戦術

先を読むのは難しくない、行動することが難しい

たくさんの記事を読んで来て、みなさんも感じていることじゃないでしょうか。

先読み、は出来るようになって来た。

でも、動くのが難しい。

これは、特に試合の大事な場面だと、そうじゃないですかね。

テニスに限らず、だと思いますよ。

 

先を読むのは難しくない、行動することが難しい

 


 

1.先読みするのは、誰でも出来る

「次は、ここに来そう」という感覚、ありますよね。

これは、実際誰でも持てると思います。

差はあるとは言え、先読みする力はみなさんの中には確実にある。

日々、生活している中でも危険予測しながら過ごしている訳じゃないですか。

でも、テニスの試合と日常生活で違うのは、「行動を興す」必要があるということ。

「ここが危ない」と感じたら、思い切って先回りすること、が求められるんです。

 

2.行動出来る人が、予測を活かせる

「あぁ・・・やっぱりクロスか・・・ポーチに出れば良かった。。」と、感じること。

これが、試合で多いんじゃないですかね。

何となく予測は出来るけど、一歩が出ない。

これが普通です、実際の試合では。

特に大事なポイントほど、「自分に責任がかかる」のが怖いですからね。

でも、結果的に相手からすると、どっちが嫌なのか。

リスクを冒してでも、ポーチに出る方が絶対嫌な相手が多いはず。

行動出来る人が、予測を活かすことが出来る。

先読みするだけ、では何も始まらないんです。

 

3.テニス以外も、みんなそうかも

「やっぱりね」

「言うと思った」

こういうことばっかり言っている人、みなさんの周りにもいませんか?

私は正直、苦手です、こういう人。

予測して先読みしているだけで、自分からは何も行動を興せない。

テニスの上達も難しいでしょう。

こういう人は、分かっているようで何も分かってはいない。

行動を興すこと、が出来ていない人は、本当の意味での先読みは出来ていないです。

それはただの、高みの見物、です。



4.行動するからこそ、予測の精度も上がる

例えば先読みして動いて、成功したり、失敗したり。

テニスはこれの繰り返し。

だからこそ、行動することが大事なんです。

先読み、予測だけで終えている人は、その精度がずっと上がらないですから。

行動で終えている人は、どんどん予測の精度が上がっていく。

当然ですよね、身を以て知っている訳ですから。

それでも、失敗することはありますよ。

でもその失敗も糧になることを知っているから、またチャレンジしていくスピード感も早い。

こういう人が、どんどん力を付けていく、差はますます開いていく。

これがテニスの世界、です。

 

5.お勧めの練習法

練習試合では、何か自分の中でテーマを持ち込む。

ポーチに出たいなら「先読み、即行動」と決めておく。

特に、大事なポイントほど、その行動を鮮明に、ハッキリやってみて下さい。

そして、その結果や感覚を自分の中で記録する。

記録するから、それは活かせるし失敗ではない、全てはまた予測に活かせるようになる。

言っても、練習試合ですからね。

先読みだけで終わらせては、もったいないだけ。

試合に入る前から、自分の中でハッキリさせて入るだけでかなり変わりますよ。

 

ぶっちゃけ、差ってここだけです。

先読みまでは誰でも出来る、あとは動くかどうか。

動ける人はもっともっと上にいけるし、予測しているだけの人は停滞したまま。

テニスで自分の殻を破れないと嘆いている人は、こういう小さいところから見直してみてはどうでしょうか?

きっと、毎日の景色から変わるはずです。

 

YouTubeで公式チャンネルを開設しました!

ぜひ、チャンネル登録頂きご覧さいませ。

T-PRESS YouTube公式チャンネル

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. 戦術

    「相手に勝つイメージ」の作り方のコツ5つ

    試合前に、集中力を高めて、ぜひやって欲しいこと。それは、どん…

  2. テニス ミス

    戦術

    緻密なコントロールこそ、試合では最高のプレッシャーになる

    相手にやられて、一番嫌なこと。みなさんは、何でしょうか?…

  3. テニス 上達

    戦術

    練習でやってきたことが出せる、のがテニスにおける成長

    「練習通りに、なんで出来ないんだろう」と、悩む方は多いですよね…

  4. テニス ボレー

    戦術

    1セットマッチの試合では、「プレーしながら常に2ゲーム先」も考える癖を付けよう

    試合の中で、まずは目の前のプレーに集中する。それは大前提です。…

  5. テニス シューズ

    戦術

    迷ったら強気、と試合前に決めておくこと

    どんなに準備しても、試合の現場では迷います。だからこそ、試合は…

  6. テニス メンタル

    戦術

    見た目な優しそうな選手ほど、実は強気なテニス選手は多い

    「この人、見かけに寄らないな・・・」と、思うこと、皆さんもありますよね…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    「スペインの古城でストレス発散」できるのも、テニス選手の実力のうち
  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの並行陣では、「片方の選手が詰めたら、パートナーはT字まで下がる」ことで…
  3. テニス ストローク

    戦術

    ストロークのパワーアップは、後ろ足の膝を寄せる体重移動から
  4. テニス 練習

    スマッシュ

    威力のあるスマッシュは、打ち終わりでラケットの先が下を向く
  5. 戦術

    調子が悪いなら、動こうよ
PAGE TOP