戦術

前に入りながら打つことでの、副産物とは?

目次

最近強い人のテニスを観ていて、感じること。

みなさん、必ず下がらないで「前に入りながら」を実践している。

これ、実はすごく大事なポイントだと私は思います。

下がって安全に返すという作戦は、シングルスであれば多少は有効な場面もあるでしょう。

でもダブルスの試合で、しかも相手も強いとなると…そうはいきません。

前に入りながら、自分から「副産物」をつかみ取りに行く必要があるんです。

前に入りながら打つと、どうなるのか?

例えば、リターンでは…?

下がって打つよりも、前に入りながら打つ。

そうすると、不思議とネットを超えてくれる。

当然、ネットから近い所でインパクトするので、下がって打つよりは入る可能性が増える。

当たり損ないのようなロブでも、前に入りながら打てば回転がかかって入る。

みなさんも、こういう経験試合で必ずあるはずです。

強いサーブだと、下がって返したいような気持ちにもなりますが、そうなるとこの副産物は手に入らない。

前に入りながら打てば、ボール自体に力が生まれるんです。

それこそ、ネットインも増える

リターンやラリー、ハーフボレーでも。

前に入りながらインパクトすれば、ネットに当たったコードボールも相手コートに落ちる。

こういう現象、私は立派な副産物だと思いますよ。

みなさんが少し、勇気を持って前に入っていくことで生まれる、大事なポイント。

運じゃない、実力でしょう。

ネットインが多い人って、やはりボールを自分から押している人ですから。

言われてみれば…という部分、感じられると思います。

早い準備で、前に入ろう

YouTubeのチャンネルでは、佐藤プロが何度も使っている「ローテーション」という言葉。

このローテーション、上体の捻りを入れながら前に入る。

もう、例えばストロークで本当に深いボールならドライブボレーでも良いくらいです。

迷いが生じないように、この動きを身体に染み込ませることが大事。

早い準備をしながら、もう足は前に出ているようなイメージで。

そうすれば、ネットに近い位置で正しいインパクトが出来る。

多少当たり損なったり、低い弾道になっても、最後に副産物が得られるかもしれない。

そういう意識が持てると、試合でもすごく自分自身が楽になれるんですよね。

相手にも、影響大

下がらない相手は、嫌なモノ

みなさんも、対戦していてそうでしょう。

多少当たり損なっても、前で勝負してくる相手の方が嫌じゃないですか?

プレッシャーが強いし、コースを消されているような感覚になる。

下がってくれると、ドロップ系のショットを使えるから楽なんですけどね。

下がらない相手は、それだけで嫌なんです。

みなさんも、そうならないといけない。

強い相手ほど、前で勝負する。

前に入りながらリターン、ハーフボレー、ボールに力を伝えていかないといけないですから。

技術はいらない、強引な決断で

今ある、持っている、みなさんの技術で。

まずは気持ちから、前に入っていきたいじゃないですか。

だからこそ、技術を言い訳にしない。

大事なのは、前に入るという勇気です。

もちろん、実際には難しいことをやることになります。

でも、下がって対抗するより、全然未来があるということ。

ぜひ、ストロークのラリーから下がらない、ボレーも下がらない、リターンも前に踏み込んでいく。

これを実践してみて下さい!

相手に印象を、聞いてみよう

出来れば、みなさんより少し強い相手との練習や試合で。

聞いてみましょう、自分の印象を。

下がっている時から、前に入っている時にどう感じているのか?を。

恥ずかしいですが、聞くのは一時の恥で済みます。

大事なのは、みなさん自身が勝てるようになること。

その為に、使えるものは使っていった方が良いですよ。

聞いて、そしてみなさんの自信に変えて欲しいんです。

実感が湧けば、それが自信になり励みになり、モチベーションにもなるはずですから。

必ず、テニスは変わります。

ぜひ観て欲しい動画

私自身が強く感じるようになったのも、岩井選手への佐藤プロの指導を目の当たりにしてからです。

ぜひ、この動画をしっかり観てみて下さい。

下がって打つと、相手に時間を与える。

そしてそれは、未来が無いということ。

私は、岩井選手同様に、試合に勝ちたいと本気で頑張るみなさんを応援します。

まだまだ、変わっていきますよ。

私も、そしてみなさんご自身も。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. Note はじめました
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    戦術

    「自分が攻撃しているのか、させられているのか」は、常に意識を

    皆さんは、試合の中でこんな感覚を覚えたことありますか?「相手の…

  2. 戦術

    プレッシャーになっていない、ただの自己満じゃない?

    先週末の試合で、私自身が感じたこと。「これ、自己満だな…」と…

  3. 戦術

    ダブルスの雁行陣、のポジショニングの基本について

    ダブルスの基本、雁行陣。今回は、ちょっとした図も入れながら確認…

  4. 戦術

    試合中に、ボーッとしてしまう…

    みなさんは、こういう経験無いでしょうか?こういうブログを書い…

  5. テニス ボレー

    戦術

    試合の現場では、「狙ったコースにサーブが入らなくても」慌てないことが一番

    実際に、試合の現場で意識して欲しいこと。それは、「自分のコント…

  6. テニス スライス

    戦術

    テニスが上達する、ということは、狙った場所に繰り返し打てるようになるということ

    皆さんはテニスの上達、どこで測るのが適切だと思いますか?試合に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのコース変更は、打つ直前には出来ない
  2. メンタル

    良くない自分を、試合中に認めることで勝機を見出す
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおける経験値は、初めてからの時間の長さは関係無い!
  4. テニス ポジショニング

    ロブ

    「相手をロブで下げて、アングルショットを使う攻撃」、出来ますか?
  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスでセンスの良い前衛は、「後衛の状況」を後ろを見ないでも把握出来る
PAGE TOP