしっかり覚えている。で…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    「つなぎのボールの精度」を上げないと、そもそも強い相手には粘れない

    強い相手に、粘って試合を進める。何とか接戦に持ち込めば、試合の…

  6. テニス メンタル

    戦術

    ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選

    テニスのショットの技術の中で、「ラケットの先」を使うショット、実はたく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    テニス歴1年未満の初心者の方でも、「試合で迷惑をかけたくない・・・」と思ったら、…
  2. テニス ボレー

    その他

    「こっち側には絶対来ない!」と思い切れるかどうかが、テニスの試合では予測力の差に…
  3. テニス 準備

    リターン

    テニスの試合で、「相手サーブの曲がりが激しいとき」には、よりコンパクトなリターン…
  4. ボレー

    意表を突いたボレー、が効果的な場面は?
  5. テニス コントロール

    練習メニュー

    「シンプルな練習にポイント要素を入れる」テニスのストロークの基本練習メニュー
PAGE TOP