テニス ロブ

ボレー

ネットにいる相手に向かって、沈めて前に出る勇気を持てる選手は強い

「あ、この人は試合慣れしているな」と、感じるプレー。

みなさんは、どんなプレーを見たときに感じますか?

私は、シンプルに、これです。

試合の中で、相手ネットプレイヤーを恐れない姿勢、攻略していくイメージを持っている。

逆にこのプレーが出来ないと、いつまで経っても弱々しいロブしか打てない、そんな試合しか出来ないでしょう。

 

ネットにいる相手に向かって、沈めて前に出る勇気を持てる選手は強い

 


 

1.前にいる相手に、怖気づいてはいけない!

ダブルスなら相手前衛、ですね。

もし相手が並行陣で来たら、2人共前に居る状態、になってしまいます。

これは、どうにも防ぐことは出来ません。

だって、テニスはネットで仕切られていて、相手コートに自分が入って行って「前に出ないで!」とブロックすることは出来ないから。

相手が前に出て来る、という動作は、止めることが出来ないんです。

このテニスのルールがある以上、相手が前に出てきたときに、どう対応するのか。

勇気あるプレー、が選択出来る選手は試合慣れしているし、実際に強いでしょう。

 

2.相手ネットプレイヤーに、低いボレーを打たせよう

何度か書いて来ましたが、相手に低い位置でボレーさせれば怖くない。

ネットを超える為に、必ずそのボールは一度上方向に飛びますから、アナタを攻撃するボールにはならないはず。

もちろん、コントロール良く打たれたら厳しいですが、少なくともハードヒットは無いですよね。

だからこそ、アナタ自身も前に出れる。

相手がネットにいる除隊、ボレーヤーに対して前に入っていける勇気を持てるかどうか、です。

並行陣相手に、こちらは雁行陣でずっと対抗出来る・・・なんて、幻想です。

どこかで雁行陣からこちらも並行陣、に持ち込むくらいの気持ちを見せていかないとダメ。

じゃないと、ロブで逃げるしか手が無くなってしまう。

相手は、そんなことは百も承知で下がってスマッシュ、を打たれて終わりです。

 

3.打ってから前、じゃなくて、打ちながら前!

この決断力が一番大事です。

足元に沈めるボールを打つ技術?もちろん、大事。

でもそれ以上に、多少甘くなっても良いから、相手の低い位置を狙って打って、そのまま前に出る覚悟が大事。

だって、自分が打った後にそのボールの精度を見極めて、それから前・・・なんて時間、あると思いますか?

ダブルスのスピードゲーム、そんな時間も余裕も無い。

自分が打ったボールを信じて、打ったらもうそのまま前に入ってボレー戦に持ち込む。

もしそこで浮いたら、仕方ないですよ。

頑張って守備で凌ぐ、しかないんです。

 

4.距離を詰められることが、テニスではプレッシャーになる

実際に、このプレー、やられたら分かりますよね。

相手が一気に前に出て来る、自分がネットにいるとはいえ、そのプレッシャーは凄いものがある。

テニスでは、相手との距離が縮まっていくとプレッシャーに感じるんです。

更に、自分が低い位置でボレーしているような時は、そうですね。

相手も前に入って来ているので、うかつに浮いたボールは返球出来ない。

そのプレッシャーがミスを生む。

ダブルスの試合では、こういう心理戦に引いてしまっては勝てない。

普段から、前にいる相手に対して、前に入る。

これを日常のように繰り返してみて下さい。

 

ボレー対ストローク、ある一定のレベルから、やはりストローク側はしんどいです。

後ろでプレーし続けると考えると、手が限られてしまいますからね。

前で勝負する、自分もボレーに出るという選択肢を、強く持っておく。

鍛えておけば、きっと並行陣相手でも怖くないですよ!

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「カットボレー」はしっかりスライスをかけていこう

    前衛のボレーでもなく、後衛のストロークでもない。テニスでは、前…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    ただつなぐだけのボレーでも、同じ構えからドロップボレーが打てれば試合で相手の脅威になります

    ネットプレーでは、何としてでもポイントをしっかり獲りたい・・・それも、…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    どうしても、「ボレーの独特の癖が抜けない」と感じている人に、試して欲しい7つのこと

    ソフトテニス、バドミントンなどを経験されて、硬式テニスを始められた皆さ…

  4. ボレー

    ダブルスでポーチを決めたいなら、ジグザグフットワークでいこう!

    ダブルスの試合、なかなか前衛で活躍出来ないと感じている方へ。も…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合で「ボレーで攻撃されてもブロックでしのぐ」ことが一球できるだけで、試合の流は変わります!…

    「試合の流れが変わる」というのを、アナタはテニスの試合で感じることはあ…

  6. テニス サーブ

    ボレー

    ハイボレーは下に叩き付ける、のではなくまっすぐ打って重力でコートに入れるくらいのイメージで充分

    ハイボレー、頭より高い位置のボレーは皆さんどうでしょうか?結構…

特集記事

  1. テニス 格上相手

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、「自分がミスショットしたときに、声を出さない」相手がア…
  2. シングルス

    ドロップショット、シングルスの試合ではこう使おう
  3. テニス 指導

    戦術

    「イーブンペースでの進行」で全く問題無い
  4. テニス 錦織圭

    メンタル

    「自分のテニスをやり切ること」を勘違いしていると、結果的に試合で勝てないことが多…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    身長が低い人に対して、高いバウンドを使わない手は無い
PAGE TOP