テニス ロブ

ボレー

ネットにいる相手に向かって、沈めて前に出る勇気を持てる選手は強い

「あ、この人は試合慣れしているな」と、感じるプレー。

みなさんは、どんなプレーを見たときに感じますか?

私は、シンプルに、これです。

試合の中で、相手ネットプレイヤーを恐れない姿勢、攻略していくイメージを持っている。

逆にこのプレーが出来ないと、いつまで経っても弱々しいロブしか打てない、そんな試合しか出来ないでしょう。

 

ネットにいる相手に向かって、沈めて前に出る勇気を持てる選手は強い

 


 

1.前にいる相手に、怖気づいてはいけない!

ダブルスなら相手前衛、ですね。

もし相手が並行陣で来たら、2人共前に居る状態、になってしまいます。

これは、どうにも防ぐことは出来ません。

だって、テニスはネットで仕切られていて、相手コートに自分が入って行って「前に出ないで!」とブロックすることは出来ないから。

相手が前に出て来る、という動作は、止めることが出来ないんです。

このテニスのルールがある以上、相手が前に出てきたときに、どう対応するのか。

勇気あるプレー、が選択出来る選手は試合慣れしているし、実際に強いでしょう。

 

2.相手ネットプレイヤーに、低いボレーを打たせよう

何度か書いて来ましたが、相手に低い位置でボレーさせれば怖くない。

ネットを超える為に、必ずそのボールは一度上方向に飛びますから、アナタを攻撃するボールにはならないはず。

もちろん、コントロール良く打たれたら厳しいですが、少なくともハードヒットは無いですよね。

だからこそ、アナタ自身も前に出れる。

相手がネットにいる除隊、ボレーヤーに対して前に入っていける勇気を持てるかどうか、です。

並行陣相手に、こちらは雁行陣でずっと対抗出来る・・・なんて、幻想です。

どこかで雁行陣からこちらも並行陣、に持ち込むくらいの気持ちを見せていかないとダメ。

じゃないと、ロブで逃げるしか手が無くなってしまう。

相手は、そんなことは百も承知で下がってスマッシュ、を打たれて終わりです。

 

3.打ってから前、じゃなくて、打ちながら前!

この決断力が一番大事です。

足元に沈めるボールを打つ技術?もちろん、大事。

でもそれ以上に、多少甘くなっても良いから、相手の低い位置を狙って打って、そのまま前に出る覚悟が大事。

だって、自分が打った後にそのボールの精度を見極めて、それから前・・・なんて時間、あると思いますか?

ダブルスのスピードゲーム、そんな時間も余裕も無い。

自分が打ったボールを信じて、打ったらもうそのまま前に入ってボレー戦に持ち込む。

もしそこで浮いたら、仕方ないですよ。

頑張って守備で凌ぐ、しかないんです。

 

4.距離を詰められることが、テニスではプレッシャーになる

実際に、このプレー、やられたら分かりますよね。

相手が一気に前に出て来る、自分がネットにいるとはいえ、そのプレッシャーは凄いものがある。

テニスでは、相手との距離が縮まっていくとプレッシャーに感じるんです。

更に、自分が低い位置でボレーしているような時は、そうですね。

相手も前に入って来ているので、うかつに浮いたボールは返球出来ない。

そのプレッシャーがミスを生む。

ダブルスの試合では、こういう心理戦に引いてしまっては勝てない。

普段から、前にいる相手に対して、前に入る。

これを日常のように繰り返してみて下さい。

 

ボレー対ストローク、ある一定のレベルから、やはりストローク側はしんどいです。

後ろでプレーし続けると考えると、手が限られてしまいますからね。

前で勝負する、自分もボレーに出るという選択肢を、強く持っておく。

鍛えておけば、きっと並行陣相手でも怖くないですよ!

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーで決めることが出来ない…人は、「相手がボールを打つ少し前」に、打つコースを決めてしまおう

    ボレーの決定力、自分はある!と自信を持って言えますか?なかなか…

  2. テニス スライス

    ボレー

    ネットに詰めたときのポーチで、「ネットすれすれの低いボールが来たとき」には、慌てず低い態勢に自分がな…

    テニスの試合で勝つのに必要な要素、たくさんありますが大事なのは想像力。…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    片手バックハンドボレー、なのになぜか両手バックハンドボレー、になってませんか?

    片手バックハンドボレー、特に男性は使う方が多いですよね。でも、…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    角度を付けたアングルボレーを打ちたければ、「ラケットヘッドを立ててボールの横」を触ってみよう

    今回は、シンプルにアングルボレーの基本をおさらい。角度を付ける…

  5. テニス ポジショニング

    ボレー

    ダブルスの試合の前衛で、「ストレートも守れてポーチにも出れる」魔法のフットワークとは?

    ダブルスの前衛で、結局ポーチに出れないし、ストレートも抜かれる・・・。…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由

    ダブルスの試合、サーブ側の前衛。よく考えると、この選手が一番攻…

特集記事

  1. 戦術

    試合では「落としても良いポイント」が大事な、その理由
  2. ストローク

    「バウンドする頃には・・・」構えてももう遅い!テニスのストロークでは致命的なこの…
  3. テニス サーブ

    フットワーク

    打つコースを2つ用意しながら、ボールを追いかけるのが試合の基本
  4. テニス ストローク

    メンタル

    「全ての深いボールは入って来る!」で、アナタのメンタルは鍛えられます
  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    何がキツイって、毎回同じ練習の繰り返しが一番キツイはず
PAGE TOP